オンラインシステム導入で最大200万円まで受け取れる非対面型サービス導入支援事業とは | なにわの税理士 東京奮闘記(新宿区西新宿)

なにわの税理士 東京奮闘記(新宿区西新宿)

大阪生まれの「なにわの税理士」中村太郎が、東京都新宿、渋谷、代々木、池袋、品川、横浜、埼玉など関東地方での奮闘を綴るブログ

起業支援・法人設立支援・個人事業支援・不動産投資家支援・節税対策・決算対策・経理合理化・税務調査など提携士業多数で支援します!

まいど!
創業、融資、節税に強い西新宿の税理士中村太郎です。

今回は東京都の「非対面型サービス導入支援事業」から支給される助成金について解説します。

非対面型サービス導入支援事業とは

非対面型サービスとは、顧客と直接会わずに提供するサービスです。
顧客と対面して接客を行っている中小企業や個人事業主が、オンラインシステムやロボット、自動販売機などの手段を導入して、非対面型サービスに変更する場合は、その経費の一部(備品購入費、備品リース費、委託・外注費、販売促進費)が助成金の対象になります。
ただし、令和2年3月31日時点で提供しているサービス・商品を非対面型に変更した場合に限られます。
なお、現在の対面型サービスをやめる必要はありません。

助成金額、助成率

最大200万円(申請下限額50万円※)
助成対象経費の3分の2以内
※50万円は助成金額(対象経費×3分の2以内)の下限ですので、申請する経費は75万円以上(税抜)必要です。

申請期間

令和2年6月18日~7月31日(必着)
申請は、申請書・添付書類一式を事務局に郵送して行います。
書類について詳細は、下記でご確認ください。
東京都中小企業振興公社HP:非対面型サービス導入支援事業
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/hitaimen.html

助成対象期間

令和2年5月14日~10月31日まで
この期間に、契約や購入、支払いを行う経費が助成対象です。

5月13日以前のものは対象になりませんし、支払いが10月31日を過ぎてしまったものも対象になりません。

ほなまた!
 

中村太郎税理士事務所
所長・税理士 中村太郎

 

 

創業支援、経営革新支援業務、創業補助金、ものづくり補助金、その他助成金・補助金申請、節税コンサル、税務調査コンサル、税務申告、融資相談など、ご相談がある方は、下記事務所までご連絡下さい。

 

中村太郎税理士事務所

【弊社は中小企業庁・関東経済産業局の認定経営革新等支援機関です】

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目5番14号 井上ビル12号館301

→→公式ホームページはこちら←←

フリーダイヤル 0120-357-316 
TEL  03-6302-0475


<最寄り駅>
西武新宿線「西武新宿」駅 北口より徒歩3分
JR総武線「大久保」駅 南口より徒歩4分
都営大江戸線「新宿西口」駅 D5出口より徒歩4分
丸ノ内線「新宿」駅 B15出口より徒歩5分
JR山手線・中央線・総武線・埼京線「新宿」駅 西口より徒歩6分

<対応強化地域>
東京都23区
千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区
墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区
渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 荒川区 北区
板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区

<対応地域>
東京都内、東村山市、東大和市、小平市、西東京市、立川市ほか
神奈川県、横浜市、川崎市、藤沢市、大和市、厚木市、海老名市ほか
埼玉県、さいたま市、所沢市、川口市、川越市、越谷市、入間市ほか
千葉県、千葉市、柏市、松戸市、市川市、船橋市、浦安市ほか
茨城県、栃木県、群馬県