いつもお世話になっております。

SYUTOスタッフ、GRです!
 
いっつもプライベートばっかり書いているので、今回、たまにはお仕事的なブログを書きたいと思います!
 
このブログをご覧になられている方の中には、弊社HPも閲覧いただき、すでにご存知の方もおられると思いますが、創業41周年を数える弊社では、創業の頃より変わらず金型の製作を主業務とさせていただいております。
 
金型を製作する手法も世の中の進歩に合わせ機械化が進み、CADやCAMにNC加工が当たり前!
創業当時は職人の手作業のみで金型を製作していた弊社も、今ではすっかりそれらが手放せません照れ
 
おかげさまで、より微細な加工、高精度な加工も得意としており、より多くのお客様のニーズにお応えする事が出来ています爆笑
 
 
しかし、弊社の強みはもう一つあります!
 
それは、創業当時の職人の技術が今でも生きているということ!
 
 
若い従業員も増え、時間はかかりますが職人の技術を少しずつ継承しており、機械加工を主としながらも、時には機械加工のみでは困難な超感覚的な部分を人の手で仕上げるという、伝統の技と最新の技術を組み合わせた、ハイブリッドな金型作りも弊社は得意ですニコニコ
 
しかし昔の職人技は、これがどうして、なかなか簡単には身につかないのが厄介なところでして… 
当然のように、まずは道具作りを身につけるところから始まります。
 
たとえばほんの一例ですが、写真のタガネと呼ばれる道具… 
 
これは鉄を削るための刃物なのですが、先端の刃先を拡大するとこんなサイズ感です
 
※100円は傷付けてません!!
 
小さいですねびっくり
さすがに今ではこのサイズのものはごく稀にしか使わないですが、昔はもっと微細なものも当たり前のように作り、毎日使っていたと師匠から聞きます。
 
昔の金型作りと職人の技術、恐るべしですねガーン
 
 
最新の加工技術と、伝統の職人技の両方を持つ秋東精工!
金型製作のお問い合わせ… だけでなくもちろんご依頼もお待ちしております!
この技術は金型以外にも活かせるかもしれませんので、無理難題もどしどしウェルカムです!
チャレンジ精神は常に在庫しておりますニヤリ
 
 
今後とも、秋東精工をよろしくお願いいたしますm(_ _)m
 
 
では、お疲れ様でしたリキュール