バズリクソン  ARMY DENIM CAP   BR02308-421 | アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

デニムミリタリーハットの大定番、そして味わい深い名品!


先日PWの囚人キャップをチラリと写真でご紹介しました。


その囚人キャップはソルドアウトとなりましたが、あのキャップのベースとなるのがこのアーミーデニムキャップです。


アメカジ系の雑誌でもスタッフやクリエーターが、ツバ部分を折り曲げてこのキャップを被っている写真がよく掲載されていますね。


ミリタリーワークの趣のある形状は、正に機能美から生まれた名品です。



「バズリクソン  ARMY DENIM CAP (SOLID MODEL)  BR02308-421」 です。








このキャップはオリジナルは本来はフルブリムハット(全方向にツバのある帽子)の WORKING DENIM HAT をカスタムして作られたとも言われています。


ツバ部分はステッチが密に入り、中には芯が入っていません。


しかしステッチの補強がある為コシがあり、形が作りやすくなっています。


先を上に少し巻いて被られる方もおられますね。


ポケットに丸めて入れても、出せば簡単に形が整いますよ。





深めのクラウンと短めのツバのバランスが絶妙です。










6枚ハギで継ぎ部部にはオフホワイトのスレイキを被せています。


ミリタリーのワーク感が滲みます。





オリーブドラブのL-2に合わせてみました。


深い色合いのL-2もライトゾーン用の渋いジャケットですが、このアーミーデニムキャップも良い味を出していますよ。










伝説的な深紅のMA-1 NORTHROP PATCH と合わせてみましょう。


ネイビーとレッドは良く合います。









そのほかにもジャングルクロスのN-1等にも良く合いますね。


これらのミリタリージャケットは勿論ですが、幅広くネルシャツやカバーオール等のワークスタイルにも相性が良い事もあり、とても人気の高いキャップとなっています。


色落ちやアタリ感がしっかり刻まれていきますので、ここからさらに雰囲気が深まっていきます。


時間をかけてお気に入りのワークキャップに育ててみるのも楽しい事です。



6900円 + TAX です。



http://t-w-wolf.jp/?pid=106982869

マスターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります