こんにちは!



運動不足の浪人生です。






そりゃあ半年も浪人生をしていれば、運動不足にもなりますよ〜


だって1日12時間くらい同じ姿勢でいるわけですからねw





浪人ってそういう面でもかなりつらいですね。現役とは違うつらさですね〜




少し前に、帰り道にある公園に寄って、うんていにつかまってみたんですが、





あれ?できない?




やばい。








というわけで、運動不足解消のため、少し走ってきました!




しかしあまりに体力がなくて、走り続けるのは不可能なので、歩いたり走ったりしてました。

もともと長距離は苦手ですし



それでもいちおう高校生の時は、2000mは9分台でした。10分かかってないんだからギリギリまともやろ



ちなみに体力テストは学年で下から5番くらいでしたね笑


長座体前屈とかいう無理ゲーがあるのでしょうがないです(20cmくらいだった気がする)






少し話が逸れましたがランニング(+ウォーキング)の話に戻ります。




突然ですが皆さん、「ナンバ走り」という走り方をご存知ですか?




ご存知、ないのですか⁉︎(この「ご存知ないのですか」というネタを予備校でやったら誰も知らなくてスベった)



というわけで、ナンバ走りを知らない方のために軽く説明します!



ナンバ走りというのは、昔の飛脚の走り方だと言われている走り方です。


この走り方によって、昔の飛脚は現代の日本人よりもはるかに速く走ることが可能だったと言われています。


そんな浪漫溢れるナンバ走りを今回は実践してみたいと思います!






具体的なやり方は簡単!



走る時に右手と右足、左手と左足同時に前に出すだけ!





え?もう一度言って欲しいって?




右手と右足、左手と左足同時に前に出す

(正確には右半身と右足、左半身と左足を同時に前に出す)











いきなりナンバ走りを実践するのは大変そうなので、


まずがナンバ歩きから。



部屋で10分ほど練習しました。


だんだんコツがわかってきたところでレッツ、ナンバ走り!




外へ出て、なるべく人の多いところを選びます。みんなで走っている感じがするとやる気が出るためです。


さて全ての準備が揃ったので、ようやく実践タイム!




お?意外と速く走れるぞ?

そして疲れない。



普通の走り方に比べて、安定性には少し欠けますが、推進力ははるかに大きいように感じられます。



しかし慣れるのが大変で、ナンバを常に意識しないとすぐに普通の走り方に戻ってしまいます。




あともう1つデメリットがあるのですが、







向かいから走ってくる人の視線が怖い...






割と真面目なランナーが多い場所を選んだのが失敗だったようです。


何だあの冷やかな視線は。




しかしそんなものには屈せず、最後までナンバで走り続けました。




ふぅ、疲れたー



部屋に戻って、少し休もうとした瞬間、




足つった。。。




その後、1時間ほど動けませんでした。


慣れない動きをするとこうなるんですね。


今度から真面目に走ります。






みなさんも是非、街でナンバ走りを実践してみてください!



ではー!




↓投票お願いします!

東大受験生ブログランキング  















やっぱり以下の公式の投票ボタンのほうがいいですかね?


東大受験生ブログランキング



まだ東大受かってないのに、東大生って書いてあるボタンを使うことに抵抗があって、今まで使っていなかったんです。


でも読んでくださるみなさんが、このボタンのほうがリンク等よりも押しやすいならば、こっちに変えようかなと思っています。


こういうことは自分で判断すべきなのかもしれないですが、ぜひコメント等で意見をいただければと思います。