心理カウンセラーmiura-naoko NOTEBOOK

心理カウンセラーmiura-naoko NOTEBOOK

ちょっと一息。“cocoro”を癒す


 「心理カウンセリング力(りょく)養成基礎講座」体験講座 開催!


 * 「心理カウンセリング力養成基礎講座」は(社)メンタルヘルス協会認定“心理カウンセラー資格”取得講座です
 


  リンゴ 日時 : 2017年11月25日(土) 14:00~16:00
          2017年11月26日(日) 10:00~12:00、14:00~16:00
 

   


  リンゴ 場所 : メンタルサポート福井 (福井市和田東2丁目1711番HASビル201)                                         京福バス「福井県済生会病院バス停」より徒歩3分


       

 リンゴ 参加費 : 500円



  リンゴ お申込み・お問い合わせ

    

     電話  : 090-5517-5706


    メール : miura-naoko.mt@softbank.ne.jp

           

          「メンタルサポート 福井」  三浦 なお子


             

                     ・(株)メンタルサポート研究所グループ

                      ・NPOカウンセリングジャパン                            

                      ・(一社)メンタルヘルス協会  



素敵なお花 

 → きれい✨やる気アップ⤴︎がんばる。




越前焼きの起き上がりこぶし 
 → 可愛い💕 しかもおみくじ付きで"大吉"だった!
  越前焼きの素朴さがいい感じ。
  笑顔に癒される。





マカロン
 → めっちゃ美味しいんですけど〜!嬉しい😆

お菓子詰め合わせ
 → くまのクッキー。食べるのもったいないけど食べる🍺





手作りマスク
 → いろいろある。感染予防に😷





そして、最後はこれ↓をいただきました。
これはやっぱりなきゃね(o^^o) お酒必需品。



たくさんいただきました。
ありがとうございます。
お気持ちがとても嬉しいです。


これからもよろしくお願いいたします♪










交流分析において

ストロークとは、「その人の存在や価値を認める全ての働きかけ」のことを言います。

 

その働きかけをもらったとき、

 

音譜褒めてもらった時、共感してもらえた時、背中をさすってもらった時など

   嬉しい、温かい気持ちになるものは「肯定的なストローク

 

汗叱られたり、にらまれたり、叩かれたりした時など

   不愉快な嫌な気持ちになるものは「否定的なストローク

 

と呼ばれています。

 

そして、肯定的ストロークは心の栄養ドキドキになります。

人はこの心の栄養なしには生きてはいけません。

健全な心でいるためにも欠かせないもの。

 

なので、心の栄養が足りなくなると、心がギスギスしてきます。

ちょっとしたことでイライラしたり、

周りの人に優しくなれなかったり、

笑顔が減ったり、

誰とも交流をしたくなくて引きこもったり・・・

そうなると、自分が辛いだけでなく人間関係もギスギスしやすくなります。

 

なので、そんな時には「肯定的ストローク」をもらって心の栄養をためること。

身近な人でそういった状態の人がいたら「肯定的ストローク」をあげること。

 

心の栄養がたまってくると、

また心が穏やかに優しい気持ちになれ、

笑顔も増えます。

人との交流も増えていきます。

つまり人間関係もホカホカ温かいものになっていきます。

 

 

さて、おすすめ本のご紹介。

白井幸子先生著「ナースの感情整理術」。

先日、知人から紹介され、早速購読しました。

ストロークのことも書かれています。

看護師のメンタルヘルスにも力を入れたい私には本当に役立つ本です。

私がこれまで学んできている交流分析と、そして再決断療法の活用について書かれています。

やっぱり私は交流分析、再決断療法を学び続けて、多くの方にこれらを伝えたり、セラピーに活用していきたいと思いました。

 

プラスのストローク(心の栄養)交換しあいましょウインクキラキラ

 

 

 

 

 自作(といってもかなり手伝ってもらいました口笛)の猫たち。

自作ながら癒されてます。

{ADFF81F7-EEED-47CB-96A7-FEB82B982B19}

 

本日、(一社)メンタルヘルス協会の心理カウンセラー資格更新ポイントが取得できるワークショップを福井市にて開催しました。


皆さまの自分自身と向き合う姿、
気づいていく力、
そして今ここで皆で過ごすことを喜びあうやりとり

そして、福井から静岡に引っ越され、
本日のワークショップに参加したくてもできなかった方からの
「せめてお菓子を代わりに参加させたくて」と
お菓子を贈ってくださるお気持ち。

とても心があたたまりました。

ワークショップは自分がセラピストの時もアシスタントの時も参加者の時も、
どの立場においても大切なものをいただきます。

皆さま、ありがとうございます。



{44DCBEBB-EC6D-4EAB-9742-07EE2ED8AB64}


{5D5D1B94-4A17-4AE6-A7EA-ADCF793CC31E}

バームクーヘンもカステラもしっとり柔らかくて卵の香りと上品な甘い風味が、
とても美味しかったです♪
ご馳走さまでした。来月は静岡で会いましょう!

{E92F2178-B608-4F68-A712-9C5BC73865E1}

昨日今日は精神科クリニックでのカウンセリングでした。

クリニックに受診されている方が絵本を描かれました。
可愛らしい絵で著者の想いが伝わるホッコリな絵本です。
10月前半に出版される予定だそう。

心の病気と闘いながらも、
自己実現ができる。
改めて、そう思います。

心の病気を抱える方だけでなく、そうでない方でも
自己実現に向かってけるような、
そんなサポートをしていきたいなと思います。

皆さま、ぜひお手にとって読んでみてください。


先日愛知県においてドナー慰霊祭がありました。

現在、福井県在中の館晴美さんがドナー慰霊祭にて感謝の気持ちをお伝えされました。


彼女は腎移植を受けました。

以前、彼女は、
腎臓を提供してくださった方、そして彼ら彼女らの家族に
感謝の気持ちとともに深い罪悪感や自責など、
移植を受けた方もまたいろいろな気持ちを抱えているんだということを教えてくださいました。


頭では、自分が元気になったことをドナーも喜んでくれていると
頭では分かってはいても気持ちがついていかない。
ドナーのためにも一生懸命生きていかなきゃ、
どうしても、そんなふうに思ってしまうことも多いのです。

そして、
ご自身のように移植を受けた方の心のケアをしたいと強い想いを抱き、
(株)メンタルサポート研究所グループ、メンタルサポート福井主催「心理カウンセラー養成講座」を受講されました。
今ではカウンセリングのおかげで前向きになられ、
現在も一生懸命学び続け、カウンセリング力を身につけていらっしゃいます。


福井では、まだ腎臓を移植された方へのその後の心のケアの場がありません。

経験者だから分かり合えること
経験者だから本音を話せること
経験者だから癒されること、心が楽になること、
たくさんあります。

自身の経験とカウンセリング力、心強い支援者です。

私も彼女を応援していきたい。

そして、
移植を受けた方々の心が癒され、
自分らしく幸せな人生を送っていかれることを心より願っています。


もし、館さんに相談してみたい、話をしてみたいという方は
お繋ぎしますので、こちらからお問合せくださいね
      ↓


{6078EF26-38A5-4C82-B401-24B7CDCC5347}

{98CB3E2C-0F6E-45C5-BB66-53C48F4A18D3}