アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

ミリタリーワークの名品にドライボーンズらしいアレンジをしたワークジャケット。


ドライボーンズの新入荷の一重のデニムジャケットをご紹介します。


U.S NAVY の建設工事部隊等が着ていた有名なヘチマ襟のデニムワークジャケットを基に作られています。


ドライボーンズらしくオールドミリタリー感をしっかり残してスマートにアレンジしていますよ。


「ドライボーンズ  Shawl Collar Denim Jacket  DJ-966B インディゴ」 です。





あ素材はデッドストックのコットンデニムを使用しています。


希少ですね。


厚さはやや薄手の12ozデニムです。


ARMYのオールドミリタリーのワーククロージングに使われる独特の光沢感が感じられるデニムですよ。よ。


この生地感がとても雰囲気があります。


簡素なホワイトのの二本ステッチもミリタリーワーク感ですね。





独特のヘチマ襟はやや小ぶりになっています。






ボタンを中心に斜めに降りるステッチも建設工事部隊のデニムワークジャケットの特徴です。





碇の意匠の入ったボタンはチェンジボタンですよ。








写真左のポケットにコインポケットを付けています。


本来は無いディテールですが、これがある事でこのジャケットの独特のノッペリ感を緩和しています。


写真右のポケットの上のステッチは裏にある内ポケットのステッチで、これも同様にアクセントに使っています。


ヴィンテージで使い勝ってが良いように、このようなカスタムをされた物もありそうですね。








後ろです。





そして内側。


一重のデニムジャケットです。


表側にステッチが出ていた内ポケットが一つあります。






注目のブルーオンブルーでいってみましょう。


昨日ご紹介したドライボーンズのシンチ付のワイドパンツにフェローズのヘンリーネック、ベストはシュガーケーンのビーチクロスベストです。







スッキリとしたシルエットが特徴的です。


オリジナルのスタイルでバズリクソンも作っていますが、バズより細身です。














白シャツやシャンブレーシャツ、Tシャツの上にサラリと羽織るのに丁度良いジャケットです。


細身なので冬はこの上にもう一枚、オーバージャケットも着れますよ。


パンツもホワイトワークパンツやデニムアーミートラウザーズ、チノパンツやミリタリーカーゴ、クラシカルなオーバーオール等も合いそうです。


今年気になるヒッコリーワークパンツも良く合うと思います。


ミリタリーワークの名品にドライボーンズらしいくアレンジしたワークジャケットです。


是非実物をご覧ください。


24800円 + TAX です。


http://t-w-wolf.jp/?pid=127589774


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります