テーラー東洋スカジャン ROARING TIGER×LANDSCAPE TT14074- 162 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

愛嬌のある虎にご注目!



2018年春モデルです。


テーラー東洋のスカジャンは、東洋自体が戦後スカジャンを作っていた会社ということもあり、ヴィンテージで実際に存在したデザインを復刻しています。


デザインはそのままですが、配色は同じの時もありますし、変えたりする事もあります。


春と秋に作られるアセテート素材は当時の素材を再現しており、独特のドレープ感もヴィンテージ感に繋がります。


と言ったところで、2018年春モデルを一型ご紹介しましょう。


片面はアメカジ女子にもお勧めのピンクの配色ですよ。


「テーラー東洋スカジャン ROARING TIGER×LANDSCAPE TT14074- 162」 です。






ピンクXオフホワイトの配色に胸には赤い欄干の橋と富士山です。


赤い欄干は逆面のデザインに関連していますよ。







ピンクのラインにパイピングです。


リブも赤系ですね。





後ろいきましょう。


ローリングタイガーと富士です。


Japanの文字も入ります。




ちょっと可愛い張子の虎のようなデザインもヴィンテージにあるデザインです。


厳つい虎も良いですが、この独特の感じも良いですね。


これはレアでマニアックなデザインでもあります。


後ろに大きく広がる富士山も、在りそうで無いパターンです。





赤を効果的に使っています。


雰囲気は違いますが、これも笹虎と言われる笹の中から出てくる虎ですね。







赤を使った笹が新鮮です。





オーバーオールやミリタリーカーゴのミックススタイルも出来ますが、今日はオーソドックスにデニムパンツ合わせてみました。


オーソドックスな着方も、ベースがピンクだと変化を感じます。












リバーシブルの逆面をどうぞ。


こちらは一転して爽やかなブルーです。


両胸には赤富士ですよ。


赤が一つのキーワードですね。












後ろです。


赤を効果的に使った山水画の様な風景です。


このデザインは以前色を変えて作られましたね。


五重の塔や橋、滝の雰囲気が日本画の様で、通常の雰囲気とは少し違うのが特徴的です。











ピンク面の前面の欄干はここに掛けていました。


















ピンク面とブルー面、ベースの色も違いますが、どちらのデザインもオーソドックスなスカの範疇ではありますが、少し雰囲気の違う物を選んでします。


この微妙な外しが、ゴリゴリ感からの抜け感につながっています。


新鮮さを織り交ぜながらヴィンテージの復刻として上手くまとまったスカジャンになっています。



是非、実物をご覧ください。



42000円 + TAX です。



http://www.t-w-wolf.jp/?pid=126738028






マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります