Inception UKブライドルレザー ロングウォレット IPW-02 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

春財布、新規取り扱いブランド レザーの 「Inception」 



新規お取引の決まったアクセルカンパニーの「INCEPTION」をご紹介します。

 

アクセルカンパニーはレザーの財布等をメインに展開する会社で、ブランドとしては「OPUS」「INCEPTION」があります。


「OPUS」は1999年に誕生したブランドで「創作された音楽的作品」を意味し、主にブッテーロレザー等を使った優しい雰囲気の商品群です。有名ショップも多く扱っているの、ご存知の方も多いと思います。


「INCEPTION」は新たに起ちあがったブランドで、「始まり、発端」を意味し、UKブライドルレザーを使い英国の歴史ある剛健なレザーと日本の職人技術が融合して作り上げる新しいブランドです。


「OPUS」 「INCEPTION」どちらも取り扱いがスタートしますが、今日は新ブランドの「INCEPTION」をご紹介します。

 


春に変えるのが縁起の良いとされる「春財布」ですよ。


「Inception  UKブライドルレザー ロングウォレット IPW-02」 です。


色数がありますので、ネイビーでご紹介します。






レザーは英国の古くは馬具等に使われた堅牢なベイカー社のUKブライドルレザーです。


UKブライドルレザーは吟面を擦り上げ、そこに蜜蝋を含んだオイルを時間をかけて染み込ませて作られ、オイルを多く含むことで防水・防湿効果のあるレザーと言われています。


白い粉(ブルーム)は蜜蝋を含むオイル成分で、使っていく内に吟面に吸収され艶を出していきます。






色は濃いネイビーです。


下の写真の上にあるレザーが、ブルームが入り込んだ状態のサンプルです。


使いこんでいく内にさらに色が濃くなっていきます。




縫いは日本の職人さんによるミシンソーイングです。


均等な綺麗な縫製になっていますよ。


表面の下のコーナーがラウンドしているのも特徴的です。






真鍮のトチカン(回転管)が付きますので、チェーンを付けれます。





後ろから見たところです。





内側です。





カードを入れるブルームが付いていない部分は、日本のレザーを使っています。


カードポケットはUKブライドルレザーより柔らかいレザーを使っていますので、カードが入れやすくなっています。もちろんコスト削減にもなっていますよ。




奥からカード等を入れれる大ポケット、お札入れ、小銭入れです。




ファスナーはWALDESの真鍮ファスナーです。




上のこちらのポケットにもチケットや領収書が入れれます。





さりげなくInception の刻印が入ります。





左からブラック、ネイビー、グリーン、ブラウンで手前がタンです。






使いながらブルームが入った後のレザーサンプルです。


ネイビー、タン、グリーン、ブラウン、ブラックです。





専用の化粧箱に入っていますので、プレゼントにもどうぞ。





サイズは二つ折りでタテ9cm×ヨコ19cmです。


程よく覗くロングウォレットは、バックスタイルのアクセントになりますね。











ベイカー社のUKブライドルレザーを使い、日本の職人技で仕上げたシンプルで無骨なロングウォレットです。


無骨ですがゴテゴテ感を抑えた仕上がりは、オールドワークスタイルにも使いやすい長財布になっています。



質感や色合い、縫製やコバ処理等、是非実物でご覧ください。



28000円 + TAX です。



http://t-w-wolf.jp/?mode=cate&cbid=2378471&csid=13


マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります