1分でわかる経済ニュース ~経済力が上がる12の法則~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Airbnb、Go To トラベルに10月20日から対応開始!

みなさん、ご存知でしょうか。
とうとうAirbnbもGo To トラベルの割引が開始されました。
Airbnbは10月20日からGo Toトラベルに対応しています。

今年は新型コロナウイルスによって旅行を延期していた方も
多いかと思います。
秋にGo To トラベルを使って、お得な
旅行に出かけるのはいかがでしょうか?


Airbnbサイト【Go To トラベルについて】
https://www.airbnb.jp/d/gototravel-faqguests

新宿御苑 Airbnbサイト
https://www.airbnb.jp/rooms/42302807?source_impression_id=p3_1582017861_E9mFN1pc%2F3i67pUr

青砥 Airbnbサイト
https://www.airbnb.jp/rooms/43056240?source_impression_id=p3_1585890914_WduQH90bFjw6YIJn

Go To トラベルの対象地域、10月から東京追加

Go Toトラベルの申請は済まされていますか。

 

とうとう10月からGo To トラベルの対象地域に東京都が

追加されます。

 

Go To トラベルはお客さんからすると宿泊費用が割引になり、

一部クーポンなどでの返却もあります。

 

一部の地域ではGo To トラベルの割引と地方自治体の制度で割引となり、ほぼタダに近い値段で宿泊できたりしています。Go Toトラベルに対する攻略法もだんだんと確立されてきているようです。

 

AirbnbもGo To Travelの申請を開始しましたので、民泊や旅館業のホストの方もこれを機に申請をしていたほうがいいです。

 

Go To トラベルの全体的な傾向としては、割引になった分ワンランク上のホテルや旅館に宿泊したいというお客が増えてきています。

 

事業者がGo To トラベル事業に申請する場合は、

①事業者向けGo To トラベル事業公式サイトにて申請

②Go To トラベルキャンペーン(Airbnbサイト)にて申請

 

上記の二つの申請をする必要があります。

各サイトへのリンクは下記をご参照ください。

 

もし、申請方法がわからないなどありましたら、

こちらのブログへのコメント、または

下記のメールアドレスへご連絡ください。

 

メールアドレスに「Go To トラベル事業の資料がほしい」

と送信して頂ければ、Go To トラベル事業の資料をPDFにて

送付いたします。

 

メールアドレス

kawaguchi@solart.co.jp

 

 

事業者向けGo To トラベル事業公式サイト

https://biz.goto.jata-net.or.jp/

 

Go To トラベルキャンペーン(Airbnbサイト)

https://www.airbnb.jp/d/gototravel-faq

 

東京都の"Go To トラベル"追加、国交相「分科会に諮る」

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5361d18fffa9f98a5f81f65570ca2da7da903a3

家賃支援給付金 7月14日から申請開始

 家賃支援給付金の申請要領がやっと開示されました。

 

 今回のコロナ騒動で3~5月の新規契約が取れなかった場合、

6~8月の入金が厳しい企業や個人事業主は多いかと思います。

 

 持続化給付金の申請サイトを作ったのも経済産業省でしたが、

今回の家賃支援給付金も経済産業省の管轄となります。

 

 役所関係の申請はほとんどが役所の窓口へ書類を提出する場合が多いのですが、経済産業省は比較的進んでいてWEB申請がメインとなってきています。わりと経済産業省のサイトは使いやすいです。

 

 各企業のコロナ対策も進んでいく中、6月19日に県をまたぐ移動が解除されたので、やっと経済復活が見えてきたところです。

 

 企業としてはこの夏を乗り切れるかどうかが、勝負になりそうですね。


家賃支援給付金とは?
・5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を支えるため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。

支給対象
①中小企業、フリーランスを含む自営業者
②2020年5月~12月の売上高について、
・1ヶ月で前年同月比▲50%以上 または、
・連続する3ヵ月の合計で前年同期比▲30%以上
③自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払っている。

給付額
・法人 最大600万円
・個人 最大300万円 
 一括支給

算定方法
・申請時の直近1ヵ月における支払賃料(月額)に基づき算定した給付額(月額)の6倍

 

 家賃支援給付金は7月14日からの申請開始となりますので、詳しくは下記のURLから申請要領の確認をお願いします。

 

 

家賃支援給付金に関するお知らせ

https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>