2006-04-04 11:05:39

チョット長~い【お話し】

テーマ:おはなし
カゴの中のピィ

こちら。
生まれた時からペットショップで育ち
生まれつきクチバシの噛み合わせがズレてしまっているピィ。
01ピィ

売り物にはならず
ペットショップの主人もどうしたものかと悩んでいました。


さてさて‥
こちらはショウちゃん。
02ショウちゃん

青白いのに小生意気な小学3年生。
ショウちゃんの楽しみは
毎週おかあさんといっしょに行く病院の帰り
ペットショップに寄って元気な動物達を見る事でした。


ピィ!おすっ!。
今週も売れないで、ぼくを待っててくれたんだね?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

イヤミ?‥コンチクショウ
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

半角かよっ!?‥半角だと2chのヒトみたいだぞ?‥ ‥
‥まぁ‥まってろよピィ。
今600円。あと200円でキミを家族にできるんだ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

え!?‥ 家族!?‥
‥ってことは‥ ぼくはキミの御主人様になるんだね?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

アホかっ!?‥
なんでいきなり、ぼくより身分が上なん?
アホやろ?オマエ。
ま。 ‥兄弟かな。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

そっか。‥だったら、ぼくが兄貴分なんだね?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

やっぱ、買わん!‥こんな鳥っ!死んじゃえ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
03ショウちゃん

‥‥‥!?
 ̄\/ ̄ ̄
04ピィ

へっ!‥ うそだよ~。あと200円。待ってッてね。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

そこでペットショップ主人。

ショウちゃん。
ピィを大切にしてくれそうだから、ショウちゃんにあげるよ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
05ペットショップ主人

で‥でもぉ‥
それじゃあ、悪いモン‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

じゃあ、そのお金はピィの餌を買っておくれ。
それならイイだろ?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
05ペットショップ主人

ホントに?‥
ありがとう!おじさん!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん


そんなわけで‥
ピィを家族の一員に迎え入れてくれたショウちゃん。
ママも一緒のこの家族は、とてもとても仲良しです。



ショウちゃんの家で暮らし始めてしばらく‥
ピィが気付いた事があります。
それは‥ ショウちゃんは、ピィが知っている他の小学生とはチョット違うという事。

毎日毎日カゴの中から、表の世界を見つめ続ける小鳥のピィ。
06ピィ

朝になると‥ ショウちゃんは同じように
自分の部屋から、毎日毎日、
学校へ向かう子供達をうらやましそうに見つめています。
06ショウちゃん

‥ショウちゃん。ぼくと同じだね。
キミもぼくも【カゴの中】だね。
まるで‥
『死刑を待つ囚人』みたいだね(笑)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄
07ショウちゃん&ピィ

(笑)←って‥
‥うん。‥そうだね‥ピィ。
ぼくたち同じだね。‥なんていうか‥
『翼の折れたエンジェル?』‥みたいな‥
『牙を抜かれた狼?』‥とか‥
『鼻が短い象さん?』‥だね。
みんなは大変なんだ。毎日勉強しなくちゃなんないし‥
ピィとぼくは、ずっといっしょだよ。
狭いけどココに居ればイイんだもん‥。
言っとくけど、『ニート』じゃないよ?ボク。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

そうに強がって言うショウちゃんは‥どこかさみしそうでした。
それと‥
「象」にだけ「さん」を付ける意味はだれにも理解できませんでした‥




ある日。ピィは‥
遠くで自由に空を飛んでいる鳥達を見つめていました。‥
08*鳥

ぼくも飛べるのかな?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
08羽根?

09ひらめき


バタバタッ!
10ハバタキピィ
10ハバタキピィ*


チョットだけ浮きました。

やった!
ぼく‥飛べるかも知れない!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
11よろこびピィ

それを見ていたショウちゃん。

そうだよ。 ‥ホントはね‥
ピィはいつでも飛べるんだよ。
‥ごめんね。
ぼくと一緒にいるからカゴの中になってしまって‥
ぼく‥ピィの事もうらやましいんだ。
うらまし大魔王なんだ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

なんで?‥
 ̄\/ ̄ ̄
01ピィ

だって‥ピィには羽根があるんだモン‥
ほんとは‥ピィだけでも、ココから逃がしてあげたい‥
飛ばせてあげたいんだ。
‥ ‥ ぼくも飛んでみたいな。
大好きなピィと一緒に飛べたら、楽しいだろうなぁ~‥!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02ショウちゃん

そんなふうに思ってくれてたんだね。ありがとう。
ショウちゃん。ぼくも一緒に飛びたいっ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ



ピィとショウちゃんは同じ事を考えていました。
12飛ぶ図
12飛ぶ図*

きっと、約束だよ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
13約束


それからというもの、くる日もくる日も‥
ピィは羽ばたきの練習をしました。
10ハバタキピィ*


ショウちゃんはハングライダーの本を買って
毎日毎日勉強しました。
14勉強


もう、この頃にはピィもカゴから出てショウちゃんと一緒に生活してました。
楽しい楽しい毎日でした。





まいにちが‥

15一緒にアイス

楽しくて‥

16飛行機ごっこ

とっても‥

17一緒に空を見たり

楽しくて‥

18お風呂

まるで‥

19いっしょに寝る

夢のように‥






その日。
ショウちゃんとママが毎週の病院に行く日です。

ピィ!‥
今日も行ってくるぜっ!
待ってろYO!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20ショウちゃん

なんでラッパー風なん?
ショウちゃん。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

ワカンナイ。
なんとなくだYO!
チェケラッチョォ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
20ショウちゃん

ショウちゃん。
マジ… 変(笑)
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

ハッハッハッ!
やっぱり?‥ ‥ しかし
[変]の後に付く(笑)←に対する反応に困るね。
会話で「(笑)」←は使わないでしょ‥普通‥
‥まぁ。病院行ってきま~す!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
21ショウちゃん

いってらっしゃ~い!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ

その日‥
ピィは1日じゅう
羽をバタつかせて飛ぶ練習しました。
10ハバタキピィ*

よしっ!
目標はタンス上の『GOAL』までだっ!
まずはテレビの上‥
その次は机の上‥
23家具の順











長い時間、頑張って運動したので
いつの間にか寝てしまっていたピィ。
もうあたりはすっかり夜になってました。

トントントン…
階段を登ってくる足音

あっ!‥ショウちゃんだ。
帰ってたのかぁ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
01ピィ




24ママ

ママでした‥

ピィ‥
今夜はカゴで寝てね。
カゴの入口は開けておくから
出入りは自由にしてね。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
24ママ*

‥うん。わかった。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
25神妙ピィ


26ママ去る


どうしたのかな‥?
ショウちゃん
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
25神妙ピィ




それは何日も続きました。




ショウちゃんの事を‥
ママに聞いても黙ったままです。


ピィに出来る事は‥ 飛ぶ練習。
決心した日から、エサを食べる事も忘れて‥
27餌
ひたすら練習だけに没頭して、気をまぎらわせてます。

ピィはテレビの上まで飛べるようになってました。

もっとだ。もっと!‥
ショウちゃんが元気な顔を見せてくれた時に
いつでも一緒に飛べるように‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
27_バタつき練習TV


毎日、ママを見送ります。
27__ママ見送り

毎日、夜にママがひとりで帰ってきます。
27___ママ帰り



それでも‥
出来る事は‥ 飛ぶ練習。
28_狂ったピィ


ショウちゃんが帰ってくる日を待って‥

ズット‥こればっかです。
きっと‥ピィは自分に勝つ事で
ショウちゃんが帰るものと思ってます。

エサを食べようにも‥
ショウちゃんの事を考えるとノドを通りませんでした。

本人は気付いてませんが‥
机の上まで飛べています。

27___机の上まで


なんだか‥ピィも痩せこけて‥
ずいぶんと小さくなってしまいました。







数日が経ちました。






28綺麗な空

空がとても青く
雲がひとつもない綺麗な朝。



ママが‥
いつもより‥ 静かに出かけていきました。




薄れ行く意識の中‥ ‥

物凄く大きな不安が‥ ピィを襲いました。








それでも‥
ピィは狂ったように‥飛ぶ練習を‥

28*狂ったピィ

なにも考えたくなかったのでしょう。

狂ったように‥ 練習をやり過ぎて‥

 というか‥ 狂って‥

 もはや【キチ●イ】になっちゃった頃‥


28**狂ったピィ



『ピィ‥だいじょうぶか?』




ピィを呼ぶ声に振り向くと‥ ‥
28***狂ったピィ


ショウちゃんがいました。
29ショウちゃん登場


ショ‥ ショウちゃんっ!?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
30やや泣きピィ

よぉっ!!‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄
31ショウちゃんYO!

「よぉっ!」‥じゃないよ!
 どうしてたんだよぉ~!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
30やや泣きピィ

ごめんごめん‥
心配掛けちゃったね‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
29ショウちゃん登場

あたりまえだろ!?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
30やや泣きピィ

ごめんな‥
ぼくたちの約束を守るために‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
29ショウちゃん登場

なんの約束だよぉ~‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
30やや泣きピィ

一緒に飛ぶ約束っ!‥
それを守るために‥ ‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
29ショウちゃん登場

約束を守るために?‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
30やや泣きピィ

飛べるように改造してもらってた(笑)
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
32改造ショウちゃん

ショ‥
ショウちゃん‥?
しかも‥語尾に『(笑)』←って。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
33驚きピィ

どぉ?
物凄~く時間掛かっちゃった‥(爆)
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
32改造ショウちゃん

『どぉ?』…って‥
なんて答えればいいのか‥
『(爆)』←も‥ ねぇ‥ ?
ま‥ 強いて言うなら‥
グ‥ グッド‥? ‥とか?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
33驚きピィ

んじゃぁさっ!‥
約束だから、一緒に飛ぼうよっ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
32改造ショウちゃん

うんっ!!
 ̄\/ ̄ ̄
30やや泣きピィ

チェ~~ンジッ!
ショウちゃん!‥
飛びます飛びますっ!
‥ ‥ プロ‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
34ショウちゃん

ショウちゃん!?‥ ‥
‥ 何?‥ その叫び‥?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
34*ピィ

途中で止めないでよぉ!…っもぉっ!!
チェンジしないと飛べないんだよぉ‥
ピィ‥ もう‥止めないでよっ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
35ショウちゃん

ごめんごめん‥
つい‥ アホっぽい「お叫び」だったもので‥
‥もう邪魔しません。 ‥ ‥ さぁ!どぉぞ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
35*ピィ

んじゃぁ‥ 気を取り直して‥
チェ~~ンジッ!
ショウちゃん!‥
飛びます飛びますっ!
‥ ‥ プロペラ!‥セェ~~~ット!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
32改造ショウちゃん

プッ‥(笑いをこらえつつ)
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
36ピィ

カシャ~ンカシャ~ン!!
36_プロペラヴァージョン1

36_プロペラヴァージョン2

36_プロペラヴァージョン3

36_プロペラヴァージョン4



そんだけ?‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄
37ピィ

うん。‥こんだけ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
36_プロペラヴァージョン4

ふぅん‥。‥そぉなんだ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
37ピィ

なんか‥ 不満とか?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
36_プロペラヴァージョン4

い‥いや‥ べつに‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
37ピィ

そ?‥  なら‥イイけど‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
36_プロペラヴァージョン4

‥ ‥ ‥
 ̄\/ ̄ ̄
37ピィ

と‥ 飛ぼうか?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
36_プロペラヴァージョン4

‥ うん。
 ̄\/ ̄ ̄
37ピィ

いっせぇのぉ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄
38ふたり

でぇっ!!
 ̄\/ ̄ ̄
39ふたり

‥ ‥ ‥
 ̄\/ ̄ ̄
39ふたり

どした?‥
 ̄\/ ̄ ̄
40ショウちゃん

なんだか‥こわいね‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40_ピィ

んじゃさ。
まず最初に屋根に登ってぇ‥
それから‥はばたいてみよう!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40ショウちゃん

そうだね!‥ ‥
‥で。‥
登っても大丈夫なの?
屋根の上‥?
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40_ピィ

‥ どうだろう‥
登った事ないから‥わからないなぁ‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40ショウちゃん

んじゃぁ‥ぼく、様子を見てくるよ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40_ピィ



41やね

42やね

43やね

大丈夫そうだったよ!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40_ピィ

そう?‥‥
 ̄\/ ̄ ̄
40ショウちゃん

 ‥‥そう。
信じてないな?
‥んじゃ、自分で確かめてみなよ。
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40_ピィ

‥ うん。そうしてみる‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40ショウちゃん



44やね

45やね

46やね

ホントだぁ!
アレなら大丈夫だね!
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
40ショウちゃん

‥ ‥ ‥
 ̄\/ ̄ ̄
46やね*飛べてる?

‥ ‥ ‥
 ̄\/ ̄ ̄
46やね*飛べてる?

飛べてンじゃン‥
 ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
46やね*飛べてる?







47飛行

48飛行

49飛行

50飛行
50飛行*
50飛行**
50飛行***
50飛行****
50飛行*****






51手紙

ママへ
ぼくね。生まれ変わったら鳥になりたいんだ。
だって‥どうしても
空を飛んでみたいんだもん。

ロボットでもいいなぁ。
心臓が弱いぼくには
いつでも交換できる機械心臓と羽根が付いているロボット。

でも‥ 生まれ変わりたい一番は‥
またママの子として産まれたいな。
いつも優しくしてくれてありがとう。

ぼくがね‥
もし‥ 死んじゃったらね。
あのペットショップで
その日に産まれた鳥を買って
いっしょにくらしてほしいんだ。

きっと‥それが、ぼくの生まれ変わりだよ。
そうしたらまた、ママと暮らせるし
ピィといっしょに飛べるもん。

ママ。
いままで沢山ありがとう。




52ママへ


















ママは
あの日に生まれた兄弟の小鳥を2羽買いました。























ショウちゃんとピィですか?‥ ‥





あのふたりなら‥毎日一緒に飛んでますよ。



53ラスト画像


53ラスト画像*





53ラスト画像****
AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)
2005-10-26 12:07:21

ノラ猫【クロ】の話。

テーマ:おはなし
「あっ!クロだっ!…シッシッ!」
01a

ノラの黒猫。
通称【クロ】

01b

「黒猫は不吉」
「悪魔の化身」
「水アカが目立つ」(自動車か?)
「ヤマト」(宅急便か?)

などと、近所では有名な嫌われ者だった。




『別に気にしてないよ。人間なんて‥
  自分達でも肌の色で差別してるものな』

01d

強がってはいても、本当は寂しいクロ。





ある日、お腹を空かしてトボトボ歩いていると

01c

21番地に住む山田さんちのサッちゃん小学2年生が居た。
学校からの帰り道。ひとりトボトボ歩いている。

サッちゃんだけは
この町で唯一クロに優しくしてくれる人間。

01e

クロは近付き『ニャ~オ(腹へッタ)』
01c

「あっ!?‥クロ!‥どぉしたの?お腹減ってるの?」
01f

『ニャ~オ(そう!‥凄いな‥ワカルノカ?)』
01c

「ごめんね‥今、学校帰りだから何も無いんだ‥」
01f

『ニャ~オ‥(チッ!‥クソッ!)』
01c

「あっ!チッ!‥クソッ!って言ったね?‥待っててね、家におやつ取りに行ってあげるから」
01f

『ニャ~オ(マジ!?‥悪ぃね‥ てか、ワカッテいるらしい‥汗)』
01c




トコトコと家路を歩くサッちゃんの後を追う様に歩いていると

01e



「見ろよ!アイツ、クロと一緒に歩いてンぜぇ~!」
01g
        。         。
近所のジャ○アン的意地悪少年とスネ○的姑息少年にヤジられた。



「あんな事を言ってるけど、関係ないよ!クロ。行こう!」
01f


『ニャ~オ(うん。腹へッタ)』
01c




サッちゃんの家に着き
「クロ。ココで待っててね」
01h

クロを家の門の所に待たせ、サッちゃんはドアーを開けて家に入って行った。

『ア~… お腹減った‥』
01c



しばらくして、サッちゃんが泣きながら表に出て来て


「クロ‥ごめんなさい‥ ママが‥あんな猫にあげる物なんてない!‥って‥
 これからは‥クロと一緒に居たらダメだって‥  ウァ~~~ン‥」
02a

『ニャ~オ(気にしなさんな、慣れてるから)』
01c

立ち去ろうとしたクロにサッちゃんは

「待って!クロ‥コレあげるね」
02a

ポケットから魚肉ソーセージを出してくれた。
「あのね‥ ママがトイレに行っている間に冷蔵庫から捕ってポケットに入れておいたの‥」
02a

『ニャ~オ(やったぁ!)』
01c

「やったぁ!←って? …! ‥ママに見つからないうちに、コレ持って逃げてね」
02a

『ニャ~オ(サッちゃんありがとう。言葉も理解してくれてアリガトウ!)』
02b

クロは走った。
サッちゃんに迷惑を掛けないように走った。



途中、すれ違う人間達は

「あらら‥また見ちゃったよアノ黒猫‥なんだか不吉だわぁ」
「汚い!あっち行け!」
「あれ!?‥クロが何かくわえてるよ?‥猫だけに、きっとどこかでネコババしたよっ!」
02c

などと、笑えないシャレや罵倒を浴びせられた。







クロは自分の隠れ家の
02d
名前も無い小さな橋のたもとに
サッちゃんから貰った魚肉ソーセージを持っていき1/3を食べた。

『美味しい~!残り2/3で、二日は食べ物に困らないな』
02e

その日は幸せそうに眠りについた。
02f



夜も明け‥

子供達の声で騒々しく目を覚ますと、小学生の通学時間。
もちろん、サッちゃんも大きなランドセルを背負って元気良く歩いていた。



『ニャ~オ(昨日はありがとう)』
01h
「あっ!おはようクロ!」


「サチの奴。またあの黒猫と一緒だぜ?」
「や~いや~い!黒猫友達~!クロサチ~!」
01g

と半ば意味の判らない事で馬鹿にする。


『ニャ~‥(ごめん‥向こうに行くね‥サッちゃん)』
「いいの!クロ。一緒に行こう!   クロ!?‥ クロ~~~ッ!」

サッちゃんの呼び止めに応えぬように
『ニャ~(いや。コレ以上サッちゃんに迷惑は掛けられないよ)』
02g




と、後ろ向き反対方向に走り始めたら… …!?









03a

居眠り運転の大型トラックが通学児童に向かって暴走している。




もちろん、その中にはサッちゃんも居る。
サッちゃんはトラックに気付いているけど、恐怖で声が出ない。


『ニャ‥ニャ~~~ッ!!(ヤバイ!サッちゃん!みんな!逃げて!~)』
03b

クロの声で みんなも振向くと、すぐソコにトラックが近付いている!
しかし、運転手は夢の中。



『ニャッッッッ!(運転手を起こさなくちゃっ!)』
02h


『起きろぉ~~~! バカァ!運転手~!』
03c

みんなは避け切れず、恐ろしさのあまりその場にすくむしか出来なかった。
03d


『ニャ~~~~~~~~ッ!(サッちゃ~~ん! 魚肉ソーセージ2/3~~~!)』
03e





トラック運転手が咄嗟(とっさ)に目覚めブレーキを思いきり踏んだ。
キキィィィイ~~~~~~ッッッ!

みんなの手前、数メートルでトラックは止まり、
…みんなは無事だった。


「こわいよ~!」
「こわかったよ~」
「ウワァーン!」
03f
子供達は恐怖感から、みんな一斉に泣いた。


辺りをキョロキョロ気にしながらサッちゃんが運転手に訪ねた。
「どうして、起きてくれたの?‥」
02a

運転手
「良い気持ちで寝ちゃってたら、いきなり【ゴットン】って、乗り上げて
 目が覚めたら危ない状態だったからブレーキを思いきり踏んだんだよ。
 ソレが無ければ、みんな危なかったんだよ‥ゴメンナァ‥」


サッちゃんは恐る恐る大きなトラックの少し後ろの路上に目をやると‥









03g
黒い毛のカタマリが
真っ赤に染まって横たわっていた。




「クロォ~~~~~~~ッ!!」
03h



*****************


時は経ち‥

秋と冬が過ぎて‥

ポカポカと桜の花も綺麗に満開になり
サッちゃんは3年生になった。

04a




その後。
アノ名前の無い小さな橋は【黒神橋】と名付けられ、
魚肉ソーセージが山になる程、積まれるようになった。

04b





町の人も
「黒猫は神の化身」
「黒い猫は縁起が良い」
「それでも黒猫ヤマト」(やっぱ宅急便‥)
とか。

【交通安全の神様】として崇められたそうだ。

04c



****************





クロですか?…


クロは事故の直後

病院に運び込まれましたが …















04d

サッちゃんの家で、お父さん・お母さんにも可愛がられてます。

気持ち良ぉ~く。
夢 見てます。
02f



***********************************

周りの誰かに
罵られても
馬鹿にされても
裏切られても

【自分】をシッカリと持っていて
ソレが誰かの為になってるなら‥
そしてソレを貫ければ
最後には笑っていられる筈さっ!

…と、クロは言ってました。
(魚肉ソーセージ食べながら・笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)
2005-10-18 01:06:32

ウニ君だって、悩んでます。

テーマ:おはなし
はい。
みなさん。ごきげんよう!
マジで本業をなんとかしなくては ヤヴァい take-cです。

さてさて、今回のゲストで~す!


コチラが初登場のウニ君です。
 ↓
ウニ君01

自分で【君(くん)】付けてしまうウニ君です。

先日、このブログで
「イクラ君とは仲間」と一方的に位置付けられたウニ君です。

夢のコラボ夢のコラボレーション


実は‥
ウニ君も、日々悩んでいます。

「take-cはボクの事。大好物って言ってくれるけど、ボクって何?
 イガイガのウニのどこ?臓物?‥ひょっとしてウ○チ?とか?」

ウニ君02

(※幼稚な表現と文章←申し訳ありません。)


みなさんは御存じですか?

普段【ウニ】と言えば、
食卓には「ウニ君」の状態かと思われます。
(さすがに 目と口、手足は無いです‥)

まずは海に居る状態のウニ
(Q:コノ中に1つだけ毬栗(イガグリ)があります)
クイズです









(嘘です)

上写真のウニ(以降イガウニ)
中味はこのような事になっております。

断面図

ウニ君???
「ボク、いったい、どの部分なの?take-cはドコを食べているの?」

はい。
どうやら食卓に出るウニは
イガウニの生殖巣と呼ばれる卵とか、精子を作るところです。
ただし、通常見ただけで、卵巣(卵を作るところ)を食べているのか、
精巣(精子を作るところ)を食べているのかは、わかりません。。

ウニ君納得喜
「よかったぁ‥真ン中のトグロ巻いてる部分じゃないんだね?‥  ホッ‥」


はい。
俺だって、【ウニ好き】とはいえ、トグロの部分は嫌です。


ウニ君納得喜
「漁師さんやお金を持ってる人はイガウニをかち割って‥

こんなんなってる
こんなふうにして‥
食べるけど…
グロいよね…  …これじゃぁ旨味も半減だよ‥ウニの価値観が下がるよ‥」



はい。俺だって、こんな状態のウニを食した事はございません。



ウニ君???
「断面図に【アリストテレスの提灯】ってあるけど… イガウニの口?」




その通り。
イガウニの口をなぜ【アリストテレスの提灯】と呼ぶのかは
読者さんに調べて頂くとして‥

アリストテレス
アリストテレス(Aristotles、紀元前384年 - 紀元前322年)
マケドニア出身の古代ギリシャの哲学者。
(写真では「アイ~ン」て、してます。)

…が、提灯?… ちょうちん‥ 

提灯


… … … 繋がりません‥。


ひょっとして!?‥




【アリストテレスの超チン?】とか。
(どんなカタチしとんねん!?‥ アリスってば)←勝手に愛称


謎です。


取り急ぎ合成してみました。




アリストの提灯

(※幼稚な表現と文章←申し訳ありません。)




ウニ君納得喜
「take-c。ありがとう!僕の悩みは解消されたよ!思い残す事も無いよ。」




いえいえどういたしまして。



「お礼に。。さあ!ボクを食してぇ!」
ウニ君05



はい。
次回
ウニ君と食卓で会える時は【心のガソリン】と一緒に。

ちなみにウニ君。
こんな得意技があります。
 ↓
 ↓
 ↓
KISS

シモンズの舌変身。
間違えるとシモンズに食されます。要注意です。ウニ君。

**************************

さてさて。
こんな夜中にウニウニウニウニ画像観てたら

無性に食べたくなりました。

ウニ食いてぇ

まぁ‥ウニが嫌いな人には関係の無い悩みですが‥。

ウニ丼ウニ丼!





でも、俺が一生に一度でイイから食したいウニ丼はこんなんじゃなく
「丼いっぱいのウニだけ」←な、【ウニ丼】

ウニ丼(理想)ウニだけ丼!


ネットで画像検索してたら
こんなの出ました! ‥丼じゃなくて‥
 ↓

ウニライス?ウニライス!?


贅沢言えば‥
端ッこのチェリーは必要無いです。




おにぎりウニにぎり!
略して【ウニぎり】  …略す必要もありません。

もう‥ ヤヴァイです! 食したいですっ!
ガソリンも一緒に。




美味しいウニに【馬糞海胆(ばふんうに)】ってのがあります。

なにも‥美味しいモノに【馬糞】って付けなくても‥

食べながら‥

「この【馬糞】ウニ旨いよね!」
「やっぱ。ウニは【馬糞】に限るね!」
「ホント【馬糞】美味しい!」

なぁんて、会話が弾んでも‥





頭の中は… …







馬糞?

こんなんなってしまう…
(※幼稚な表現と文章←申し訳ありません。)




もしくは‥

先程のおにぎりも
おにぎり
【馬糞ウニぎり】←こんな品書きだったら‥






最終的に頭ン中は‥








馬糞?2

こんなんなってしまう…
(※幼稚な表現と文章←申し訳ありません。)



ね‥?。
『ウニは食べたくない』←ってな気持ちになれました?







黄昏れウニ君




ホントに【下品】なtake-cです。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。