ドライボーンズ  1st Type Pleats Jacket  DJ-1004 INDIGO | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

泥臭さを程よく抑えクールなファーストタイプ!



ドライボーンズの話題のデニムジャケットをご紹介します。


ファーストタイプのデニムジャケットです。 Gジャンですね。


前身頃のプリーツやシンチバック、片ポケット仕様のみならず、背面は中央で生地を継いだ通称Tバックスタイルになっています。


これはヴィンテージでも希少なディテールで、よりレアなオールド感を演出してくれます。


「ドライボーンズ  1st Type Pleats Jacket  DJ-1004 INDIGO」 です。






素材は13.5オンスの濃色デニムです。


最近は色落ちや着心地的にこれくらいのオンスが、あらためて見直されていきています。







やや細目の襟です。


ドライボーンズらしく着たときにスッキリ見えるように、スマートにアレンジしていますよ。


襟の裏にはライトオンスのデニムを付けています。







片ポケットのフラップ裏も同様な仕様です。


ボタンはオリジナルボタン、DRY BONES TOKYO JAPAN です。








センターのプリーツは動きやすさの為のディテールですが、ファースト、セカンドとクラシカルなGジャンの象徴的なディテールです。


ステッチもイエローと金茶のヴィンテージ系の二色を使っています。







シンプルなカフスは一つボタンです。





後ろです。


背面は中央で生地を継いだ通称Tバックスタイルになっています。


これはヴィンテージでも希少なディテールで、本来ビックサイズに施されたもので、当時生地の長さが足りなかった為センターで継いだという事です。


この仕様はレア度が高く、古着市場ではかなり高価になっているそうですよ。


Tバックスタイルは見た目のアクセントになりますね。一本ラインが入る事で、スマートな印象も感じます。


またシンチバックとの調和感もあります。










真鍮製のシンチバックはアクセントだけでなく絞ったり緩めたりする事でお好みのシルエットで着ることができます。



真鍮のピンは本来はデニムに刺して固定しますよ。上の写真のようにグルリと巻いても使えます。



また、負荷の掛かるシンチバックやフロントポケットはリベットで補強し、 頑丈であるとともに昔ながらの古臭い雰囲気を滲ませています。








内側です。





デニムの端はセルヴィッチが付いています。


セルヴィッチは当時のデニム生地の端に付いていた印で、見えないところに上手く使うのが技でした。





裏側の裾にはドライボーンズのラベルが付きます。





背中裏にはレザーのパッチです。


 GEAN ENGINEERING(遺伝子工学)と掛けており、「DNA 二重螺旋図」を表す事で旧き良き物を引き継いでいくという意味が込められています。




ドライボーンズの同じくシンチバック付きのワイド目のデニムパンツ DP-532Wと合わせてみました。


ジャケットを脱いだ時にパンツにもシンチバックがあると、よりクラシカル感じが漂います。





バズリクソンのホワイトシャンブレーにドライボーンズのバンタナ、バンタナ留めには馬蹄リングでアクセントを。

 

Gジャンの襟が細めなので、首周りのコディネートが上手く見えますよ。


このあたりがドライボーンズのスマートなところです。






この細目の襟は、インがB,Dシャツにネクタイでも綺麗に見えますね。





ドライボーンズのデニムキャスケットを被せてみました。


キャスケットは30年代感を強く滲ませる帽子です。


デニムをベースにホワイト、レッド、ゴールドがアクセントになります。




細目の襟の為、内側が程よく覗いています。







後ろです。


Tバックやシンチバックがクラシカル感を強く滲ませます。








ファーストタイプを再現しながら、ドライボーンズらしいスマートさ、言い換えれば50年代の不良感を隠し味にすることで、泥臭さを程よく抑えクールなファーストタイプに仕上げています。


デニムパンツと合わせてブルーオンブルーは勿論ですが、タイトやワイドなチノパンツ、スラックスからミリタリーカーゴまで合わせていけるデニムジャケットになっています。



是非、実物をご覧ください。



28800円 + TAX です。


http://t-w-wolf.jp/?pid=127590106





マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります