こんにちは。
宮城・仙台 終活葬儀総合相談窓口
ごんきや終活プラザです。

 

2022年5月10日 

ごんきやは創業208年目に入ります。

 

ごんきやは創業以来変わらず

本社を宮城県塩釜市に置いています。

地域の皆さまとともに208年。

これからも地域で一番ありがとうをいただける企業を目指します。

 

 

ごんきやのはじまりは江戸時代に遡ります。

文化12年(1815年)

当時33歳であった初代佐藤権吉(ごんきち)が

当時の塩釜村に

桶やほうきなどの荒物と葬具雑貨の店を開きました。

当時の屋号は初代権吉の名前を取り「権吉屋」でした。

 

権吉屋は

明治に「ち」を抜いて「権木屋」

大正にこどもでも分かるようにひらがなの「ごんき屋」

屋号を変更しています。

 

昭和33年「有限会社ごんきや商店」として法人化

 

「ごんきや」に屋号を変更しました。

 

昭和55年 宮城県初の葬祭専門会館「ごんきや会館」を建設

昭和59年「株式会社ごんきや」に組織変更

 

平成に「セレモニアごんきや家族葬邸宅 du:e®[デュエ]をオープン

 

令和3年「ギャラリーメモリアイオンモール新利府北館店」

     「終活プラザ」オープン

 

弊社は変わり続けてきました。

それはいつの時代も変わらない

大切な方を想うきもちに

変わらずに寄り添い続けるため。

 

「変わらないために、変わる」

 

 

これからもごんきやは変わり続けます。

 

208年目のこれからも

どうぞよろしくお願いいたします。