楽しかった那珂川の川下り・・・。
もしかして、ここで?
さすがにそれはないかな。

翌日は奥さんとお出かけ予定で休みを取ってました。
朝カヤックを片づけるために駐車場から出ようとすると、左前方あたりが振動してる感じ・・・。
嫌な予感がして、降りて確認すると問題なし。

再度動き出すと、ポータブルナビもいつになく振動して何かを伝えようとしています。^^;
どー考えても変なのでもう一度確認すると、



左後方でした。(>_<)
駐車場から出る前に気付いて良かったです。

トランクルームからスペアタイヤを運んできて交換。



ドストライクでした・・・。

那珂川からの帰りの高速で踏んづけたのか?
河原で踏んづけたのか??
河原じゃさすがに帰ってこれなかったかな。

ボルトの頭の削れ具合から、駐車場内では無さそうだし。

 

どちらにしても、帰ってきた時点では何の違和感もなかったので、踏んづけてからジワジワと空気が抜けた様です。

それにしても、不幸中の幸いでした。
ちゃんと帰ってこれたのが一番ですが、ボギーは床下収納にスペアを積めないので、駐車場でのパンクで助かりました。



いざって時は注入式のパンク修理剤を積んでますが、こいつは使わないにこしたことはないですね。

で、近くのガソリンスタンドにパンク修理をお願いして、お出かけします。



夕方帰りに受け取って、その日のうちに交換しておきました。
お出かけで休み取ってなかったら、フルーツ村ファミキャンの準備した金曜夜に気づいて、面倒なことになってたかと。

ボギーはツアーズと違って床下収納にスペアタイヤを載せられません。
ある意味割り切れるので、普段はからっぽにして自転車載せたり色々と便利ですよ~。(^^)v
なぁ~んてこと言ってましたが・・・。

ただ、割り切れることに変わりはないので、もう少しパンク対策を考えてみました。



まずはタイヤの異変に気付けるように、TPMS ソーラーワイヤレス タイヤ空気圧モニタリングシステムを導入します。

むぎおさんのブログで見た時には、あれば便利だなぁ、そのうち買おうかなぁ、なくても何とかなってたなぁ・・・って感じでしたが、パンクした即日注文しておきました。
痛い目みないと行動に移せない人でした・・・。^^;



基本的には、センサーバルブをねじ込めばそのまま使えるんですが・・・。
RLの一個がどうしてもねじ込めません。(>_<)



よーく見るとネジがちゃんと切れてないハズレ部品でした・・・。
購入先へ連絡すると、中国からの発送なので10日程かかるとか。



もしかして、そのままセットで届くのかな?とちょっと期待してましたが、ちゃんと不具合部品だけでした。^^;
そんな細かい対応ができるとは・・・。



ちゃんとRLも組み付いて、交換したセンサーのID読み込みに少し手間どりましたが、



無事に設定完了です。



こんな感じに付属のマットに載せてみましたが、びっくりするくらいスベリ止め効果がないので、手持ちのマットに交換しておきました。

これがあれば、今回のケースだと車の振動じゃなくて、事前にアラームか表示で気付いたのかと。
ただ、那珂川の帰りはどうなってたのか?
途中でアラーム鳴って気付いちゃって、家にたどり着かなかった??
どこで踏んづけたかわからないので何とも言えませんが、大事に至る前に気付けることが最優先ですね。

次に、パンクに気付いたらどうするか。



注入式のパンク修理剤って、有効期限があったんですね。^^;
納車前に購入して、既に5年の期限切れてました・・・。

今回の件がなければ、使う日が来るまでずっと眠ってたと思います。
で、いざ使う時には期限切れで、泣きっ面に蜂状態だったかと。



注入式は後始末が大変らしいので、スクリュードライバー式を常備することにしました。
出先でパンクに気付いても、それなりに修理して帰ってこれるんじゃないかと。

今回は最低限の被害で、色々と見直すきっかけになったので、ある意味ラッキーだったのかもしれません。

 

ノーマルタイヤでの走行も4万㎞超えて溝も減ってきたので、タイヤ自体の見直しもそろそろかなぁ。