おはようございます。照れ

 

こんにちは。照れ

 

こんばんは。照れ

 

 

 

ジェリー・マリガンの’63コンサート・ジャズ・バンドというアルバムを買いました。

 

カートには沢山のCDが入ったままですが、

 

相変わらず安いCDから攻めています。。。。。真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1960年暮れにマリガンが結成したコンサート・ジャズ・バンド

 

ビッグバンドの経営そのものが難しかった時代、

 

ヴァーヴのプロデューサーだったノーマン・グランツは経済的な援助を行う代わりに

 

アルバムやコンサートの売り上げを応分に分け合う契約をマリガンと結んでいた。

 

 

しかしグランツがヴァーヴの権利をMGMに売却してしまったため、

 

この契約は消滅しバンドは解散へ。。。

 

そんな経緯の中でヴァーヴに5枚のアルバムを残していて、

 

本アルバムは最後の作品だということです。真顔

 

 

 

 

 

 

 

アルバム・タイトルには「’63」とありますが、

 

録音は1962年12月です。

 

15人の奏者がクレジットされています。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ピアノニストがいませんが、

 

曲によりマリガンはピアノとクラリネットを、、、、、

 

そしてバルブ・トロンボーンのボブ・ブルックマイヤーもピアノを披露しています。

 

 

 

同じビッグバンドでも各楽器のソロというか音色をフューチャーすることが多いようです。


もちろんその爆発力を発揮させる場面もありますが、


全体としては「静」のバンド、、、

 

ヤカマしくないバンドという印象です。

 

注 : 個人の感想です。ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

で、🎤空気録音してみました。

 

 

全8曲ですが冒頭の4曲のみ、

 

1曲1分で次の曲に飛ぶ強引メドレーです。真顔

 

 

tr.3とtr.4はボブ・ブルックマイヤーのオリジナルで

 

自身が🎹ピアノを弾いています。

 

また、tr.4ではマリガンのクラリネットが聴けますが、、、

 

ちょっとレコーダーを切るのが早かったようです。。。ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

Accuphase E-270 

 

DENON DCD-2500NE 

 

JBL4309

 

TASCAM DR-07MKⅡVer2で録音

 

 

🔊4309は130時間は鳴らし込みましたが、

 

ちょっと線の細い感じがしていたときの空気録音です。真顔

 

 

後に解消されてきましたが、、、

 

せっかく録音していたのでYouTubeにアップしました。ニヤニヤ

 

 

 

 

 

特に録音の良いアルバムというワケではありませんが、

 

悪いワケでもありません。真顔

 

マリガンのバリトンの音色のせいでしょうか?!

 

ちょっと古めかしい(良い意味で)音質にも感じます。ウインク

 

注 : 個人の感想です。 (≧▽≦) ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

 

毎度、他愛もない投稿をご覧いただきまして、、、

 

誠にありがとうございました。

 

(≧▽≦)