どうも、自分に厳しく他人に優しくってまぁまぁできそうだけど、実際やってみるとなかなか結構難しいよね。そう、4・6・3のダブルプレーだね。と最近思ったカズです。

どうぞ宜しくお願いします。

 

今日は日頃何気なく過ごしている中でふと気になったことをいくつか書きます。

 

 

まず1つ目ですが、最近暇さえあれば考えていることです。それは爪切りです。

皆様、ひとまず爪切りを思い浮かべてください。

 

皆さんも同じだと思いますが、僕は今まで何気なく、いくつかの爪切りを使ってきました。

その中でふと気になったことがあります。

 

それは爪切りの側面に切った爪がこぼれない様に壁というか、ガードがついてないやつの存在理由です。

           

       この赤丸の部分の壁がないやつ。

 

僕も使ったことありますが、切る前に側面にセロテープを張って切った爪がこぼれないよう一手間かけて気配りが出来る、気付くことができる男を溢れ出させていました。

 

壁があるやつと、壁が無いやつがあるなかで、壁がない爪きりを選ぶ理由って何だろう。

というのが1つ目のふと気になったことです。

 

 

2つ目は、1つ目と打って変わってかなり文学的な、哲学的な、知的なふと思ったことです。

 

皆様、HONG KONGは香港(ホンコン)って読みますよね。

んで、PING PONGはピンポンですよね。

 

 

じゃぁKING KONGは・・・・・キングコングですね。

 

 

 

 

キンコンじゃん。キンコンでいくべきじゃん。キンコンにしなきゃじゃん。

 

なぜKING KONGだけ特別扱いが許される世の中なのか。

 

じゃぁ仮に学校のチャイムを英語表記にしてKING KONG KANG KONGとなったら

キングコングカングコングになっちゃうじゃないと。

 

 

クックドゥードゥルドゥーもそうやって聞こえたこと無いけど、それ以上に聞こえないことになっちゃうじゃないと。

 

 

こんな特別区域があってよいのかと。

 

次の参議院選では声たからかに訴えたいです。

 

 

そんなこんなで皆様、世の中にはこんなことを考えて過ごしている人がいるんだと知ってホッとしてください。