港商 SPECIAL EDITION TIGER HEAD×EAGLE TT14270-190 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

ヴィンテージと言われるものが新品として蘇ったような、ロマン溢れるシリーズ。

 

 

特に今年のこのモデルはマニアも垂涎の逸品です。

 

「港商」のスーベニアジャケットをご紹介します。

 

「テーラー東洋」を作る東洋エンタープライズは、その前身を「港商」と言い、戦後 駐留米兵や基地内のPX(売店)にお土産用のスーベニアジャケット、すなわちスカジャンを販売していました。

一説には当時のスカジャンのシェアの80%くらいを占めていた言われています。

 

その東洋エンタープライズが、当時と同じ素材、縫製で現代に蘇らせたのが「港商」レーベールのスカジャンです。

 

特にこのモデルはヴィンテージでも非常にレアなプリントでデザインを入れている物の復刻になります。

 

スカジャンのヴィンテージ本にも掲載されるプリントモデルを代表する作品の忠実な復刻になります。

 

まずはヴィンテージ本の写真をご覧ください。

 

プリントのカテゴリーの表紙を飾るこのデザインですよ。

 

 

オリジナルの写真です。

 

1950年代中期の作品です。

 

鷲がプリントで虎は刺繍です。

 

 

 

そして今回「港商」として当時のままに復刻したのがこのモデルです。

 

「港商 SPECIAL EDITION TIGER HEAD×EAGLE TT14270-190」 です。

 

 

オリジナルもそうですが、このプリントはとても手間がかかります。

 

原画を基に使われている色数を割り出し、その色ごとに版を制作した上で、手作業で一色ずつプリントを重ねていくという気の遠くなるような手間と熟練の技術を必要とします。

 

それ故、このペイントタイプは生産数も非常に少ないです。

 

刺繍で表現された絵柄は糸の厚みと光沢によって立体感に長けていますが、繊細な線や色の表現力においてはプリントが勝ると言われ、その高い芸術性は土産物としてのスーベニアジャケットの粋を越えていると言われています。

 

 

 

版を重ねてプリントし、当時の雰囲気を見事に再現しています。

 

 

 

 

 

 

富士を背景に桜の枝から鷲が飛び立とうとする瞬間を描いた構図も秀逸です。

 

 

 

前面もマニアックなオールプリントです。

 

 

 

 

 

 

ポケットの裏地も当時の再現ですよ。

 

 

リブは旧式の横編み機を使い、ファスナーも当時の機械を使って同じものを作っています。

レギュラーシリーズより緩いリブです。

 

生地のいかにも日に焼けそうなチープな感じが伝わるでしょうか。

 

スカジャンとしての、レトロでリアルな感じが漂います。

 

 

ファスナーは50年以上前のファスニング機械を整備しなおし再稼働させ、当時と同じ手曲げのファスナーを再現しています。

 

当時と同じでファスナーテープも綿製ですので取り扱いには注意が必要なのは、「港商」好きの方はご存知の通りです。

 

 

 

オーバーオールに合わせてミックススタイルで。

 

ヴィンテージのスカジャンを纏っているような存在感ですよ。

 

 

リバーシブルの逆面はホワイトシルバーベースにTIGER HEADです。

 

こちらもオリジナルと同じ柄で再現しています。

 

 

こちらは刺繍ですよ。

 

光沢感のあるレーヨン糸を使い、立体感のある虎の顔が刺繍されています。

 

この構図も珍しいパターンですね。

 

 

 

 

 

 

 

前面です。

 

 

二頭の虎が向き合って咆哮しています。

 

 

リブやパイピングの雰囲気もヴィンテージ感が滲みます。

 

 

こちらはデニムパンツに合わせてみましょう。

 

当時の素材を忠実に再現した「港商」レーベールは、初めからデットストックのような古臭さが漂いますよ。

 

 

 

当時、東洋エンタープライズの前身「港商」が作っていたヴィンテージを、現代に再現してみせたスペシャルなスカジャンです。


オリジナルと同じ褪色や経年変化を刻んでいきますので、ヴィンテージを新品から自分で着ながら作っていく過程もお楽しみください。


店舗限定のレアなスカジャンですので、是非見ておいてください。


 

69000円 + TAX です。

 

ザ ホワイツ ウルフ HP

 

 

マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります