どうもこんにちは大我ですドクロ

 

今回は私としては久々にマルチエンディングを堪能するくらいはまったゲームの感想を書いていきます。

ブログタイトル通りネタバレを含みます。ご注意ください!

 

ゲーム好きならこの名前は聞いた事があるかも!

さらに好きならブログタイトルも聞いた事があるかも!

 

このゲームはすごく話題になり、様々な評価、考察サイトが誕生しています。

なのでこのブログの内容はすでにいろんな人が載せていたり

まったく見当外れだったりするかもしれませんが

あくまでちょこっとゲームが好きなライトユーザーの発言なんで

なんか言ってるわぁ程度のノリで認識してください。

 

こんくらい保険をかけないとねニコ

 

このゲームではやばい、怖いって思うキャラクターが二人存在します。

フラウィという花と最初にプレイヤーが名前をつけるニンゲンのキャラです。

設定として一応後者は(キャラ)という名前がつけられてるみたいなのでこのブログではキャラとします。

(ゲーム中にcharaと名づけようとすると「ほんとうのなまえ」と確認されるそうです。)

 

ゲームをやってるとまずフラウィってのがわかりやすくやべぇやつで

とにかく出会ったやつを当たり前のようにすぐ殺そうとする悪の存在として出てきます。

事情を聞けるシーンがあるのですが、フラウィは誕生した時、世界の現状をセーブ、ロードするという能力が身についていたとの事。

最初はその能力を使って世界のみんな一人ひとりが喜んでくれることをたくさんしたそうです。

失敗したらロードしてうまくいったらセーブして全員成功するまで続けました。

続けてるうちに段々パターンが読めてきてしまって最適な行動も作業のようにこなせるようになりました。

そうなってくると飽きてきて色んなパターンを試してみたくなり、ロードしなおして全員殺してみる事にしたそうです。

 

この事情を聞けるのがゲームの進め方によるストーリーの分岐で分かれるルートの一つGルートなのですが、

まず一週目普通にゲームを進める自然発生のNルート

二週目は出会った敵を誰も倒さず全て説得して仲良くなる平和なPルート

三週目に全ての敵を皆殺しにして進めるGルート

この3ルートを遊びました。

普段なら一つのエンディングを見たら満足して終わるのですが、あまりにも他のルートが気になる終わり方をしたのでPルートへ。

そこでは多少謎は残りますがとても気持ちの良いエンディングで、終わっても良いなってくらいすっきりしました。

Gルートはせっかくここまでやったからという好奇心で進めた感じです。

前のルートですごく仲良くなり感情移入しているモンスターを次々殺すのは本当にしんどかったです。

しかもGルートに入ると基本的に敵は好戦的でなく戦いたくない意思を見せてきます。本当にしんどかったです。

ただただ好奇心で殺していき、中盤以降はさすがにモンスター側がこちらを敵対視して本気で襲い掛かってきて

かなり高難度なボス戦になりました。そうなると倒した時よっしゃあって言うくらいゲーム感覚で殺せるようになってきます。

まんまとはまりました。

心がそうなってしまった完璧なタイミングでフラウィの事情を聞かされるので、すんごく突き刺さりました。

興味本位でやり込み要素を堪能するプレイヤーは、その世界から見たらこんなやつなんだよって。

 

 

ここまですごく長くなってしまったのでキャラの話は短めにします。

キャラに名前をつける時は詳しい説明が無いので他のゲーム同様主人公につける名前だと勘違いして付けるのですが、

これが終盤に効いてきます。

 

キャラはフラウィよりさらにやばいやつで、主人公の中に小さな存在として潜んでいます。Gルートだとアイテムを手に入れた時や何かを調べたときに主人公の心理描写がたまに赤字で表現されます。そん時は主人公ではなくキャラの感情が出てきた時と認識されています。

ゲームが終盤に向かうにつれどんどん赤字が増えていきます。

エンディングで説明されるのですが敵を倒して上がっていくレベルやステータスがキャラの存在そのものという事らしく、レベルが上がっているのでどんどん主人公の人格にキャラが侵食しているという事でした。

 

最終的にキャラが肉体を持ち目の前に現れて

もうここには私たちに必要なものはない、次の世界に行こうとかいう内容の事を言って

完全に世界を消し去って終了します。

これもやっぱりゲームでやれる事全部やったらもう次のゲーム買って元のゲームは売るとか捨てるとか棚の中にしまっちゃうとか、

普段の自分の事を表現しているようでした。最初に名前をつけるニンゲンのキャラがこいつってのが本当によく考えられてるなって思います。

今の子供はどうかわかりませんが、主人公に付けると思ってたら自分の名前を入れるのが昔はスタンダードだったと思うので。

 

人気が出たのも大納得のとても素晴らしいゲームでした!RPGに感情移入するタイプなので本当に考えさせられました。

ゲームを、世界を大切に!!

このブログでは書ききれないくらい他にも色んな表現や要素が入ってるのでここまでネタバレしといてなんですが

やったことない方はやってみてほしいです!

 

がっつりストーリーを楽しめるRPGが好きなのでスマホでも無料で楽しめるソーシャルゲームを二つほどやっていましたが

全然ガチャでレアなものが出ないので先日両方ともアンインストールしました。

 

次次