「花咲くいろは」舞台探訪009西岸駅(4話‐3/3)


1.通学(湯涌温泉)、2.福屋へ(湯涌温泉)、3.朝の出来事(湯涌温泉)、4.稲荷神社(湯涌温泉)、5.緒花たちの通う高校(金沢美術工芸大学)、6.通学(西岸駅とのと鉄道)、の6場面に分けてアニメの場面と写真を対比していきます。探訪日は湯涌温泉5月6日、西岸駅5月7日です。


写真の量が多いので、4話のブログを3本作成しています。


本ブログは6.通学(西岸駅とのと鉄道)をまとめ、駅名標の1か所が湯乃鷺駅に変わった後の西岸駅の状況を含めて報告します。


「花咲くいろは」舞台探訪007湯涌温泉(4話‐1/3) は福神橋を中心とした湯涌温泉の風景をまとめています。1.通学(湯涌温泉)、2.福屋へ(湯涌温泉)、3.朝の出来事(湯涌温泉)、です。こちらもよろしくお願いします。


「花咲くいろは」舞台探訪008湯涌温泉(4話‐2/3) 4.稲荷神社(湯涌温泉)、5.緒花たちの通う高校(金沢美術工芸大学)をまとめ、掲示されたポスターの報告もしています。こちらもよろしくお願いします。



6.通学(西岸駅とのと鉄道)


4話で出てきた場面のみ対比します。OPに出てきた場面が本編では出てきません。でもPVで出てきた場面はようやく出てきました。ホームのさくらは散っていましたが、駅の奥の山桜は散り始めて、風が吹くと花びらが舞っていました。


福神橋から福屋の横を通って行くと


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


湯乃鷺駅(のと鉄道西岸駅)に着きます。

舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


駅舎を抜けてホームへ向かいます。PVにもあった場面です。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


今年はとうとう花びらがここまで舞う場面を見れませんでした。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


3人がホームに出てきて、PVにもあった場面です。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


駅名標は湯乃鷺に変わっています。

舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


ホームで列車を待っています。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅



舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


列車が出発して

舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


合わないけど、この信号機でしょう。犬走りの外を回って。

舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


列車に乗って高校へ向かいます。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


この写真は七尾駅で、到着そして」穴水へ出発するまでの間に撮りました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅



4月29日のイベント後の西岸駅の状況


4月29日には西岸駅の番宣ポスターに描かれた位置の駅名標を西岸から湯乃鷺に掛替えるというイベントがあり、約300人もの方々がこの駅に集まられたとか。


「花咲くいろは」公式ブログ4月23日で告知され、

http://hanasakuiroha.seesaa.net/index-4.html

4月30日で、湯乃鷺駅誕生が報告されました。

http://hanasakuiroha.seesaa.net/index-3.html


5月7日の西岸駅です。山桜が咲いていました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅

風が吹くと花びらが舞っていました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸駅


駅に入ると、番宣ポスターが大きくなっていました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


そして、「花いろ」でいっぱいの駅ノートが3冊目に突入しました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


駅ノートのこの絵かわいいなー


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


喜翆荘宿帳に続いて、駅ノートでもホビロン!


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


駅舎マーケットの案内も、次は5月15日(日)です。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸



駅にはツバメもいます。そっと見守りましょう。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸



ホームに出ます。

西岸駅、昔ながらの木造駅、ここからもいい雰囲気ですね。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


4月23日はまだ西岸でした。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


5月7日には確かに湯乃鷺に変わっていました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


湯乃鷺と西岸の両方が入る構図は


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


この両隣の駅は、西岸駅の隣の能登鹿島駅を舞台とする小説「恋文の技術」の登場人物守田一郎・大塚緋沙子から付けたとのことです。詳しくは「花咲くいろは」湯乃鷺駅の隣の駅名は を見てください。


番宣ポスターの構図で


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


七尾行きの列車が入ってきました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


そして、ホームには桜の花びらが落ちていました。


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸


でも、新しいモルタルでの補修は、いつ、どうして・・・・・

まさか、4月29日に多くの人が来たから・・・・・

「花咲くいろは」公式ブログ4月30日湯乃鷺駅誕生!

http://hanasakuiroha.seesaa.net/index-3.html  

の集合写真を再度見て下さい。

関係があるかどうかはわかりませんが。



5月11日追加項目です。

駅舎マーケットの情報を得ようとして、開きました。

「西岸駅舎きまぐれ報」さん

http://notogishi.exblog.jp/m2011-05-01/ を見ると、

「今までの西岸看板も場所をかえて、また設置されていました。ちょうど、上り列車で降りる時、扉の真ん前に来るんじゃないかな? っていう位置です。かえってわかりやすいかも?」


「湯乃鷺」の駅名標ばかり気になって、もともとあった「西岸」の駅名標をどうしたのかまで気にしていませんでした。移設されていたのですね。でも大丈夫、OPで緒花が列車に乗るシーンを撮ろうとすると電柱を入れるはずなので、この駅名標が入る場合が多いと思います。


4月17日撮影

舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸



5月7日撮影


舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-西岸



以上で「花咲くいろは」4話の探訪報告を終わります。6話で西岸駅前の風景が出てきましたので、近いうちに現地で確認したいと思います。



・本ブログは、作品で描かれている風景等と現地との比較を目的として、引用しています。著作権はそれぞれの著作物の権利者が有しています。

 

・舞台探訪に当たって

作品と作品の舞台となった地域をかけがえのないものとして大切するとともに、地域の方々と良い関係ができるように心がけましょう。そうすれば、おのずとしてはいけないことがなにかは解ると思います。当然のこととして、プライバシーに関わることには慎重すぎるくらいでよいと思います。


以下のサイトで舞台探訪(聖地巡礼)にあたってのお願いをまとめていますので、ご一読よろしくお願いいたします。
舞台探訪 富山県・石川県時々他県へ-お願い



http://sites.google.com/site/lshersite/butaita-onegai



履歴 2011年05月10日 作成

    2011年05月11日 追加 移設された「西岸」駅名標