CD2枚目は「乾杯(発声後)~祝宴(歓談タイム①)」までをおさめました。



おんぷ 乾杯

「Ono Lisa best 1997-2001」/小野リサ



みんなで声を揃えて「乾杯~!!」

乾杯=明るく元気なイメージ。

色んな曲がありすぎて迷いました。


あっ・・・そうだ、私のケータイの着信音だっ携帯

「RED BLOUSE」の軽快なメロディラインは昼の宴のはじまりにマッチしました!!



乾杯の発声者=主賓に準じる方、両家のおじさま(親族代表として)が行うことが多いですが、ダンナのたっての希望で職場の先輩・Kさんにお願いしました。



私も一度食事の席でご一緒させて頂きましたが、Kさんは私と同い年。(ダンナは2歳年下です)

そしてとても三児のパパさんに見えないくらいカッコイイ方なんです!!

俳優の田辺誠一さん似ですねニコニコ

Kさんの爽やかなスピーチ&爽やかに乾杯の発声・・・本当にありがとうございました!!

さあ、乾杯の次は祝宴のスタートですカクテルグラス






おんぷ 祝宴スタート&歓談①


「Fresca ボサノヴァ」より



ソ・ダンソ・サンバ

もちろん大好きな小野リサさんの歌声です



「Na Na」より


Morcega(モルセガ 南からの贈りもの)

Sereno(セレーノ)

A Abelha e o Zangao(蜜蜂のサンバ)

Choro(ショーロ)





「Ono Lisa best 1997-2001」より

PALPITE INFELIZ




「mania COBA」/cobaより

遠くなる街

dejavuがにげる頃




乾杯後は驚くほど会場が賑やかになったので、実はあんまりBGMが聞こえなかったです(笑)





ひらめき電球

ワンポイントアドバイス


ご存知の方も多いと思いますが、披露宴はもちろんパーティ全般に言えることは

「乾杯が整わないと食事が始まらない」

ということです。



一般的な披露宴の流れとしてお話しすると

新郎新婦入場

ウェルカムスピーチ

プロフィール紹介

主賓(ゲスト代表)の祝辞・・・2名

ケーキ入刀(ファーストバイト)

乾杯

祝宴スタート

・・・という進行が多いと思います。



司会者の目線で話すと、ケーキ入刀を行っている間に会場スタッフは乾杯の準備をします。

(ゲストのグラスにシャンパンを注ぎます)

そして新郎新婦がメインテーブルに戻られたところで

「それではここで乾杯を行います!」・・・となるわけです。



とは言っても、乾杯の発声が整うまでは食事が出来ません。

上記の進行だと約30分近くかかります。

つまり主賓の祝辞などが長くなればなるほど乾杯までに時間がかかってしまうわけです。



最近のパーティの傾向として、

主賓の祝辞を乾杯後に行う

プロフィール紹介も乾杯後に行う

ケーキ入刀はお色直し中座の前に行う

・・・などなど、乾杯までの時間を少しでも短縮するための進行をすすめる会場(司会者)が増えてきたのも事実です。




一般的な披露宴でしたら2時間半が主流ですが、私たちの披露パーティは2時間

2時間という限られた時間のなかでの進行でしたので、

新郎新婦入場

ウェルカムスピーチ

乾杯

祝宴スタート

・・・としました。


この進行だと入場してから乾杯まで10分もかかりません(笑)

少しでも時間を有効に使いたいとお考えでしたら、オススメのスタイルですよにひひ






ケーキ入刀以降はまた次回~