ジェラード ヘンリーネック MEGAサーマルTシャツ AB94221 インディゴ | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

経年変化が楽しみな…

 

 

ジェラードのヘンリネック メガサーマルの特別なカラー、インディゴをご紹介しましょう。

 

インディゴ染めされた30/-(さんじゅうばんたん)糸で編まれたボリューム感あるサーマルです。

 

肉厚で体にフィットし、伸縮性がありストレス無く着用出来ます。

 

ボリュームのある素材は空気層を作りとても暖かく、大き目の編目やヘンリーネックという事もあり、サーマルでありながらスウェットの様にジャケットのインに一枚でも着れるところも人気の要因です。

 

特にインディゴは経年変化が良く出ますので、年々味わいが増してきます。

 

 

「ジェラード ヘンリーネック MEGAサーマルTシャツ AB94221 インディゴ」 です。

 

 

 

通常ヘビーサーマルといわれるものでも30/-(さんじゅうばんたん)糸で編まれたサーマル生地を使用するのですが、この生地は10/-(じゅうばんたん)糸で編まれたサーマル生地です。

 

これはサーマル素材の中では最も肉厚素材となり、ワッフルの凹凸感がハッキリしていることは、見た目のアクセントとなると伴に、空気の層が出来やすく保温性を高めています。

 

洗ってもふんわりとした柔らかさは変わらないので、よく伸びて着心地はずっと同様にキープされます。

 

 

 

 

首元はしっかりとしたバインダーネックです。

 

ボタンは同色の猫目ボタン。

 

 

ワンウォッシュがかかっていますので、ヘンリーネックの端等に白場が出始めています。

 

またメガサーマルは目面(めずら)が大きく表面の凹凸のはっきりした表情が特徴的です。

 

インディゴ染めですので、このはっきりとした凹凸感が色落ちの出やすさに繋がります。

 

凸部分の方が落ちやすいですから、濃淡が出てきやすいですよ。

 

 

 

 


 

 

 

 

アームは細くシャツの中でもごわつきません。

 

 

 

 

リブはしっかりとホールド感のあるやや長めのリブです。

 

 

 

ジェラードのネルシャツ プラムのインに着せてみました。

 

 

インディゴブルーがアクセントになります。

 

色落ちしてインディゴブルーが柔らかい色合いになると、より調和感が出てきますよ。

 

 

 

勿論、濃色にも合いますよ。

 

ジェラードネルシャツのセサミです。

 

 

 

 

シュガーケーン フィクションロマンスのチェックシャツです。

 

クラシカルな雰囲気のワークシャツのインにも使えますね。

 

厚手のサーマルですのでかなり暖かいですから、これをインに着ることで冬でも色々な素材感のワークシャツを活用できます。

 

 

 

ヘンリーネックという事と表情のある素材感は、インナーだけでなくスウェット感覚で着れるところも魅力です。

 

10年着込んだMA-1のインに調和しながらも、存在感がありますね。

 

 

 

まだあまり差が分かりませんが、上が3回洗ったインディゴ染めのメガサーマルです。

 

やや色落ちが始まっています。

 

今年しっかり着て、来年はもっと分かりやすいサンプルにしておきますね。

 

 

 

単体でも着れインナーにもなり、さらに色落ちが期待できるインディゴ染めのヘンリーネック メガサーマルTシャツです。

 

保温性も抜群ですので、インナーに使いながらこっそり一冬かけて育てながら着ていくのも、また楽しい事です。


 

15000円 + TAX です。

 

ザ ホワイツ ウルフ HP

マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります