新年明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!!

 

 

こんにちは!ツヨシですニコ

 

今年は2022年!ガンダムSEED が20周年だそうですね、、、

時の流れは残酷ですね、、、

 

実は僕の大好きなアニメ作品に同じく20周年を迎える作品があります。

 

 

ラーゼフォンです。

皆様ご存知でしょうか?

 

実はあの鬼滅の刃我妻善逸の声でも知られる

下野紘さんのテレビアニメデビュー作でもあります。

他にも、「勇者ライディーン」という昔のロボットアニメをオマージュした作品としても知られています。

 

僕が知ったきっかけはスーパーロボット大戦MXというゲームでした。

当時小学校低学年だった僕からしてみればラーゼフォンのストーリーは「なんか話が長いし難しいし、盛り上がらない退屈なアニメ」という印象でしかありませんでした。。。

高校生になり、PSPに移植されたこのゲームを改めてプレイした際に用語やストーリーを理解し始め、この作品の深さに気づき、とても引き込まれました。

アニメの視聴後放心状態になったのを今でも覚えていますほっこり

 

 

この作品は「」や「音楽」をモチーフにしており

各エピソードを「第○楽章」と表記していたり、

パイロットは「奏者」、敵が現れた時に発する特殊な音を「D1アリア」と呼ぶなど他に無い独特な雰囲気のある作品です。

見た人によってはエヴァに近いものを感じる方もいると思います。

 

 

話していくとストーリーのネタバレをしてしまいそうなのでここでは多くを語らないようにしますが、この作品一番の楽しみ方は「二週すること」だと僕は思っています。

 

ストーリーが進むにつれ伏線が回収されていくというのはよくあるパターンですが、この作品ではヒロインの心理描写が伏線になっておりさらにヒロインの行動が一貫しています。そのため二週目に大まかなストーリーを理解した上でヒロイン視点で見ることでこの作品にさらに深みを与えてくれるのです。

 

本筋のストーリーもしっかり用語などで固められているのでネットで解説を見ながら視聴するのも面白いかと思います!

そして主題歌の「ヘミソフィア」もとても素敵な曲なので是非一緒に楽しんで貰いたいです!

 

ストーリーを纏めた劇場版もあるので「さすがに長いかな、、、」

と思われた方はそちらもオススメです!

(TVとラストが変わっています)

 

 

以上です!

20周年なので何かあるといいな~とは思いつつ、知名度的に厳しいかな、、、とも思います。是非これを機に見ていただいて少しでも認知していただけると嬉しいなと思います!

 

 

 

それでは、改めまして本年もよろしくおねがしますニコ