バズリクソン フライトジャケット タンカース BR10994-01  | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

渋い大人のタンカース。



来週はまた寒波がやってきますが、この時期は勿論ですが春先まで着れる渋いフライトジャケットをご紹介します。


厳密に言えば地上用のジャケットなのでフライトジャケットではありませんが、物資が不足したおりなどは代用として飛行士も着ていた事実もあるそうです。


本来は戦車などの機甲部隊の冬用のジャケットですが、独特のヤレた雰囲気が漂うのが魅力で、映画「タクシードライバー」でもロバートデニ―ロ演じる主人公トラビスの鬱屈した雰囲気を表すのに、このタンカースが効果的に使われ有名になりました。 トイズマッコイの映画モデルの復刻も有名ですね。そのベースになるプレーンなタンカースの復刻がこのモデルです。


それではご紹介しましょう。


渋い大人のフライトジャケットの復刻です。


「バズリクソン  タンカース BR10994-01」  です。



シンプルで飾り気のないところが魅力です。







素材は耐水・耐風加工を施したウエストポイントユニフォームツイルと言う生地を使っています。


風を通しにくい目の詰まった生地です。






 ウエストポイントユニフォームツイルの独特の枯れた様なライトオリーブと、ウールリブの濃い目のオリーブの調和が味わい深いですよ。




ジッパーは細い真鍮製のスクエア型コンマ―ジッパーです。


これもオリーブのリブやボディーに調和しています。


リブの編み方もミルスペックに通りですが、渋い雰囲気が滲むリブですね。





袖口裾にも同様のウールリブが付きます。




ジッパーの下に防風の前立てがあり、隙間からの風の侵入を防ぎます。


この何気ないディテールも、タンカースに付くとなんだか渋く見えますよ。






斜めのスラッシュポケットが、やや上目にあるのも特徴的です。


狭い戦車の中で使いやすいようにこの位置にあるですが、、これもいかにもタンカースな雰囲気を醸し出すディテールです。


映画「タクシードライバー」でロバート・デニーロが上目に付いたポケットに気だるそうに手を入れているシーンは有名です。






後ろです。


後ろ姿もシンプルかつ渋い佇まいです。





両肩から裾まで深めのプリーツが長くとってあります。


実際にこの長いプリーツは肩の可動域がかなり広がります。


肩幅が広くて自分のサイズよりワンサイズ上げなければ着れない方も、タンカースはジャストで着れる事はよくあります。


身幅も広めですよ。





奥行きのあるプリーツです。




内側は26oz ウールブランケットを採用しています。


アルパカ程ゴワ付いた感じが無く、表地との相乗効果で暖かく保温性も高いです。


見た目も渋さ満点の裏地ですね。







コントラクターネームはバズリクソンです。




バズリクソンのホワイトシャンブレーシャツに着せてみました。


名品海軍シャンブレーのホワイトです。こちら春分入荷でサイズそろいましたよ。


冬はネルシャツ、春は白シャツにも良いですね。


シンプルなジャケットですので、幅広く合わせやすいです。









前を閉じるとまた良い感じですよ。


気負わない作業着のような雰囲気で、そして独特の渋さが滲みます。












着込んでいくことで自然にヤレてくると、より渋みが増してきます。


旧式のミリタリージャケットでありながらプリーツもあり着やすく、もろにミリタリージャッケットの雰囲気が出ないところもタンカースならではです。


ウール張りでありながら厚手感がないので、まだ寒い春先にも丁度良いですよ。


大人の渋さを漂わせるジャケットです。


是非一度ご覧ください。


39000円 + TAX です。


http://www.t-w-wolf.jp/?pid=35734050



マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります