ドライボーンズ  Shawl Collar Corduroy Vest  DV-091 オリーブ | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

昔のオシャレな大人のグリーン。

 

 

ドライボーンズの渋くて色気のあるクラシカルなベストをご紹介します。

 

太コールで作られたグリーンのコ―デュロイベストです。

 

ショールカラーの襟元もオシャレですよ。

 

「ドライボーンズ  Shawl Collar Corduroy Vest  DV-091 オリーブ」 です。

 

 

このモデルは1920〜1930年代のヴィンテージベストを基に作られています。

 

小振りなショールカラーと比較的狭いVゾーンも特徴的です。

 

 

コ―デュロイの光沢感は、独特の深い味わいがあります。

 

そして暖かい雰囲気の演出には一番の素材です。

 

 

ボタンも古臭い雰囲気ですよ。

 

 

 

片方のポケットは二重になっています。

 

 

後ろです。

 

 

内側にはストライプに白の織りで模様の入った粋な裏地がついています。

 

昔のこういう服は裏地もオシャレですよね。

 

 

 

 

コスパも高い名品 バズリクソンンの杢ツイストシャンブレーワークシャツをインに着せてみました。

 

オールシーズンで使える綿シャツも、コ―デュロイベストを着せると、グッと秋冬感が出てきます。

 

 

 

ショールカラーと狭めのVゾーンが、ドライボーンズらしい色気のある古臭さです。

 

 

 

 

パンツはドライボーンズのGold Rush Waist Over-alls です。 ゴールドラッシュの名前で有名な名品ですね。

 

1800年代半ば、ゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸において、金を採掘する鉱夫達が履いていたデニムパンツ(まだジーンズという名称が無く、ウエストオーバーオールズと呼ばれていた)をイメージして作られています。

 

ライトオンスのデニムパンツも、このベストを合わせれば、秋冬感が出てきますよ。

 

 

 

先程ご紹介した「ドライボーンズ Wool Nep Casquette  DCH-519 グリーン」を被せてみました。

 

 

 

キャスケット、カバーオールなどと合わせたクラシカルなワークスタイルと相性抜群のコ―デュロイベストです。

 

また、ドレスシャツにタイドアップし、ボーラーハットを合わせたような、上品かつ紳士的なコーディネイトもおすすめです。

 

 

同素材のパンツもあります。

 

セットアップで着てもカッコいいですよ。

 

こちらは、また明日ご紹介しますね。

 

 

 

ドライボーンズのコ―デュロイベスト、グリーンというところも色気を感じますね。

 

是非、実物をご覧ください。

 

23100円 + TAX です。

 

ザ ホワイツ ウルフ HP

マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります