相棒。それは大切なパートナー
 
相棒。それは人生の象徴
 
相棒。それはもう一つの魂
 
 
 
お久しぶりです。ぬまです。
 

突然ですが、「相棒」と呼べる存在を、皆様はお持ちでしょうか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
私にもあります。
 

 
放電加工機です。
 
 
 
 
はい、
 
今週のSYUTOブログも仕事の話です。
 
 
※放電加工機とは、
 電気の力でバチバチとやって電極(銅材)の形状通りに鋼材をキレイに削る加工をする機械です。
 
 
 
 
放電加工機、弊社には3台あり、私ぬまがほぼ独占しております。
 
病める時も苦しい時も常に放電加工機と共にありました。
機械の予測加工時間よりも私自身の予測加工時間の方が正確なほど、シンクロ率も高まっております。
私、今人生の半分は彼ら放電加工機のこと考えて生きていると言っても過言ではありません
もはや人生のパートナー!!
 
是非ともパートナーにしたい方は応募フォームまでご相談ください。
 
 
そんな彼らも最近変化がありました。
 
 
 
 
 

 
みてくださいこの透き通った加工油の色を!
ちょっと黄色いけど
 
このたび加工油の全交換をしてもらいました。 
 
比較画像は用意できなかったのですが、お恥ずかしながら以前は「溶けたコーヒーゼリー」と呼んで良いほど使いこんでおりました。
 
加工油の交換により、精度の向上、放電面の安定化など数多くの改善が期待されます。
実際放電面がキレイになった!と喜びの声が私に届いております。
 
放電機くんもキレイな油できっと喜んでいることでしょう
 

 
 
 
はい、
 
ちょっとわからないですね?
 
 
相棒と呼んだほどの濃厚な付き合いですが、機械の心がわかるにはまだ修行不足のようです。
 
ですが、これからも彼ら放電機と共に励み続けますので、どうかよろしくお願いいたします。
 
ぬまでした。