自宅ゲーム会133 前半 グリーンランド 他 | とりあえず日々ボードゲーム

とりあえず日々ボードゲーム

日本の片隅、島根県の浜田市で日々ボードゲームにはまっている管理人が、とりあえずボードゲームについて色々と書いていく(予定)のブログです。


テーマ:

平成30年4月9日

 

 本日は午後から半日のみですが、管理人、常連のちい、せんとかなり久々になるセンの4人によるゲーム会です。とりあえずカイの到着が遅れていたので、3人で手軽なゲームから開始です。

 

 

☆戦国時代

○概要

作者:ライナークニッツィア

対象年齢:14歳以上

対象人数:2-6人

標準時間:15-30分程度

 

 戦国時代の武将となって、諸大名の城を攻め落とし日本を統一することを目的としたダイスゲームです。それにしても、目標となるのが織田、徳川、上杉、長宗我部、毛利に島津とそうそうたる大名なので、自分は何家なのかというのが非常に気になるところですw

 

①手番になるとダイスを全て振ります。ダイスを振りなおす場合はダイスを1つ減らした上で全て振り直します。

②目標とする城カードを指定し、その城の戦列ボックスのいずれか1列に配置します。1度目標とした城は、手番終了まで変更できません。

③再びダイスを全て振り、戦列ボックスの1列に配置を繰り返します。配置できなければバーストで手番が終了となり、全てに配置できればその城カードを獲得できます。

④他プレイヤーの城も目標と出来ますが、場にある城に比べると難易度が上昇します。

⑤同じ勢力の城を全て揃えたプレイヤーの城は裏返って得点が上昇し、それらの城が他プレイヤーから狙われなくなります。

⑥場から全てのカードがなくなったらゲーム終了で、獲得した得点の最も多いプレイヤーが勝利となります。

 

○プレイ経過

 ゲーム開始時の場の様子です。6つの勢力ごとに城カードが1~4枚あり、手番ごとにどの城を狙うかを指定します。

 

 序盤、各プレイヤーともダイス目と相談しながら特に勢力もきめず落とせる城から落としていきますが、中盤に入るとお互いの狙いは分かれていきます。

 

 管理人は思った以上にダイス目が良く、順調に徳川の城を制圧し独占。その他の勢力の城もぼちぼち攻め落とします。ちいはあまりダイス目が奮わず。上杉家の独占を狙ってせんの春日山を狙いますが2度にわたって攻略に失敗し、3度目の正直でようやく陥落。せんは上杉はそのままで、後半に入ると織田を狙っていきます。

 

 そんなこんなで場からカードがなくなりゲームは終了です。徳川、長宗我部を集めた管理人が1位。織田を独占したせんが2位。上杉攻めに手番を費やしすぎたちいは1点差で2位に届かず3位という結果でした。

 

○評価

 目標とする城カードごとに指定された出目を揃えていくバースト系のダイスゲームです。プレイヤーが獲得済みのカードにも攻略を仕掛けられるのは特徴で、難易度の上昇というリスクはあるものの、上手く奪うことが出来れば相手の得点を削りつつ自分を伸ばすことが出来、戦国時代というテーマともあっていると思います。ただこの点については気になる点もあるので後ほど。

 面白いのはダイスの一振りごとに埋められるマス目は1列というところと、一旦開始したカードの攻略は手番中は交換できないというところで、取り掛かったカードの変更が出来ない以上最終的にはダイス運がものを言うとはいえ、最初の出目と各カードで一番埋まり難い戦列から確率を考える必要があります。ただ、同一の大名家を揃えることができれば得点の上昇と攻略を防ぐという大きなメリットがあり、この点も含めて考えると、確実に取れるカードか失敗のリスクを負ってでもより良いものを狙うかと、どのカードの攻略に取り掛かるかというのが悩ましいところです。

 一方で気になるのは特徴でもある他プレイヤーの獲得した城カードを攻撃できるというところで、ゲームの終了条件が場のカードがなくなったらというルールであるため、他プレイヤーのカードを攻撃することが頻繁に発生するとゲームが長引く要因となります。独占による防衛、難易度の上昇というデメリットはあるものの、ゲーム終盤になると場のカードをとったくらいでは逆転できないという状況にもなるため、下位のプレイヤーは積極的に他プレイヤーを攻めざるをえず、ここで下手にみんなのダイス運がよければ上位が頻繁に変わりだれる可能性があります。この辺のバランス調整はもう少しあっても良かったかなと。ちなみに、人数が多ければ独占の確率が低くこの傾向が顕著になりそうなので、3、4人くらいまでの方がいいかもしれません。

 とはいえ、ルールは非常に見やすく準備も簡単であるので、とりあえず手軽なダイスゲームとして確率を考えながらダイス目による攻略の一喜一憂を楽しむゲームとして悪くないと思います。ただ、まあ個人的にはライナー先生のダイスゲームであれば「ヘックメック(「自宅ゲーム会9」を参照。)」の方が考えどころも多く好みかな。

 

 

 ここでカイが到着しここから4人でのプレイとなります。

 

☆ドメモ

○概要

「自宅ゲーム会132後半の前半」を参照。

 

○プレイ経過

 とりあえず頭の体操がてら、手軽な推理ゲームとして前回プレイして面白かった「ドメモ」をプレイ。2回したけど勝者は誰だったかな・・・

 

 

☆グリーンランド

○概要

作者:ヴラーダフヴァチェル

対象年齢:12歳以上

対象人数:3-5人

標準時間:90-120分程度

 

 グリーンランドにおいて自分の部族の繁栄を目指すゲームで、ヴァイキングの描かれた箱絵のイメージに反して隣人との争いは戦争ではなく交渉による評決で解決されるため、協力関係を築くことも大切となっています。ちなみに、ネット上で情報をほとんど見かけないかなりマイナーなタイトルだと思いますが、「スルージエイジズ(「自宅ゲーム会65 後半」を参照。)」や「コードネーム(「自宅ゲーム会8 後半の後半」を参照。)」が有名なフヴァチェル氏のタイトルなのでもう少し話題に上っててもいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。

 

①ラウンドの最初に各土地から資源の生産が行われます。生産量はその土地の建物によっても変動します。

②主プレイヤー以外のプレイヤーは、自分の英雄1人の移動先を秘密裏に決定します。なお、移動は通常は隣接エリアで、海岸沿いのみ船によってより先のエリアへ移動が行えます。

③主プレイヤー以外は、いずれかのエリアにある資源の分配を1回提案できます。分配方法は任意で、自分のみが独占してもかまいません。ただし、分配方法の相談は出来ません。

④分配の提案が行われると、そのエリアで票を持っている(英雄や建物により票が生まれる)プレイヤー同士で賛否の宣言を行い、過半数の賛成票がない限り資源の分配は行われません。

⑤主プレイヤーは補給カード(1枚で2資源分の価値を持つ特殊な資源カード)を1枚受け取り、建物の建設や兵力の増強(戦士の票数を強化)が行えます。

⑥建物には集落と公共施設があり、票数を生む集落には特殊効果のない「村」や兵力の増強費用を軽減したり、新たな英雄が登場するといったものがあります。

⑦公共施設は主プレイヤーが提案することで他プレイヤーと共同で建設することができ、エリアの生産量を増やしたり、エリアに集落のない戦士の票数を減らすなどといった、エリア全体に効果をもつものがあります。

⑧主プレイヤーの建設終了時に5つある勝利条件のうち最低3つを満たしていればゲームは終了となり、そのプレイヤーが勝利します。そうでない場合は、主プレイヤーが移動します。

 

○プレイ経過

 ゲーム開始時の様子で、赤が管理人、青がせん、白がちい、黄がカイとなります。中央に配置されたタイルがメインマップとなり、各タイルがエリアとなります。海岸沿いとなる手前に初期の村と英雄の一人である戦士が配置されています。ちなみに戦士はゲーム開始時は1票しか持ちませんが、兵力を増強することで票数が伸びていきます。

 各エリアごとに地形が異なり、地形によって出現しやすい資源が異なります。上段右側の2枚は山岳地形のエリアで、これらは村以外の集落が建設できない代わりに、オールマイティとなる資源「金」が産出するエリアとなっています。

 手前の個人ボードはサマリーであると同時に、右手前の部分は英雄の移動をプロットするスペースとなります。

 

 

 

 序盤はお互い自分の影響力の強いエリアから戦士を動かさず、優勢な地形で資源を集めていきます。

 

 資源が揃ったあたりで各自徐々に動きが出てきます。管理人は左下に集落を追加し優勢を確保した上で戦士の兵力を伸ばして他プレイヤーが優勢なエリアに牽制をかけます。ちいももともと優勢なエリアに集落を追加。一方で、せんやカイは新天地を目指して上段に集落の建設を行うと、優勢なエリア(資源を確保しやすいエリア)は保持しつつ拡張を狙います。

 

 この辺りから中盤となります。上段に集落を作った2人は最初はウハウハだったものの、その利権を狙って足場を固めた管理人やちいが徐々に介入します。特に、管理人の戦士は早々ともう1ほど戦力を上げ、資源の集まったエリアに乗り込み資源交渉にかむことで、次々と資源を確保していくことに成功します。

 

 終盤に入ったころですね。勝利条件は「全体の集落の数」「集落が2個以上あるエリア」「集落が1つのエリアに4つ以上」「建物の数」「兵力」という5要素のうち3つを満たすというもので、中盤以降優勢に進めていた管理人がほぼリーチ。ちいが続くといったところですね。

 

 最後はちいも追い上げておそらく後一手といったところでしたが、その前に管理人が集落を建設し、3つの要素を満たしたことで勝利となりました。

 

○評価

 エリアマジョリティ系のシステムではありますが、ヴァイキングの描かれたいかにも殴り合いな箱絵のイメージからすると、集落を除去したり、資源を奪ったりという要素はないため思った以上に平穏なゲームです。ただ、兵力を持った戦士が資源地帯に乱入してくると、賛同を得るために資源を分配しなければならなかったりというところはあるので、強奪されている気分はあったりしますwちなみに、兵士を持った戦士は非常に影響力が強いのですが、司祭は戦士の影響力を無にすることでき、詩人はエリア内にいる英雄の数だけ票数を生み出すと、英雄同士が3すくみのような状態になっており移動はプロットとなっているため、どう動かすかというのはなかなか考えどころです。

 面白いのは資源の分配方法で、単独過半数の票を持つエリアでは資源の独占が行えますが、単独過半数の票がなければ他プレイヤーに資源を分配して協力を求めなければならず、その分だけ取り分が減るということになります。そのため、できるだけ単独過半数を得ることの出来るエリアを確保しておくことが重要となってきますし、一方で、他のプレイヤーがそのような状況のエリアを作っていれば、それにかむことで分け前がもらえるため、建物と英雄を使ってどのエリアで票を確保していくかというのは非常に悩ましいところです。まあ、お互いがそう動く前提では実際に単独過半数を得ることが難しい状況も多いと思われ、そんな場合はどのプレイヤーと協力していくかということも大切です。なお、エリア全体に影響を与える建物である公共施設は共同で建設することもできるので、お互いのメリットを考えつつ建設するかどうかも難しいところです。

 また、分配のところは一見交渉ゲームのようで毎ラウンド主プレイヤーを除くプレイヤーが行うためダウンタイムはどうかと思いましたが、実際には交渉がなく(分配後に同意を得るための交渉は可能だが、具体的なもののやり取りや分配の変更は出来ない)、単独過半数というケースも多い(そういう地域は優先して資源の分配の地域に選ばれる。)ため比較的スピーディーで、思ったよりゲーム全体の進行はスムーズでしたね。

 交渉のようで交渉がないため、やや盛り上がりどころに欠けアートワークも含めかなり地味という印象のゲームですが、それ以外に大きく気になるところはなく、とりあえず3すくみの英雄を上手く活かして票を集めつつ、どのプレイヤーと協力関係を築いてゲーム全体を有利に進めるか、作者の割に情報がないタイトルでどうかと思っていましたが、面白かったと思います。

 

 

 ここで用事のためカイが離脱しますが、残った3人でまだまだゲーム会は続きます。

 

「ボードゲームタイトル一覧」

 


にほんブログ村

しゅくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス