社長室にて。

 

「武知さん、社長がお呼びです。」

 

 

 

 

 

向かった社長室には、

 

何か深く考えこみながら

 

椅子でくるくる回っているアルマダ社長がおりました。

 

 

 

 

 

 

「失礼します。」

 

「うん。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん~あのな~。」

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと 言葉を発しながらも

 

腕組みしたり、

 

う~ん、と頭を捻ってみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

「こうこう、こういうことやねん。」

 

 

「いや、おまえ、そうは言ってもやんか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

時に饒舌にしゃべりだしたかと思えば

 

熟考しては押し黙る。

 

 

 

 

 

 

 

視線はどんどん膨らんで、

 

時折、その姿に不安さえ残す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正午の社長室、それは静止した食欲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット中の社長による、

「ちょっと俺の食いたいもん聞いてくれよ」

 

アメトーークメシトーーーーーーク。

 

AD