スタイルアイズ ボーリングシャツ "CALIFORNIA"  SE37797 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 明るい夏に良く似合うボーリングシャツ。


スタイルアイズのボーリングシャツをご紹介します。


レーヨン素材のオープンカラーシャツにチェーン刺繍の50‘s感一杯の仕上がりになっています。


「スタイルアイズ レーヨンボーリングシャツ W/CHAIN EMB'D "CALIFORNIA"  SE37797-159 オレンジ」 です。


明るい色ですが渋さもある柿色のようなオレンジです。

デニムに合う色ですよ。




ボーリングは40年代から50年代にかけてアメリカで大流行し、プレーヤー達は仲間内でデザインを考えお揃いのボーリングシャツを作り、胸には自分のネームを入れていました。

50年代カルチャーを語る上でも、重要なコンテンツの一つです。


襟はオープンカラーで身幅はやや広く、裾は真っすぐです






胸にはファーストネームが入ります。



ジェリーさんですよ。






後ろです。





チェーン刺繍で大型トラックが直刺繍されています。


後ろにトラックが伸びる為、遠近感を感じるデザインになっています。


その下にはカリフォルニアの文字です。


大型トラックはアメリカ横断、カリフォルニアは憧れの西海岸のイメージがしますね。


とか言いながら、カリフォルニアの運送会社の社員のチーム「ALL STARS」 かもしれません。


さらに街の不良達が揃いで作ったとか。

スタイルアイズのボーリングシャツは、当時の色々なディテールからデザインを使っているので、そのあたりを想像するのも楽しみの内ですね。
















ヴィンテージでは肩口にくるのは通常は名前です。


前面がファーストネームで後ろの肩口がファミリーネームになります。





ドライボンーズのデニムワイドパンツ「ゴールドラッシュ」に合わせてみました。


このパンツはフィフティーズ系のトップスにとても良く合いますよ。


12オンスの程よい厚さですので、太目のロールアップも綺麗に出来ます。







ドライボーンズのネイビーのギャンブラーハットを合わせてみました。


編み込みのハットの季節感もありながら、ネイビーの渋い色がコーディネートを引き締めます。











ブラックもあり、こちらはクール感がありますね。







オレンジはハットとする色ですが、デニムに良く合う元気カラーです。


ブラック等の濃色のストレッチの効いた七分Tシャツと重ね着もハマりますよ。


明るい夏に良く似合うボーリングシャツです。


13800円 + TAX です。



http://www.t-w-wolf.jp/?pid=130514138







マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります