ジェラード オーバーオール Bruiser/ブルーザー インディゴヒッコリー JP31332 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

ジェラードのあのオーバーオール、只今到着!



入荷即完売の話題のオーバーオール、なんとか再入荷しました。


ジェラードのオーバーオールです。


このモデルは素材を変えて作られるジェラードの「BASIC COLLECTION 」の中のアイテムで、今回はジェラード所有の1930年代のワークウェアのテキスタイルブックの生地を参考に織り上げたブラウンコットン×インディゴヒッコリーの生地を使って作られました。


形は50年代あたりのワークウェアをベースに、商品名「Bruiser/ブルーザー」(あらくれ)の意味の通り、タフな作業をする労働者をイメージし製作しています。


ジェラード オーバーオール Bruiser/ブルーザー インディゴヒッコリー JP31332 です。


(現在庫の関係状、MサイズのボディーにSサイズを着せていますので少し細く見えますが、緩めのシルエットのオーバーオールです)






ヴィンテージの生地を元に特別に開発した生地が凝っていますよ。


縦糸8番×横糸8番の硫化染めのブラウンコットン生地とロープ染色のインディゴで織られたヒッコリーストライプの生地です。


 更にドビー織機を使いブラウンコットン部分を平織り、インディゴの部分を綾織りにするという特殊な織りでで表現をしています。


 織りを変えることで、生地の凹凸がよりハッキリとして、アタリも強く出る為、穿き込むごとに色落ちし経年変化が楽しめるよう仕上げいます。








ボタンは先にエイジング感を出していますので、特別なヒッコリー生地が経年変化してくると、より全体の雰囲気がでてきますね。






ペン差しの付いたポケットです。






腰回りには工具等を入れるエプロン状の帯が付いています。


面白いディテールですが、これがタフなワーク感を演出しています。





二段になっており、実際に色々入れれるので、便利なポケットです。





このエプロン状の帯は独立して別に作った物を、上を縫い付け下をボタンで留める仕様になっています。


この部分の補強にもなりますし、立体感も出ています。







足部分はダブル二―になっています。


上部分はポケットになっており、下はキルティング状にステッチを入れよる事でより無骨感を出しています。









サイドにはハンマーループが二つ付き、下にはツールポケットもあります。





ループの太さを変えて変化を出していますよ。


細かいところですが、こういったディテールがより凝った印象を与える事につながります。





後ろです。


Mのボディーに商品がSサイズなので少しタイトに見えますが、緩めシルエットのオーバーオールです。





色々な着方が出来るオーバーオールです。


ミックススタイルのベースにもなりますよ。



まずはインにフェローズのヘンリネックを着せてみました。







ワークのオーバーオールにミリタリーミックスでフライトジャケットも良く合います。


MA-1やL-2B、B-10も合いますね。







ザックリとM-51も面白いと思います。


前を閉じるとまた雰囲気も変わりますね。


M-65も良さそうです。




スカジャンを合わせてスーベニアミックススタイルです。


スカジャンもオーバーオールもエイジングを刻んでくると、さらに雰囲気が出てきますよ。







胸当て部分が見えるこのバランスが新鮮ですが、これはこれで調和感があります。





後ろ姿はロールアップしたワイドなストライプパンツにスカジャンです。









Gジャンと合わせてみました。


同じワークのカテゴリーの中での変化ですので、相性は抜群ですね。


こちらも経年変化を刻んでいくのが楽しみな合わせ方です。


同様にカバーオールも合いますね。








ジーンコードのワークシャツです。


春はシャンブレーシャツ、デニムシャツ等のシャツを羽織る感じで着れますね。


前を閉めて着ても良いと思います。


花見の席で脱いだらオーバーオールが出てくるのは、「おっ」というインパクもありますよ。








さらに夏になれば半袖Tシャツで着れますし、アロハシャツを合わせてアロハミックススタイルや、ボーリングシャツや半袖ワークシャツ等も合わせてみたいですね。


拘りの詰まったオーバーオール自体が存在感がありながらもストライプなので、合わせやすいと思います。


インディゴを使ったストライプ部分の色落ちやブラン部分のアタリ感が出てくると、かなり雰囲気のあるオーバーオールになっていくと思われます。


オーソドックスに着てもミックススタイルで着ても、無骨なオシャレ感のある存在感を放つジェラードならではのオーバーオールです。


是非、実物をご覧ください。



メーカ在庫も完売しておりますのでこれで最終、S、L 各一点となります。



38000円 + TAX です。


http://www.t-w-wolf.jp/?pid=127919335



マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります