ドライボーンズ Jean Enginerring Denim Overalls  DP-532W | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

シンチバックが特徴的なドライボーンズのワイドジーンズ。



ドライボーンズのワイドデニムパンツをご紹介します。


ロールアップが似合うデニムのワイドパンツです。


さらにワイドでストンとしたシルエットで片ポケットの「ゴールドラッシュ」というモデルもありますが、今日ご紹介するのはそれより癖のない程よいワイド感です。




「ドライボーンズ Jean Enginerring Denim Overalls  DP-532W」 です。







デニムは13.5オンスのセルビッチデニムです。


年間通して使い易い厚さです。






サスペンダーボタンが付いていますので、クラシカルなサスペンダーを付けて、ヘンリーネックTシャツやオールドスタイルのワークシャツ等をインして着ても雰囲気が出ます。







サスペンダーボタンには初めから敢えて錆びた様な加工が施されています。


 

デニムが経年変化してくると、より調和してきますね。



     

バックスタイルをご覧ください。


1800年代半ばに誕生したデニムパンツは、当初はサスペンダーで着用し背面のシンチバック(尾錠)によってサイズ調節されていました。

このモデルはベルトループとサスペンダーボタンの両方を備えているので、コーディネイトによって使い分ける事が出来ます。










リニューアルされた後ろのステッチは、ドライボーンズの新しい顔です。


このデザインはGEAN ENGINEERING(遺伝子工学)の「DNA 二重螺旋図」を表しています。


旧き良き物を引き継いでいるという意味が込められています。









レザーのパッチのデザインも「DNA 二重螺旋図」をイメージしています。







以前ご紹介しましたオープンカラーシャツもこのワイドパンツが良く合います。


デニムジャケットをさらに合わせても良いですね。







 

30‘s系のコーディネートをベースにA-2を着せてみました。


時代的に同じというのもありますが、とても合いますよ。


A-2はミリタリーですが形のシンプルなジャケットですので、アメカジスタイルに幅広く合い、コーディネートの深みやグレード感も上がりますね。












このパンツはドライボーンズのデニムパンツの定番シリーズの中で一番太いタイプです。


定番シリーズの中では一番太いですが、先にも書きましたが片ポケットのゴールドラッシュほど癖の強い太さではないので、穿きやすいワイドシルエットと言えます。


30年代スタイル、50年代スタイルにも使え、夏場には普通にTシャツ一枚やアロハシャツにも良く合いますよ。


通年で使え、雰囲気がありながらも穿きやすいデニムワイドパンツです。


是非、一度お試しください。

23800円 + TAX です。



http://www.t-w-wolf.jp/?pid=95198985



マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります