こんにちは!




昨日、今日で東大オープンを受けてきましたので、その感想を書きたいと思います





全体的な感想。


\(^o^)/を通り越したなにか


ああああああああああーーーー





教科ごとに振り返っていきたいと思います。



国語。

古文・漢文はわりと優しめでした。

現代文はいつも通りの模試らしい文章でしたね。(四)は分からず。


そういえば文系は多和田先生の文章が出たそうですね。ノーベル賞候補と言われていた有名な方です。



数学。


戦犯教科。

今回の反省点はほとんどこいつです。


たぶんというか、ほぼ確実に、1完です。

もっととりたいと思っていたがゆえに残念すぎる出来です。



試験中を時系列で振り返ると、こんな感じです。


全問さっとみる。1問目から順に解くことを決める。
第1問。
log(x^2+a^2)の積分ができない。
少し考えるが、結局パス。
第2問。変数が絡む確率。
一応答えは出すが、出てきた答えにt=4を代入したら1より大きくなってしまう。
計算ミスを探すが見つからず、パス。
第3問。あきらかに整数の難問。
これをとればアドバンテージや!などと思い込んで、大量に時間を使うが、全く解けず。
第4問。
いろいろミスして、もうめちゃくちゃ。
第5問。
平易。完答。
第6問。
平易。時間切れ。



まあこんな感じです。

敗因は、普段からの6問セットの演習の不足による戦略ミスですね。

あとで考えれば分かる問題ばかりだったので、戦略ミスが大きな敗因だと考えています。


序盤の緊張や焦りはなかったのですが、3問連続パスの衝撃はとても大きかったゆえ、その後崩壊してしまいました。



浪人が決まって約8ヶ月、予備校のテキストでは解けない問題が減ってきて、もう大丈夫だろうとおもい、

苦手なものから食べるのと同じ論理で、難しい問題でも構わず無理矢理にでも解こうとしたのが失敗でした。

やはり基本通り、最初に解ける問題を見極めるのが最適解のようですね。



また整数は、私のような経験の少ない受験生にとっては、少なからず運が絡む分野となるので、後回しにすべきかも知れません。


平易な順に解いて得た3完と、前から解いて平易な後半に手をつけられず終わった3完は、悲しいことに等価値ですからね。

受験数学の本質は点数なので。




理科。


これもオワタな感じですが、どうもかなりな難度だったようなので、まああまり悲観せず。

化学はほとんど解き切りましたが、ぽろぽろと落としていたようなので、40いかないくらいかもしれません。


物理は計算が多すぎて無理でした。

力学、波のできるところと電磁気のほとんどを解きました。

波はなぜか波長をvと書いてしまい0点になりましたが。

15点くらいかなあ…



英語。


難しい。

ほんとに難しい。


得意の1(B)が見事にさようならです。2つしかあってねえ。

5の記号も半分しかあってませんでした。イディオムでやられた節がありますね。



リスニングは10点でしたw

耳を家に忘れたんじゃないかってくらいの点数ですね。

そしてAパートがまさかの0点。Aパートだけ下読みに5分もかけたのに。


英語のリスニングは普段からやってsいるんですけどね。おかしいなあ



ちなみに4(A)の文法は5個中3個あたってました。やったー







各教科ごとはこんな感じですね。


最後に得点を予想したいと思います。


予想

国語 40
数学 30
物理 15
化学 35
英語 40

Σ 160



たぶんこんなもんです。

来週の実戦に向けて数学の6問セット演習をがんばります。




明日はマーク模試があるので、今日はこの辺で。
また近いうちに更新します。

東大オープン受けた人はお疲れ様でしたー!

ではー!




↓投票お願いします

東大受験生ブログランキング  


東大受験生ブログランキング