アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

甲板作業員のデッキジャケットN-1、経年変化も含めてネイビーも実に渋いです!



本気で寒くなってきたところで、今年もN-1 デッキジャケットのネイビーをご紹介します。


N-1デッキジャケットはアメリカ海軍の艦艇乗組員のジャケットです。


N-1と言えばカーキが有名ですが、初期には短い間ですがネイビーも作られていました。


ネイビーカラーは1944年に採用され、早い時期にカーキに変わっていきます。


その初期型のネイビーカラーを復刻しているのがこのモデルです。



「バズリクソン  デッキジャケット N-1 BR12030-01 NAVY」 です。






ボディーはカーキと同じジャングルクロスです。


経糸に細い糸、緯糸に太い糸を使った布地で、表面に独特の小さな縞模様が現れています。径糸緯糸の太さの違いから生地の密度が高まり、防風防水性に優れているのが特徴です。


独特のゴワットした素材感は、デッキジャケットの醍醐味です。





襟元のアルパカの獣毛はN-1の代表的なディテールです。


ネイビーにも良く合いますね。









風が強い時などは襟を立てる事でアルパカの毛が首の保護をします。


チンストラップで固定できますよ。


襟の補強ステッチの入り方も、無骨感があります。




左右に大き目のポケットが付き、前立ての下にジッパーが隠れています。


これは風の侵入を防ぐためのディテールです。


ジッパーにはグローブをしたまま上げ下げ出来るようにレザーの持ち手が付いています。


ジッパーはニッケルのCONMATICジッパーです。


後継モデルのカーキは真鍮のCONMATIです。


このあたりも全てオリジナルに忠実に復刻させています。









袖口にはステッチが一本入ります。


これはカーキには無いディテールです。





袖口の入り口までアルパカウールが付いています。


奥にはリブがあり風の侵入を防ぎます。


カーキはリブの外にはアルパカウールは付いていません。





脇にはベンチレーションが付き、湿気を逃がします。




後ろです。






U.S.NAVYの文字が入ります。


カーキは前面左胸にUSNの文字が入りますが、後には文字が入りません。


この文字は夜間光るリフレクターの文字なので、夜間のバイクや自転車にも良いですねr。










内側はアルパカ&ウールパイルです。


アルパカの毛を起毛させた保温性の高い内張りです。


襟部分から袖先までビッシリと付いています。





裾にはドローコードが付いていますので、ここを締めると下からの風の侵入も防げます。






ブルーオンブルーでデニムパンツにも良く合いますよ。

 

ブルーの濃淡の統一感を良いですよ。


インにネルシャツで色を差すとアクセントになりますね。










ワークスタイルのオーバーオールと合わせてみました。


ミリタリーミックスですが、良く合います。










ワイドなダックパンツにミリタリーのデッキジャケット、特にネイビーですからより相性が良いですね。








腰丈の丈感がバランスの良さもN-1の魅力です。





特にネイビーは経年変化が表れやすいです。

着る時の環境や洗い方によって違いは大きいですが、左の写真は同じバズリクソンのN-1ネイビーを7年間着たものです。


バイクに乗る時や作業時に着用です。


バイク用のグローブでこする分、より色落ちしています。


選択はシーズンに1回手洗いもしくはコインランドリーです。



     



N-1は武骨でタフな雰囲気の中にミリタリー独特の機能美があります。


着こんでいく事による経年変化でより味わいが増してくるのも楽しみです。


そしてタフな素材感は、着た時の安心感にも繋がります。


名品 バズリクソン デッキジャケット N-1 BR12030-01 NAVY を是非実物でご覧ください。



39000円 + TAX です。


http://www.t-w-wolf.jp/?pid=27141326

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります