首里少林流空手道 Syuri Syorin Ryu Karate

首里少林流空手道 Syuri Syorin Ryu Karate

首里少林流の奥義を継承・・・原流に学べ
Okinawa Karate(Traditional karate)

Please contact me if you want to do training in Okinawa.
Prepare accommodation and practice locations.
Please write the details in the message.

*稽古場所のお知らせ

名護で毎週土曜日(11-13)と
毎週火曜日(18:30-20:30)
稽古しています。
詳しい情報は、気軽に下記よりメールください。

Message👉tyuragukuru54@yahoo.co.jp 

ユーチューブ:https://www.youtube.com/watch?v=h4F4yd_htaY&t=6s

Twitter:https://twitter.com/busihiga

ユーチューブなどの動画を見ていると松林流、小林流、少林流の型が違う、基本の立ち方、技も違う。

知花朝信、長嶺将真の系統と城間真繁との型のちがいです。

 

あるテレビ番組に出演することになり空手の歴史を久しぶりに調べていくといくつか分かったことがありました。

詳細は説明しませんが、糸洲安恒の時代に著しく変わっていったのだと知りました。

糸洲安恒は那覇手6割、首里手4割と彼の空手の理合いがそうなっていたのだと言われています「理由は割愛します」。

 

糸洲から習いその理合いを多く取り入れた弟子(知花朝信)と糸洲屋部憲通から指導を受けた(城間真繁)とは型が違う。

屋部憲通は松村から直接空手の指導を受け、それから松村の死後糸洲の門下に入ったそうです。

そのことについて触れている本などがいくつかあります。

松濤館、和道流、糸東流などの本土系の空手は剣道に近い、首里少林流は剣術に近い。

その根拠は型と組手を見ればわかります。

本土系の首里手はほとんどが糸洲安恒そして船越に受け継がれた型である。

沖縄でも松村宗棍から糸洲安恒そして知花朝信に受け継がれた型と、松村宗棍から糸洲安恒の空手と屋部憲通を通して城間真繁に受け継がれた型が違う。

 

本土の組手は競技化するために剣道の足運びに自然になっていったのだと思う。そして剣道の理合いを取り入れたのかもしれない。

剣術と剣道の違いは、竹刀だと遠い間合いから飛び込んで打たないと威力がない、刀は近い間合いでも有効である。

本土系の首里手は遠い間合いからでないと威力がない、それに比べると首里少林流は近い間合いでも威力がある。体重移動そして反動力の技と足と腰にエンジンがある技(ゼンマイ)との違いである。

最大の違いは揺り戻しである。それからその上の術、円心軸(メビウスの帯、無限大)である。

 

首里少林流は足運びが剣術と似ている。

本土の空手とは組手のやり方も違う。本土の空手は引手を重視するが、その時顔面ががら空きである。歩法も剣道に似ている。

首里少林流は入身で入りながらさばきながら突く、捌いてから突く。柄(つか)を抑えながら突く。剣術に近い。

 

陰と陽:一つの例えであるが、体の中にあるエネルギー、波動(骨の動き)が陰でそれを発したときに表に現れるのが陽(筋肉の動き)。

相手と接しているときに共鳴しているときは陰と陽が拮抗している状態です。その時に相手を無にすることが出来る。

 

虚実:自分から行くときは必ず間を外して入る。待ちの場合は相手が動き始める前にそれを感じ取り攻撃を仕掛ける。それが間に合わなければ受けとカウンターを同時にやる。実戦では引いたら負ける。

 

◆明鏡止水〜武のKAMIWAZA〜「四の段 武の原点!?少林拳」

≪NHK総合≫11/12(土) 23:30〜23:59(29分)

MC:岡田准一、ケンドーコバヤシ

ゲスト :トリンドル玲奈、川口賢(日本少林拳同盟会)、岡部武央(総合武道研究会玄武館)

    比嘉正(首里少林流)

 

https://www.nhk.jp/p/ts/M31M355Q4M/(明鏡止水)

 

約一年前に話がありやっと放送できるところまできた感があります。

どうぞご覧になってください。

 

 

今回は突きを中心にビデオを作ってみました。

興味のある方は参考にしてみてください。

コメントにも質問がありましたが手先の技ではありません。

下半身から力が発生します。

 

仙骨や軸、丹田の位置などの理屈、理論などありますが、そこは公開しません。

それは稽古に参加できる方達の特権です。

突きには揺り戻し、円心軸(インフィニティ)、それからもう一つテクニックがあります。

稽古生には公開済みですが、興味のある方はぜひ稽古に参加してください。