がんを治す |  再発・転移、末期がん、 余命宣告、をされた方へ

健康指導(指導・施術) 


がん は一筋縄では治りません

人が持っている免疫力、体温・PH、ミトコンドリア、血流 全てを改善させて がん体質から脱却して、はじめて がんと闘うことができます


標準治療(手術・抗がん剤療法・放射線)だけでは、がん が一時的に縮小しても、がん体質を改善しなければ、転移・再発してしまいます

 

◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善による、がん体質からの脱却

 ・食生活(食材・量・時間、等)

 ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導)/睡眠(時間・睡眠の質)

 ・その他(入浴・ストレスの改善、等) 

野口整体療法・臼井霊気療法を基本とした施術で免役力を向上させて がん を克服します

 ・自律神経の調整(交感神経過緊張の緩和)/ストレスの改善

 ・血液の流れの改善、低体温の改善

 ・内臓・器官の正常化(がんの箇所、脾臓・肝臓・腎臓・副腎) 

 (施術は強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)
 

*連絡先
 メール sreiki3166@gmail.com  

*メールアドレスが変わりました
又は  📱 090-4498-1545 
 
 大阪市西淀川区姫島 島田 修二 まで 

*施術時間 :約1時間
*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導

*出張範囲 :大阪近郊(大阪、兵庫、奈良、京都)、遠方の方は別途ご相談 

*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円


  • 05Jul
    • がんを治す|新たな希望へ|守りと攻めでガンとの闘いに勝利する

      がんを治す|新たな希望へ|守りと攻めでガンとの闘いに勝利するガンとの闘いに勝利する守り(守備力)と攻め(攻撃力)ガンとの闘いに勝利するには守りの、ガン体質からの脱却攻めの免疫力の強化の両方が必要ですガン細胞は誰でも一日に5000個発生していますしかし、健康な人は守りと攻めとのバランスがとれておりガンとの闘いは百戦百勝で健康に生活しています◎守り(守備力) ガン体質からの脱却方法ガン体質とは低体温で血流が悪く、酸性体質で酸素が少なくストレスが続いている体です・低体温から高体温へ・血流の改善・酸性からアルカリ性体質へ・酸素を多く取り入れる・ストレスの軽減のガン体質を・食生活の見直し・睡眠・入浴方法の見直し・運動等の生活習慣の改善で替えることが出来ます例えて言えば泥沼の身体から鮎やイワナが住める様な清流に体を替えることですガン細胞は泥沼(ガン体質)でしか生きて行けません健康な細胞は逆に清流(ガン体質の逆)でしか健全に生きて行けません◎攻め(攻撃力)免疫器官の強化免疫力を高めてガンと闘う力を養うこの、守りと攻めとのバランスと守備力と攻撃力を強化することで初めて、ガンに勝利することが出来るでしょうガンを患われている多くの方は守備力と攻撃力とのバランスが悪いか低下しているのではないでしょうか現在の医療残念ながら現在の医療では抗がん剤や放射線、外科手術の攻撃力のみでガン体質からの脱却する守備には対応できておりません又ガン体質に引き戻す副作用が発生します副作用の無い唯一の攻撃方法それは、人が持つ、免疫力を強化させることです・NK細胞で代表される白血球・ミトコンドリアが自己・非自己(ガン細胞)を判別し非自己のガン細胞を破壊させるアポトーシスこれらを利用すれば、ガンとの闘いに勝利できるでしょうこれを実現させるには免疫に強く関係している脾臓腎臓脳(自律神経)他、副腎、小腸があります機能の低下の大きな理由は血流が悪く部分的に冷えが出来ている状態ですこの血流(冷え)を改善させれば器官の機能が改善できます残念ながら、現在の医療ではこのような治療での考えはありません◎気功・整体術の効能気功・整体術は血流(冷え)を改善させ免疫器官の機能を向上させます又、現在の医療で発生する、副作用が無いのも大きな特徴と言えるでしょう気功・整体術での操法脳から腎臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎10番(T10)から、迷走神経を介して腎臓につながっています気功・整体術では①整体術胸椎10番の棘突起付近とその両側の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎10番の異常がみられます)神経の状態を改善させ腎臓へ送る信号を正常に整えます②気功肋骨の下の両側付近に腎臓があります主に、背中側から腎臓あるところに、手を当て気を送ります💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(気功・整体術の指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容腎臓とガンとの関係ガンを克服するには弱った免疫力を高める必要があります逆な言い方をすれば免疫力が高ければ、ガン細胞と闘いガンにはならず免疫力が下がった結果、ガンになってしまうとも言えます免疫力を低下させる原因として体温の低下が挙げられます体温が低下すると免疫力が下がると、言われていますガン細胞は低体温を好みます正常な細胞は低体温になると免疫に対する活動が弱まります他に、強いストレスが続くと、自律神経のバランスが崩れその結果免疫力が低下しますもう一つ、ガン細胞は酸性の環境で活発に分裂します正常な細胞は、アルカリ性の環境で正常な免疫力を発揮します体温と酸性・アルカリ性に関係する重要な器官が腎臓です前回、紹介しました『脾臓』と今回紹介する『腎臓』は免疫力を高めてガンを克服するのに極めて重要な器官といえます腎臓の働き*************************すぐに役立つ暮らしの健康情報-メディカル・ライフ教育出版 より転載腎臓はどんな働きをする? 腎臓の、最もよく知られた働きは、身体のなかでいらなくなったもの、つまり老廃物を体外へ排出する、ということ。腎臓は、血液をろ過して老廃物や塩分を尿として体の外へ捨て、身体に必要なものは再吸収します。コーヒーフィルターのような役割を果たしているのです。腎臓にはほかにも、・血液をつくる・血圧を調整する・体液量とイオンバランス(酸性・アルカリ性)の調節・強い骨をつくるなどの働きがあります。 これらの働きはどれも、私たちが生命を維持していくうえで、とても重要です。こうした腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなり、老廃物や毒素が体内に溜まることで、尿毒症になってしまいます。  腎臓は、機能が著しく低下すれば、むくみや血尿が出ることもありますが、多くの場合、その自覚症状は、かなり進んでから、あるいは末期的な状態になってから現れます。そんなことから腎臓は、肝臓と共に「沈黙の臓器」と呼ばれたりします。 放置している間に症状が悪化、腎不全に至ると、生命を維持するためには、透析機による人工透析が必要になります。***********************低体温に弱い腎臓腎臓は器官の中で最も低体温に弱い臓器ですその為、体温を高めることが重要となります体温を高めることの効果・腎臓の働きを高める・血流を高めて免疫力を高める・腎臓の働きも活発にして、酸性・アルカリ性の調整を正常にさせる健康な体では腎臓の働きにより、弱アルカリ性に保たれていますしかし、腎臓の機能が低下すると弱アルカリ性が保たれなくなってしまいます乳製品や肉類の動物性タンパク質は酸性に傾いてしまいます梅干し等のアルカリ性食品を摂るように心がけ食生活からも、アルカリ性になるように心掛けしましょう気功・整体術での操法脳から腎臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎10番(T10)から、迷走神経を介して腎臓につながっています気功・整体術では①整体術胸椎10番の棘突起付近とその両側の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎10番の異常がみられます)神経の状態を改善させ腎臓へ送る信号を正常に整えます②気功肋骨の下の両側付近に腎臓があります主に、背中側から腎臓あるところに、手を当て気を送ります体温を高めるためには・食事、足湯、入浴、服装、運動などの生活習慣の改善・整体・気功術での施術が挙げられます 次回、紹介する予定です前々回のブログ内容今回は、免疫機能について最も重要な器官の『脾臓』について紹介します人には、肺や腎臓、副腎のように二つある器官がありますこれは、この器官が機能しなければ生命を維持できない需要な器官だからでしょうそれとは別に、無くても生きてゆける器官もあります今回、紹介する器官、『脾臓』もそのひとつです無くても生きて行けるのに、何故存在するのでしょうか?免疫細胞と血液に関わり、健康に生きて行くには必要な器官だからでしょう『脾臓』の機能が弱くなれば、免疫細胞を造り出す力も弱くなります健全な免疫力が必要で『脾臓』を活性化させなければ、ガンとは闘えないでしょう以下、脾臓の働き・機能についてHPからの引用ですが紹介させていただきますHP 『MSDマニュアル プロフェッショナル判』より引用脾臓は,その構造と機能から,2つの臓器とみなすことができる。白脾髄は,動脈周囲のリンパ鞘と胚中心から構成され,免疫器官として機能する。赤脾髄は,マクロファージと顆粒球が内側を覆っている血管腔(脾索および脾洞)から構成され,食作用器官として機能する。白脾髄は,B細胞およびT細胞の産生および成熟の場所である。脾臓のB細胞は,感染防御のための可溶性抗体を産生するが,ある種の自己免疫疾患(例,免疫性血小板減少症[ITP],クームス試験陽性溶血性貧血)では,循環血成分を標的とする不適切な自己抗体が産生されることがある。赤脾髄では,抗体で覆われた細菌,老化赤血球,欠陥のある赤血球,および抗体で覆われた血球(ITPやクームス試験陽性溶血性貧血,一部の好中球減少症などの免疫性血球減少症でみられる)が除去される。また赤脾髄は,特に白血球および血小板といった血液成分の貯蔵所としても機能する。脾臓では,赤血球の選別および陥凹形成(pitting)の段階で,ハインツ小体(不溶性グロビンの凝集物),ハウエル-ジョリー小体(核の断片),核全体などの封入体が取り除かれる;そのため,脾臓摘出後または脾臓の機能低下時には,これらの封入体を含んだ赤血球が末梢循環に出現する。骨髄損傷(例,線維症または腫瘍によるもの)のために造血幹細胞が循環血中に放出され,それらが脾臓に再び定着できれば,成人の脾臓でも造血が行われる場合がある( 原発性骨髄線維症; 骨髄異形成症候群)。HP 『時事メディカル』より引用[脾臓の構造とはたらき] 脾臓(ひぞう)は左上腹部にあって、ふつうは肋骨の下に隠れています。重要な臓器ですが、大人では手術で取り除いても、からだに特に不都合を起こしません。それは骨髄(こつずい)その他が代わりにはたらいてくれるからです。しかし小児では、脾臓が免疫機能の発達上重要な役割を担っているため、免疫不全状態をきたしやすいといわれています。そこで、小児では脾機能亢進(こうしん)症を起こしていてもなるべく脾摘出をせずに、部分的脾動脈塞栓術をおこなうなどして、脾臓の一部を温存するような工夫がなされています。 脾臓には、血球をつくるとともに、血液を貯蔵し、また不要になった血球をこわす作用もあります。血液中に入った細菌など異物をとらえて処分したり、細菌に対する抗体をつくり出します。 最近、がんに対する抗体もつくり出す、あるいは逆に抗体をこわすなどいろいろいわれており、今後の研究がまたれます。血液凝固因子の一つの第Ⅷ因子をつくります。 重さは健康成人で80~120gありますが、年齢とともにいくらか減少するようです。脾臓はからだのなかで、もっとも血管の多い臓器で、1日に350Lの血液が通過しています。気功・整体術での操法脳から脾臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎7番(T7)から、迷走神経を介して脾臓につながっています気功・整体術では胸椎7番の棘突起付近の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎7番の異常がみられます)神経の状態を改善させ脾臓へ送る信号を正常に整えます脾臓がある胃に接する左肋骨付近に、手を当て気を送ります

  • 02Jul
    • ガンを克服する免疫療法(6)|ガンが嫌がるアルカリ性の身体へ|『腎臓』について

      ガンを克服する免疫療法(6)|ガンが嫌がるアルカリ性の身体へ|『腎臓』について腎臓とガンとの関係ガンを克服するには弱った免疫力を高める必要があります逆な言い方をすれば免疫力が高ければ、ガン細胞と闘いガンにはならず免疫力が下がった結果、ガンになってしまうとも言えます免疫力を低下させる原因として体温の低下が挙げられます体温が低下すると免疫力が下がると、言われていますガン細胞は低体温を好みます正常な細胞は低体温になると免疫に対する活動が弱まります他に、強いストレスが続くと、自律神経のバランスが崩れその結果免疫力が低下しますもう一つ、ガン細胞は酸性の環境で活発に分裂します正常な細胞は、アルカリ性の環境で正常な免疫力を発揮します体温と酸性・アルカリ性に関係する重要な器官が腎臓です前回、紹介しました『脾臓』と今回紹介する『腎臓』は免疫力を高めてガンを克服するのに極めて重要な器官といえます腎臓の働き*************************すぐに役立つ暮らしの健康情報-メディカル・ライフ教育出版 より転載腎臓はどんな働きをする? 腎臓の、最もよく知られた働きは、身体のなかでいらなくなったもの、つまり老廃物を体外へ排出する、ということ。腎臓は、血液をろ過して老廃物や塩分を尿として体の外へ捨て、身体に必要なものは再吸収します。コーヒーフィルターのような役割を果たしているのです。腎臓にはほかにも、・血液をつくる・血圧を調整する・体液量とイオンバランス(酸性・アルカリ性)の調節・強い骨をつくるなどの働きがあります。 これらの働きはどれも、私たちが生命を維持していくうえで、とても重要です。こうした腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなり、老廃物や毒素が体内に溜まることで、尿毒症になってしまいます。  腎臓は、機能が著しく低下すれば、むくみや血尿が出ることもありますが、多くの場合、その自覚症状は、かなり進んでから、あるいは末期的な状態になってから現れます。そんなことから腎臓は、肝臓と共に「沈黙の臓器」と呼ばれたりします。 放置している間に症状が悪化、腎不全に至ると、生命を維持するためには、透析機による人工透析が必要になります。***********************低体温に弱い腎臓腎臓は器官の中で最も低体温に弱い臓器ですその為、体温を高めることが重要となります体温を高めることの効果・腎臓の働きを高める・血流を高めて免疫力を高める・腎臓の働きも活発にして、酸性・アルカリ性の調整を正常にさせる健康な体では腎臓の働きにより、弱アルカリ性に保たれていますしかし、腎臓の機能が低下すると弱アルカリ性が保たれなくなってしまいます乳製品や肉類の動物性タンパク質は酸性に傾いてしまいます梅干し等のアルカリ性食品を摂るように心がけ食生活からも、アルカリ性になるように心掛けしましょう気功・整体術での操法脳から腎臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎10番(T10)から、迷走神経を介して腎臓につながっています気功・整体術では①整体術胸椎10番の棘突起付近とその両側の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎10番の異常がみられます)神経の状態を改善させ腎臓へ送る信号を正常に整えます②気功肋骨の下の両側付近に腎臓があります主に、背中側から腎臓あるところに、手を当て気を送ります体温を高めるためには・食事、足湯、入浴、服装、運動などの生活習慣の改善・整体・気功術での施術が挙げられます 次回、紹介する予定です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(気功・整体術の指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容今回は、免疫機能について最も重要な器官の『脾臓』について紹介します人には、肺や腎臓、副腎のように二つある器官がありますこれは、この器官が機能しなければ生命を維持できない需要な器官だからでしょうそれとは別に、無くても生きてゆける器官もあります今回、紹介する器官、『脾臓』もそのひとつです無くても生きて行けるのに、何故存在するのでしょうか?免疫細胞と血液に関わり、健康に生きて行くには必要な器官だからでしょう『脾臓』の機能が弱くなれば、免疫細胞を造り出す力も弱くなります健全な免疫力が必要で『脾臓』を活性化させなければ、ガンとは闘えないでしょう以下、脾臓の働き・機能についてHPからの引用ですが紹介させていただきますHP 『MSDマニュアル プロフェッショナル判』より引用脾臓は,その構造と機能から,2つの臓器とみなすことができる。白脾髄は,動脈周囲のリンパ鞘と胚中心から構成され,免疫器官として機能する。赤脾髄は,マクロファージと顆粒球が内側を覆っている血管腔(脾索および脾洞)から構成され,食作用器官として機能する。白脾髄は,B細胞およびT細胞の産生および成熟の場所である。脾臓のB細胞は,感染防御のための可溶性抗体を産生するが,ある種の自己免疫疾患(例,免疫性血小板減少症[ITP],クームス試験陽性溶血性貧血)では,循環血成分を標的とする不適切な自己抗体が産生されることがある。赤脾髄では,抗体で覆われた細菌,老化赤血球,欠陥のある赤血球,および抗体で覆われた血球(ITPやクームス試験陽性溶血性貧血,一部の好中球減少症などの免疫性血球減少症でみられる)が除去される。また赤脾髄は,特に白血球および血小板といった血液成分の貯蔵所としても機能する。脾臓では,赤血球の選別および陥凹形成(pitting)の段階で,ハインツ小体(不溶性グロビンの凝集物),ハウエル-ジョリー小体(核の断片),核全体などの封入体が取り除かれる;そのため,脾臓摘出後または脾臓の機能低下時には,これらの封入体を含んだ赤血球が末梢循環に出現する。骨髄損傷(例,線維症または腫瘍によるもの)のために造血幹細胞が循環血中に放出され,それらが脾臓に再び定着できれば,成人の脾臓でも造血が行われる場合がある( 原発性骨髄線維症; 骨髄異形成症候群)。HP 『時事メディカル』より引用[脾臓の構造とはたらき] 脾臓(ひぞう)は左上腹部にあって、ふつうは肋骨の下に隠れています。重要な臓器ですが、大人では手術で取り除いても、からだに特に不都合を起こしません。それは骨髄(こつずい)その他が代わりにはたらいてくれるからです。しかし小児では、脾臓が免疫機能の発達上重要な役割を担っているため、免疫不全状態をきたしやすいといわれています。そこで、小児では脾機能亢進(こうしん)症を起こしていてもなるべく脾摘出をせずに、部分的脾動脈塞栓術をおこなうなどして、脾臓の一部を温存するような工夫がなされています。 脾臓には、血球をつくるとともに、血液を貯蔵し、また不要になった血球をこわす作用もあります。血液中に入った細菌など異物をとらえて処分したり、細菌に対する抗体をつくり出します。 最近、がんに対する抗体もつくり出す、あるいは逆に抗体をこわすなどいろいろいわれており、今後の研究がまたれます。血液凝固因子の一つの第Ⅷ因子をつくります。 重さは健康成人で80~120gありますが、年齢とともにいくらか減少するようです。脾臓はからだのなかで、もっとも血管の多い臓器で、1日に350Lの血液が通過しています。気功・整体術での操法脳から脾臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎7番(T7)から、迷走神経を介して脾臓につながっています気功・整体術では胸椎7番の棘突起付近の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎7番の異常がみられます)神経の状態を改善させ脾臓へ送る信号を正常に整えます脾臓がある胃に接する左肋骨付近に、手を当て気を送ります前々回のブログ内容ガンを克服する免疫療法(4)|気功・整体術の実際    |目には見えない現実と気について(後編)目には見えない『気』信じられないかもしれません目に見えない事例は他にも存在します『気』と直接は関係ないのですが目には見えない事例が日常生活に現実にあります◎メラトニン睡眠や生活のリズムに関するホルモンの『松果体』で生成される『メラトニン』とは明るい所で寝るのと暗い所で寝るのとの違いで、暗い所の方がメラトニンの分泌から見て、睡眠の効果が高いと言われています寝ている時には、目をつぶった状態なので明るくても、暗くてもどちらでも良いのではないのでしょう何故でしょう?松果体とはHP『光育(ひかりいく)』より引用*************************************第三の眼「松果体」漫画などでよく目にする、二つの眼の間に位置するもう一つの眼。実は、この眼は決して空想のものではありません。驚くことに、私たちの遠い祖先は「第三の眼」を持っており、私たちもその名残をとどめているのです。眼は、明暗を感知する原始的な機能に端を発し、ヒトを中心とする哺乳類の一部において、鮮明な像の感知、色の識別といった高度で複雑な機能をもつ器官に発達していったといわれています。この進化の過程で、脳に残ったといわれる眼こそが、第三の眼「松果体」です。松果体は「頭頂眼」と同じ起源を持っています。二つの眼同様、水晶体や網膜を持つ頭頂眼は、カマキリなど昆虫の一部や、トカゲ類の一部に現在も備わっており、ヒトを含むほとんどの動物が第三の目をもつ可能性があったという進化の変遷をそこに垣間見ることができます。松果体は頭蓋骨の中で成長するため、頭頂眼のように外見から認識することはできませんが、眼としての機能が退化した今でも、光に反応して働く細胞(光受容体)をもつことが確認されています。***********************************************◎『あくび』はうつる皆さんも、あくびは必ずすると思いますがその中で他の人のあくびが人にうつる、のを体験されたことが有るでしょう何故、あくびはうつるのでしょうHP『lifehacer』より引用***********************************なぜうつる? あくびの疑問を専門家にぶつけてみた脳の温度調節をしている説Gallup助教曰く、あくびには2つのフェーズがあります。息を吸いながら発生する、どうすることもできない長く大きな顎の開きと、そのあとに続く受動的なあごの閉じです。ここで、あくびに関する古い知識は捨ててください。疲れたときや眠たいときに脳に酸素を送るためのメカニズムだと、シンプルに考えたい気持ちはわかります。でも、本当はもっと複雑な理由があるかもしれないのです。Gallup助教はこう言います。 あくびが、脳の冷却を進めるための生理的プロセスを促していることがわかりました。つまり、脳に向かう血液の速さと温度が、あくびによって変化するということです。言い換えると、あくびをするだけで、脳のオーバーヒートを防げるということでしょう。では、疲れたときにあくびが出るのはなぜ? Gallup助教によると、体温が高いタイミングは、1日に2度訪れるといいます。朝、目が覚めると、体温は急速に上昇します。また、寝る前には、脳も身体も、1日でいちばん温度が高い状態になっています。そのため、朝と夜にあくびが出るのです。別の仮説として、あくびは身体に変化が生じるときのシンプルな移行ツールであるとする説もあります。あくびがうつる理由誰かのあくびがうつってしまった経験、あなたにもきっとありますよね。この記事を読んでいても、あくびという言葉を繰り返し読んでいるだけで、あくびが出てきませんか? Gallup助教によると、あくびには2つの種類があるそうです。1つが上で紹介した体内をきっかけとするもの、もう1つが伝染性のものです。伝染性のあくびとは、社会的なきっかけで起こるあくびと定義されます。ただ、研究はあまり進んでおらず、感情的な共感を示すサインであるという仮説があるだけです。 共感とは、他人の感情の影響を受けたり、共有したりする能力と定義されます。とある研究で、共感の測定スコアと伝染性のあくびの間には正の相関があるという証拠がある程度は示されています。でも、これに矛盾する結果もたくさんあります。つまり、誰かのあくびにつられやすいあなたは、他人に共感しやすい人といえるかも。とはいえ伝染性のあくびは、科学的な裏付けとは程遠いのですが(それでも、思いやりのある人間を自称したければどうぞご自由に!)。***********************************気による手当療法で説明するときにお腹や歯が痛い時人は、無意識に痛い所に、手を当てますそうすることによって、傷みが多少抑えられるのではないでしょうかと、説明します気は誰でも意識しないで出しています気の大きさはは人により違います呼吸や意識の訓練することにより、自在に気を操作できるようになります気により施術する場合大切なことは、◎気を自在に出すことと◎相手の気を、感じることが出来るようになることです血流が正常な所と、血流が停滞している所とでは相手の気の感覚が異なります個人差はありますが、手に受ける感覚が暖かい、冷たい手に受ける圧の違い等があります

  • 25Jun
    • ガンを克服する免疫療法(5)|免疫に重要な器官|免疫細胞の生産工場『脾臓』について

      ガンを克服する免疫療法(5)|免疫に重要な器官    |免疫細胞の生産工場、『脾臓』について今回は、免疫機能について最も重要な器官の『脾臓』について紹介します人には、肺や腎臓、副腎のように二つある器官がありますこれは、この器官が機能しなければ生命を維持できない需要な器官だからでしょうそれとは別に、無くても生きてゆける器官もあります今回、紹介する器官、『脾臓』もそのひとつです無くても生きて行けるのに、何故存在するのでしょうか?免疫細胞と血液に関わり、健康に生きて行くには必要な器官だからでしょう『脾臓』の機能が弱くなれば、免疫細胞を造り出す力も弱くなります健全な免疫力が必要で『脾臓』を活性化させなければ、ガンとは闘えないでしょう以下、脾臓の働き・機能についてHPからの引用ですが紹介させていただきますHP 『MSDマニュアル プロフェッショナル判』より引用脾臓は,その構造と機能から,2つの臓器とみなすことができる。白脾髄は,動脈周囲のリンパ鞘と胚中心から構成され,免疫器官として機能する。赤脾髄は,マクロファージと顆粒球が内側を覆っている血管腔(脾索および脾洞)から構成され,食作用器官として機能する。白脾髄は,B細胞およびT細胞の産生および成熟の場所である。脾臓のB細胞は,感染防御のための可溶性抗体を産生するが,ある種の自己免疫疾患(例,免疫性血小板減少症[ITP],クームス試験陽性溶血性貧血)では,循環血成分を標的とする不適切な自己抗体が産生されることがある。赤脾髄では,抗体で覆われた細菌,老化赤血球,欠陥のある赤血球,および抗体で覆われた血球(ITPやクームス試験陽性溶血性貧血,一部の好中球減少症などの免疫性血球減少症でみられる)が除去される。また赤脾髄は,特に白血球および血小板といった血液成分の貯蔵所としても機能する。脾臓では,赤血球の選別および陥凹形成(pitting)の段階で,ハインツ小体(不溶性グロビンの凝集物),ハウエル-ジョリー小体(核の断片),核全体などの封入体が取り除かれる;そのため,脾臓摘出後または脾臓の機能低下時には,これらの封入体を含んだ赤血球が末梢循環に出現する。骨髄損傷(例,線維症または腫瘍によるもの)のために造血幹細胞が循環血中に放出され,それらが脾臓に再び定着できれば,成人の脾臓でも造血が行われる場合がある( 原発性骨髄線維症; 骨髄異形成症候群)。HP 『時事メディカル』より引用[脾臓の構造とはたらき] 脾臓(ひぞう)は左上腹部にあって、ふつうは肋骨の下に隠れています。重要な臓器ですが、大人では手術で取り除いても、からだに特に不都合を起こしません。それは骨髄(こつずい)その他が代わりにはたらいてくれるからです。しかし小児では、脾臓が免疫機能の発達上重要な役割を担っているため、免疫不全状態をきたしやすいといわれています。そこで、小児では脾機能亢進(こうしん)症を起こしていてもなるべく脾摘出をせずに、部分的脾動脈塞栓術をおこなうなどして、脾臓の一部を温存するような工夫がなされています。 脾臓には、血球をつくるとともに、血液を貯蔵し、また不要になった血球をこわす作用もあります。血液中に入った細菌など異物をとらえて処分したり、細菌に対する抗体をつくり出します。 最近、がんに対する抗体もつくり出す、あるいは逆に抗体をこわすなどいろいろいわれており、今後の研究がまたれます。血液凝固因子の一つの第Ⅷ因子をつくります。 重さは健康成人で80~120gありますが、年齢とともにいくらか減少するようです。脾臓はからだのなかで、もっとも血管の多い臓器で、1日に350Lの血液が通過しています。気功・整体術での操法脳から脾臓への活動を制御する信号(交感神経、副交感神経)は胸椎7番(T7)から、迷走神経を介して脾臓につながっています気功・整体術では胸椎7番の棘突起付近の硬結や弛緩の状態をみて軽く指で押して気を当てる『愉気』により、硬結や弛緩を取り除きます(ガンを患われている方の多くは胸椎7番の異常がみられます)神経の状態を改善させ脾臓へ送る信号を正常に整えます脾臓がある胃に接する左肋骨付近に、手を当て気を送ります💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛にほんブログ村末期がんランキング健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容ガンを克服する免疫療法(4)|気功・整体術の実際    |目には見えない現実と気について(後編)目には見えない『気』信じられないかもしれません目に見えない事例は他にも存在します『気』と直接は関係ないのですが目には見えない事例が日常生活に現実にあります◎メラトニン睡眠や生活のリズムに関するホルモンの『松果体』で生成される『メラトニン』とは明るい所で寝るのと暗い所で寝るのとの違いで、暗い所の方がメラトニンの分泌から見て、睡眠の効果が高いと言われています寝ている時には、目をつぶった状態なので明るくても、暗くてもどちらでも良いのではないのでしょう何故でしょう?松果体とはHP『光育(ひかりいく)』より引用*************************************第三の眼「松果体」漫画などでよく目にする、二つの眼の間に位置するもう一つの眼。実は、この眼は決して空想のものではありません。驚くことに、私たちの遠い祖先は「第三の眼」を持っており、私たちもその名残をとどめているのです。眼は、明暗を感知する原始的な機能に端を発し、ヒトを中心とする哺乳類の一部において、鮮明な像の感知、色の識別といった高度で複雑な機能をもつ器官に発達していったといわれています。この進化の過程で、脳に残ったといわれる眼こそが、第三の眼「松果体」です。松果体は「頭頂眼」と同じ起源を持っています。二つの眼同様、水晶体や網膜を持つ頭頂眼は、カマキリなど昆虫の一部や、トカゲ類の一部に現在も備わっており、ヒトを含むほとんどの動物が第三の目をもつ可能性があったという進化の変遷をそこに垣間見ることができます。松果体は頭蓋骨の中で成長するため、頭頂眼のように外見から認識することはできませんが、眼としての機能が退化した今でも、光に反応して働く細胞(光受容体)をもつことが確認されています。***********************************************◎『あくび』はうつる皆さんも、あくびは必ずすると思いますがその中で他の人のあくびが人にうつる、のを体験されたことが有るでしょう何故、あくびはうつるのでしょうHP『lifehacer』より引用***********************************なぜうつる? あくびの疑問を専門家にぶつけてみた脳の温度調節をしている説Gallup助教曰く、あくびには2つのフェーズがあります。息を吸いながら発生する、どうすることもできない長く大きな顎の開きと、そのあとに続く受動的なあごの閉じです。ここで、あくびに関する古い知識は捨ててください。疲れたときや眠たいときに脳に酸素を送るためのメカニズムだと、シンプルに考えたい気持ちはわかります。でも、本当はもっと複雑な理由があるかもしれないのです。Gallup助教はこう言います。 あくびが、脳の冷却を進めるための生理的プロセスを促していることがわかりました。つまり、脳に向かう血液の速さと温度が、あくびによって変化するということです。言い換えると、あくびをするだけで、脳のオーバーヒートを防げるということでしょう。では、疲れたときにあくびが出るのはなぜ? Gallup助教によると、体温が高いタイミングは、1日に2度訪れるといいます。朝、目が覚めると、体温は急速に上昇します。また、寝る前には、脳も身体も、1日でいちばん温度が高い状態になっています。そのため、朝と夜にあくびが出るのです。別の仮説として、あくびは身体に変化が生じるときのシンプルな移行ツールであるとする説もあります。あくびがうつる理由誰かのあくびがうつってしまった経験、あなたにもきっとありますよね。この記事を読んでいても、あくびという言葉を繰り返し読んでいるだけで、あくびが出てきませんか? Gallup助教によると、あくびには2つの種類があるそうです。1つが上で紹介した体内をきっかけとするもの、もう1つが伝染性のものです。伝染性のあくびとは、社会的なきっかけで起こるあくびと定義されます。ただ、研究はあまり進んでおらず、感情的な共感を示すサインであるという仮説があるだけです。 共感とは、他人の感情の影響を受けたり、共有したりする能力と定義されます。とある研究で、共感の測定スコアと伝染性のあくびの間には正の相関があるという証拠がある程度は示されています。でも、これに矛盾する結果もたくさんあります。つまり、誰かのあくびにつられやすいあなたは、他人に共感しやすい人といえるかも。とはいえ伝染性のあくびは、科学的な裏付けとは程遠いのですが(それでも、思いやりのある人間を自称したければどうぞご自由に!)。***********************************気による手当療法で説明するときにお腹や歯が痛い時人は、無意識に痛い所に、手を当てますそうすることによって、傷みが多少抑えられるのではないでしょうかと、説明します気は誰でも意識しないで出しています気の大きさはは人により違います呼吸や意識の訓練することにより、自在に気を操作できるようになります気により施術する場合大切なことは、◎気を自在に出すことと◎相手の気を、感じることが出来るようになることです血流が正常な所と、血流が停滞している所とでは相手の気の感覚が異なります個人差はありますが、手に受ける感覚が暖かい、冷たい手に受ける圧の違い等があります前々回のブログ内容◎「気功」とは気功、本当にあるの?気は本当にあります気を当てると多くの方は気を当てた所が、温かく感じられます気の正体気は電磁波ではないかと考えています例えて言うと、微弱な電子レンジで患部を暖めて血流や神経の流れを改善させる方法ですどの個所にどのように気を当てるかが大きなポイントになります◎気功・整体術ここで使う整体とは気功と整体とを融合(愉気)させて施術します押す、揉むなどの整体ではなく、軽く押さえて愉気します施術方法①頸椎(背骨)に輸気を行う器官を活性化させる方法頸椎に通っているそれぞれの器官の自律神経(交感神経:アクセルON、副交感神経アクセルOFF)がありますおおよそ、椎骨から出ている自律神経は、器官の近くの椎骨から出ていますその交感神経から迷走神経を経由して、各器官へ行き渡ります器官が不調な場合、神経が詰まった状態で周りの筋肉が凝った(硬結)になっていますこの凝った筋肉を、愉気して神経の流れを良くします②患部に直接気を当てる体の表面から、直接患部に気を当てますこの場合は、手のひら全体で気を当て面で気を当てる感覚です◎施術のポイント気功・整体術・副腎:椎骨の胸椎8番・腎臓:胸椎10番・脾臓:胸椎10番・胸腺:胸椎5番・脳(ストレス、自律神経のバランス):頭蓋骨頂点・患部(ガンの器官)に対応する頸椎気功気功による上記の器官その他・血流の改善、体温を上げる主に足・脚部骨盤調整多くのがんの方の骨盤は、右下がり左開きでこれを右上がり、左閉じに調整します

  • 24Jun
    • ガンを克服する免疫療法(4)|見えない現実と気について|気功・整体の実際

       ガンを克服する免疫療法(4)|気功・整体術の実際    |目には見えない現実と気について(後編)目には見えない『気』信じられないかもしれません目に見えない事例は他にも存在します『気』と直接は関係ないのですが目には見えない事例が日常生活に現実にあります◎メラトニン睡眠や生活のリズムに関するホルモンの『松果体』で生成される『メラトニン』とは明るい所で寝るのと暗い所で寝るのとの違いで、暗い所の方がメラトニンの分泌から見て、睡眠の効果が高いと言われています寝ている時には、目をつぶった状態なので明るくても、暗くてもどちらでも良いのではないのでしょう何故でしょう?松果体とはHP『光育(ひかりいく)』より引用*************************************第三の眼「松果体」漫画などでよく目にする、二つの眼の間に位置するもう一つの眼。実は、この眼は決して空想のものではありません。驚くことに、私たちの遠い祖先は「第三の眼」を持っており、私たちもその名残をとどめているのです。眼は、明暗を感知する原始的な機能に端を発し、ヒトを中心とする哺乳類の一部において、鮮明な像の感知、色の識別といった高度で複雑な機能をもつ器官に発達していったといわれています。この進化の過程で、脳に残ったといわれる眼こそが、第三の眼「松果体」です。松果体は「頭頂眼」と同じ起源を持っています。二つの眼同様、水晶体や網膜を持つ頭頂眼は、カマキリなど昆虫の一部や、トカゲ類の一部に現在も備わっており、ヒトを含むほとんどの動物が第三の目をもつ可能性があったという進化の変遷をそこに垣間見ることができます。松果体は頭蓋骨の中で成長するため、頭頂眼のように外見から認識することはできませんが、眼としての機能が退化した今でも、光に反応して働く細胞(光受容体)をもつことが確認されています。***********************************************◎『あくび』はうつる皆さんも、あくびは必ずすると思いますがその中で他の人のあくびが人にうつる、のを体験されたことが有るでしょう何故、あくびはうつるのでしょうHP『lifehacer』より引用***********************************なぜうつる? あくびの疑問を専門家にぶつけてみた脳の温度調節をしている説Gallup助教曰く、あくびには2つのフェーズがあります。息を吸いながら発生する、どうすることもできない長く大きな顎の開きと、そのあとに続く受動的なあごの閉じです。ここで、あくびに関する古い知識は捨ててください。疲れたときや眠たいときに脳に酸素を送るためのメカニズムだと、シンプルに考えたい気持ちはわかります。でも、本当はもっと複雑な理由があるかもしれないのです。Gallup助教はこう言います。 あくびが、脳の冷却を進めるための生理的プロセスを促していることがわかりました。つまり、脳に向かう血液の速さと温度が、あくびによって変化するということです。言い換えると、あくびをするだけで、脳のオーバーヒートを防げるということでしょう。では、疲れたときにあくびが出るのはなぜ? Gallup助教によると、体温が高いタイミングは、1日に2度訪れるといいます。朝、目が覚めると、体温は急速に上昇します。また、寝る前には、脳も身体も、1日でいちばん温度が高い状態になっています。そのため、朝と夜にあくびが出るのです。別の仮説として、あくびは身体に変化が生じるときのシンプルな移行ツールであるとする説もあります。あくびがうつる理由誰かのあくびがうつってしまった経験、あなたにもきっとありますよね。この記事を読んでいても、あくびという言葉を繰り返し読んでいるだけで、あくびが出てきませんか? Gallup助教によると、あくびには2つの種類があるそうです。1つが上で紹介した体内をきっかけとするもの、もう1つが伝染性のものです。伝染性のあくびとは、社会的なきっかけで起こるあくびと定義されます。ただ、研究はあまり進んでおらず、感情的な共感を示すサインであるという仮説があるだけです。 共感とは、他人の感情の影響を受けたり、共有したりする能力と定義されます。とある研究で、共感の測定スコアと伝染性のあくびの間には正の相関があるという証拠がある程度は示されています。でも、これに矛盾する結果もたくさんあります。つまり、誰かのあくびにつられやすいあなたは、他人に共感しやすい人といえるかも。とはいえ伝染性のあくびは、科学的な裏付けとは程遠いのですが(それでも、思いやりのある人間を自称したければどうぞご自由に!)。***********************************気による手当療法で説明するときにお腹や歯が痛い時人は、無意識に痛い所に、手を当てますそうすることによって、傷みが多少抑えられるのではないでしょうかと、説明します気は誰でも意識しないで出しています気の大きさはは人により違います呼吸や意識の訓練することにより、自在に気を操作できるようになります気により施術する場合大切なことは、◎気を自在に出すことと◎相手の気を、感じることが出来るようになることです血流が正常な所と、血流が停滞している所とでは相手の気の感覚が異なります個人差はありますが、手に受ける感覚が暖かい、冷たい手に受ける圧の違い等があります💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛にほんブログ村末期がんランキング健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容◎「気功」とは気功、本当にあるの?気は本当にあります気を当てると多くの方は気を当てた所が、温かく感じられます気の正体気は電磁波ではないかと考えています例えて言うと、微弱な電子レンジで患部を暖めて血流や神経の流れを改善させる方法ですどの個所にどのように気を当てるかが大きなポイントになります◎気功・整体術ここで使う整体とは気功と整体とを融合(愉気)させて施術します押す、揉むなどの整体ではなく、軽く押さえて愉気します施術方法①頸椎(背骨)に輸気を行う器官を活性化させる方法頸椎に通っているそれぞれの器官の自律神経(交感神経:アクセルON、副交感神経アクセルOFF)がありますおおよそ、椎骨から出ている自律神経は、器官の近くの椎骨から出ていますその交感神経から迷走神経を経由して、各器官へ行き渡ります器官が不調な場合、神経が詰まった状態で周りの筋肉が凝った(硬結)になっていますこの凝った筋肉を、愉気して神経の流れを良くします②患部に直接気を当てる体の表面から、直接患部に気を当てますこの場合は、手のひら全体で気を当て面で気を当てる感覚です◎施術のポイント気功・整体術・副腎:椎骨の胸椎8番・腎臓:胸椎10番・脾臓:胸椎10番・胸腺:胸椎5番・脳(ストレス、自律神経のバランス):頭蓋骨頂点・患部(ガンの器官)に対応する頸椎気功気功による上記の器官その他・血流の改善、体温を上げる主に足・脚部骨盤調整多くのがんの方の骨盤は、右下がり左開きでこれを右上がり、左閉じに調整します前々回のブログ内容最初に現在のガン医療に思うことガンを克服するには●ガン体質の克服●免疫力の強化の2点が必要ですこれらの、どちらかが欠けてもガンを克服するのは難しいでしょうしかし、現在の医療ではガン体質の改善及び免疫力の強化には目もくれず先日、報道で『白血病新薬「キムリア」保険適用 3349万円』という記事に代表されるように高価な抗がん剤を厚労省に保険適用できるように、やっきになっているように感じます今、製薬業界ではガンを根治できる抗がん剤を真剣に開発しているのでしょうかもし、もしもですね1錠が1万円で全てのガンが治る薬が開発できたとしましょうかこの薬は、世に出るでしょうか?1錠が5000万円なら世に出るでしょうおそらく、1万円の薬は闇から闇へ葬り去られるのではないでしょうかこれが、莫大な利権がうごめく、厚労省、製薬業界、医療界でしょう身近な例としては、高濃度ビタミンC療法ですが保険適用の許認可は取れていないのが現状です根治が出来ない、抗がん剤の認可について開発された抗がん剤が認可されるには最終は人に抗がん剤を投与し、効果を見定める「治験」によりガンに対する効果を確認しますしかし、効果判定は根治の見定めではありませんガン細胞が消滅しなくても、治験を受けたガン患者の2割のガン患者が6か月以内ににガンが小さくなれば認可されてしまいますしかし、ガン縮小は長くは続きませんなぜなら生き残ったガンは、したたかに生き延びようとして、抗がん剤に耐えるように「耐性」を持ち又、増殖速度も速く活発になり散らばって行きますこれが、新たな住み家を求めて、抗がん剤治療後に多く発生する転移がありますそれと、増殖速度が速くなり、ガンが年、十年単位で大きくなるのが。月単位で大きくなってしまいますしかし、しかし6か月以降に、たとえガン細胞が耐性を持って転移しようが、増殖速度が速まろうが免疫が下がり間質性肺炎等になろうが治験の2割の患者が、一時期に無理やりガンを抑え込むことができれば抗がん剤として、認可されてしまいます医師が見向きもしないガン体質ガン体質●低体温●酸性体質●(血液中の)酸素不足●自律神経 交感神経、副交感神経のアンバランスによるストレスの軽減●抗酸化体質 活性酸素を除去できる抗酸化体質等はガンの克服に大きく影響しますしかし、医師(現在の医療)はこれらのガン体質の改善の必要性に見向きもしませんナゼでしょうか?それは、医師(現在の医療)は、ガン体質の改善させる方法を知らないのか知っていても、治療としては成り立たないためお金を取れないお得意のエビデンスが無いので、手を出さない等々の理由からでしょう気功・整体術でガンが治せるか?免疫力の強化+ガン体質からの脱却気功・整体術では主に免疫力を強化させます免疫力を強化するには・体温を上げる・免疫器官の活性化すれば、免疫力が向上します免疫力が強化できれば、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘いガンの縮小が望めます人は皆、一日に5000個のガン細胞が発生しています健康な人は、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘い、勝率100%でガンにはなりません免疫力の強化がガンに対し、如何に大切かその免疫力の強化の強化で生活習慣の改善だけでは出来ない、免疫器官の強化があります免疫器官の強化方法免疫器官免疫器官とし・脾臓・腎臓・副腎・胸腺・脳(交感神経のバランス)が挙げられます次回は、気功・整体術の実際について紹介する予定です

  • 18Jun
    • ガンを克服する免疫療法(3)|気功・整体の実際|気功・整体術で免疫力を高めガンを克服する(後編)

       ガンを克服する免疫療法(3)|気功・整体術の実際    |気功・整体術で免疫力を高めガンを克服する(中編)◎「気功」とは気功、本当にあるの?気は本当にあります気を当てると多くの方は気を当てた所が、温かく感じられます気の正体気は電磁波ではないかと考えています例えて言うと、微弱な電子レンジで患部を暖めて血流や神経の流れを改善させる方法ですどの個所にどのように気を当てるかが大きなポイントになります◎気功・整体術ここで使う整体とは気功と整体とを融合(愉気)させて施術します押す、揉むなどの整体ではなく、軽く押さえて愉気します施術方法①頸椎(背骨)に輸気を行う器官を活性化させる方法頸椎に通っているそれぞれの器官の自律神経(交感神経:アクセルON、副交感神経アクセルOFF)がありますおおよそ、椎骨から出ている自律神経は、器官の近くの椎骨から出ていますその交感神経から迷走神経を経由して、各器官へ行き渡ります器官が不調な場合、神経が詰まった状態で周りの筋肉が凝った(硬結)になっていますこの凝った筋肉を、愉気して神経の流れを良くします②患部に直接気を当てる体の表面から、直接患部に気を当てますこの場合は、手のひら全体で気を当て面で気を当てる感覚です◎施術のポイント気功・整体術・副腎:椎骨の胸椎8番・腎臓:胸椎10番・脾臓:胸椎10番・胸腺:胸椎5番・脳(ストレス、自律神経のバランス):頭蓋骨頂点・患部(ガンの器官)に対応する頸椎気功気功による上記の器官その他・血流の改善、体温を上げる主に足・脚部骨盤調整多くのがんの方の骨盤は、右下がり左開きでこれを右上がり、左閉じに調整します💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛にほんブログ村末期がんランキング健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容最初に現在のガン医療に思うことガンを克服するには●ガン体質の克服●免疫力の強化の2点が必要ですこれらの、どちらかが欠けてもガンを克服するのは難しいでしょうしかし、現在の医療ではガン体質の改善及び免疫力の強化には目もくれず先日、報道で『白血病新薬「キムリア」保険適用 3349万円』という記事に代表されるように高価な抗がん剤を厚労省に保険適用できるように、やっきになっているように感じます今、製薬業界ではガンを根治できる抗がん剤を真剣に開発しているのでしょうかもし、もしもですね1錠が1万円で全てのガンが治る薬が開発できたとしましょうかこの薬は、世に出るでしょうか?1錠が5000万円なら世に出るでしょうおそらく、1万円の薬は闇から闇へ葬り去られるのではないでしょうかこれが、莫大な利権がうごめく、厚労省、製薬業界、医療界でしょう身近な例としては、高濃度ビタミンC療法ですが保険適用の許認可は取れていないのが現状です根治が出来ない、抗がん剤の認可について開発された抗がん剤が認可されるには最終は人に抗がん剤を投与し、効果を見定める「治験」によりガンに対する効果を確認しますしかし、効果判定は根治の見定めではありませんガン細胞が消滅しなくても、治験を受けたガン患者の2割のガン患者が6か月以内ににガンが小さくなれば認可されてしまいますしかし、ガン縮小は長くは続きませんなぜなら生き残ったガンは、したたかに生き延びようとして、抗がん剤に耐えるように「耐性」を持ち又、増殖速度も速く活発になり散らばって行きますこれが、新たな住み家を求めて、抗がん剤治療後に多く発生する転移がありますそれと、増殖速度が速くなり、ガンが年、十年単位で大きくなるのが。月単位で大きくなってしまいますしかし、しかし6か月以降に、たとえガン細胞が耐性を持って転移しようが、増殖速度が速まろうが免疫が下がり間質性肺炎等になろうが治験の2割の患者が、一時期に無理やりガンを抑え込むことができれば抗がん剤として、認可されてしまいます医師が見向きもしないガン体質ガン体質●低体温●酸性体質●(血液中の)酸素不足●自律神経 交感神経、副交感神経のアンバランスによるストレスの軽減●抗酸化体質 活性酸素を除去できる抗酸化体質等はガンの克服に大きく影響しますしかし、医師(現在の医療)はこれらのガン体質の改善の必要性に見向きもしませんナゼでしょうか?それは、医師(現在の医療)は、ガン体質の改善させる方法を知らないのか知っていても、治療としては成り立たないためお金を取れないお得意のエビデンスが無いので、手を出さない等々の理由からでしょう気功・整体術でガンが治せるか?免疫力の強化+ガン体質からの脱却気功・整体術では主に免疫力を強化させます免疫力を強化するには・体温を上げる・免疫器官の活性化すれば、免疫力が向上します免疫力が強化できれば、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘いガンの縮小が望めます人は皆、一日に5000個のガン細胞が発生しています健康な人は、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘い、勝率100%でガンにはなりません免疫力の強化がガンに対し、如何に大切かその免疫力の強化の強化で生活習慣の改善だけでは出来ない、免疫器官の強化があります免疫器官の強化方法免疫器官免疫器官とし・脾臓・腎臓・副腎・胸腺・脳(交感神経のバランス)が挙げられます次回は、気功・整体術の実際について紹介する予定です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛

  • 15Jun
    • ガンを克服する免疫療法(2)|気功・整体術で免疫力を高めガンを克服する(前編)

       ガンを克服する免疫療法(2)|気功・整体術で免疫力を高めガンを克服する(前編)最初に現在のガン医療に思うことガンを克服するには●ガン体質の克服●免疫力の強化の2点が必要ですこれらの、どちらかが欠けてもガンを克服するのは難しいでしょうしかし、現在の医療ではガン体質の改善及び免疫力の強化には目もくれず先日、報道で『白血病新薬「キムリア」保険適用 3349万円』という記事に代表されるように高価な抗がん剤を厚労省に保険適用できるように、やっきになっているように感じます今、製薬業界ではガンを根治できる抗がん剤を真剣に開発しているのでしょうかもし、もしもですね1錠が1万円で全てのガンが治る薬が開発できたとしましょうかこの薬は、世に出るでしょうか?1錠が5000万円なら世に出るでしょうおそらく、1万円の薬は闇から闇へ葬り去られるのではないでしょうかこれが、莫大な利権がうごめく、厚労省、製薬業界、医療界でしょう身近な例としては、高濃度ビタミンC療法ですが保険適用の許認可は取れていないのが現状です根治が出来ない、抗がん剤の認可について開発された抗がん剤が認可されるには最終は人に抗がん剤を投与し、効果を見定める「治験」によりガンに対する効果を確認しますしかし、効果判定は根治の見定めではありませんガン細胞が消滅しなくても、治験を受けたガン患者の2割のガン患者が6か月以内ににガンが小さくなれば認可されてしまいますしかし、ガン縮小は長くは続きませんなぜなら生き残ったガンは、したたかに生き延びようとして、抗がん剤に耐えるように「耐性」を持ち又、増殖速度も速く活発になり散らばって行きますこれが、新たな住み家を求めて、抗がん剤治療後に多く発生する転移がありますそれと、増殖速度が速くなり、ガンが年、十年単位で大きくなるのが。月単位で大きくなってしまいますしかし、しかし6か月以降に、たとえガン細胞が耐性を持って転移しようが、増殖速度が速まろうが免疫が下がり間質性肺炎等になろうが治験の2割の患者が、一時期に無理やりガンを抑え込むことができれば抗がん剤として、認可されてしまいます医師が見向きもしないガン体質ガン体質●低体温●酸性体質●(血液中の)酸素不足●自律神経 交感神経、副交感神経のアンバランスによるストレスの軽減●抗酸化体質 活性酸素を除去できる抗酸化体質等はガンの克服に大きく影響しますしかし、医師(現在の医療)はこれらのガン体質の改善の必要性に見向きもしませんナゼでしょうか?それは、医師(現在の医療)は、ガン体質の改善させる方法を知らないのか知っていても、治療としては成り立たないためお金を取れないお得意のエビデンスが無いので、手を出さない等々の理由からでしょう気功・整体術でガンが治せるか?免疫力の強化+ガン体質からの脱却気功・整体術では主に免疫力を強化させます免疫力を強化するには・体温を上げる・免疫器官の活性化すれば、免疫力が向上します免疫力が強化できれば、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘いガンの縮小が望めます人は皆、一日に5000個のガン細胞が発生しています健康な人は、白血球やミトコンドリアがガン細胞と闘い、勝率100%でガンにはなりません免疫力の強化がガンに対し、如何に大切かその免疫力の強化の強化で生活習慣の改善だけでは出来ない、免疫器官の強化があります免疫器官の強化方法免疫器官免疫器官とし・脾臓・腎臓・副腎・胸腺・脳(交感神経のバランス)が挙げられます次回は、気功・整体術の実際について紹介する予定です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛にほんブログ村末期がんランキング健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容ガンを治す|ガンに打ち勝つ本当の免疫療法(1)|ガン体質からの脱却本当の免疫療法とは免疫療法の定義としては「免疫力を高めて、免疫力により、ガン細胞を殺傷する治療法」ではないでしょうかがん患者の多くは、免疫力が弱くなり人が本来持っている免疫力を高め免疫細胞の白血球やミトコンドリアを元気にさせて、ガンに打ち勝つことでは無いでしょうか現在の医療で言われている『免疫療法』は免疫力を高める療法ではありませんガン細胞が免疫からの攻撃を防ぐために『抗体』を持つ場合がありその抗体を取り除く療法ですしかし、抗体は全てのガン細胞が持っているのではなく又、抗体もいくつかの種類がありますオプジーボで代表される療法では、治療効果は30%以下です又、その効果においてはガンが治る(根治)以外に、縮小することも含んだ30%ですその為、再発や転移の可能性も考えられます【ガン体質からの脱却】再発や転移を防ぐためにはガンが育ちにくい体にする必要がありますガン体質とは①低体温 35度の低体温 低体温になると、白血球の免疫細胞やミトコンドリアの働きが弱くなり免疫力が弱くなります☆45度前後の足湯又は脚湯を6分間、出来れば睡眠前に励行する②酸性体質 本来人のPh値は、7.3前後の弱アルカリ性に保つように、主に腎臓で調節されています しかし、酸性体質(中性のPh値は7.0)になり免疫細胞やミトコンドリアの働きが弱くなります☆食事の見直し 肉類のタンパク質や糖分は避け、植物性タンパク質を摂る アルカリ性食品(梅干し等)を摂る 海藻等の魚介類を摂る 緑黄色野菜、根菜類を摂る③血流不足 体の隅々まで十分な血液が行き渡らなくなり、十分な酸素が細胞に届きません 体温を上げるたまには酸素が必要で体温が上がりにくくなります☆運動、腹七分 激しい運動は避け、散歩やウォーキング等の有酸素運動を行い血液の循環を良くする 満腹になると、消化器系に多く血液が行くため、免疫器官へは血液が行き届きにくくなります 又、ガン細胞を細胞死(アポトーシス)させるミトコンドリアは十分な酸素と空腹の状態で活発になります ④ストレス・睡眠ストレスによる交感神経の過緊張の持続により、副交感神経の体の修復機能が十分に発揮されません睡眠時は副交感神経が主に働いている状態で、寝ている間に体が修復されます⑤免疫を担う器官ガン患者の多くは免疫を担う器官が弱くなっています 脾臓:免疫細胞の白血球を作り出す細胞 腎臓:体に不要な物を排出し血液を浄化、体内のPh値の調整 副腎:体を調節させるホルモンを分泌する 胸腺:免疫細胞の教育・選別 脳:視床下部や脳幹、間脳、松果体など自律神経に関連した、生命を維持させる脳の部分健康(正常)な細胞は、ガン体質の逆の環境で元気に生きて行きますガン細胞は、ガン体質の環境で元気に生きて行きますこの為、ガンと闘い勝利するには『がん体質』から抜け出す事が必要です上記の①から④までは、ガンと闘う基本で生活習慣を見直せば改善できるでしょうしかし、⑤の免疫を担う器官は、生活習慣を見直しただけでは強化できません生活習慣の改善だけで多くのがん患者が治れば年間40万人の人が、ガンで亡くなったり、二人に一人がガンになることはありませんガンと闘い、勝利するには今より免疫力をより強力すれば、大きな希望になるでしょう次回は、⑤の免疫を担う器官の強化についてを案内させていただきます

  • 20Apr
    • ガンを治す|ガンに打ち勝つ本当の免疫療法(1)|ガン体質からの脱却

       ガンを治す|ガンに打ち勝つ本当の免疫療法(1)|ガン体質からの脱却本当の免疫療法とは免疫療法の定義としては「免疫力を高めて、免疫力により、ガン細胞を殺傷する治療法」ではないでしょうかがん患者の多くは、免疫力が弱くなり人が本来持っている免疫力を高め免疫細胞の白血球やミトコンドリアを元気にさせて、ガンに打ち勝つことでは無いでしょうか現在の医療で言われている『免疫療法』は免疫力を高める療法ではありませんガン細胞が免疫からの攻撃を防ぐために『抗体』を持つ場合がありその抗体を取り除く療法ですしかし、抗体は全てのガン細胞が持っているのではなく又、抗体もいくつかの種類がありますオプジーボで代表される療法では、治療効果は30%以下です又、その効果においてはガンが治る(根治)以外に、縮小することも含んだ30%ですその為、再発や転移の可能性も考えられます【ガン体質からの脱却】再発や転移を防ぐためにはガンが育ちにくい体にする必要がありますガン体質とは①低体温 35度の低体温 低体温になると、白血球の免疫細胞やミトコンドリアの働きが弱くなり免疫力が弱くなります☆45度前後の足湯又は脚湯を6分間、出来れば睡眠前に励行する②酸性体質 本来人のPh値は、7.3前後の弱アルカリ性に保つように、主に腎臓で調節されています しかし、酸性体質(中性のPh値は7.0)になり免疫細胞やミトコンドリアの働きが弱くなります☆食事の見直し 肉類のタンパク質や糖分は避け、植物性タンパク質を摂る アルカリ性食品(梅干し等)を摂る 海藻等の魚介類を摂る 緑黄色野菜、根菜類を摂る③血流不足 体の隅々まで十分な血液が行き渡らなくなり、十分な酸素が細胞に届きません 体温を上げるたまには酸素が必要で体温が上がりにくくなります☆運動、腹七分 激しい運動は避け、散歩やウォーキング等の有酸素運動を行い血液の循環を良くする 満腹になると、消化器系に多く血液が行くため、免疫器官へは血液が行き届きにくくなります 又、ガン細胞を細胞死(アポトーシス)させるミトコンドリアは十分な酸素と空腹の状態で活発になります ④ストレス・睡眠ストレスによる交感神経の過緊張の持続により、副交感神経の体の修復機能が十分に発揮されません睡眠時は副交感神経が主に働いている状態で、寝ている間に体が修復されます⑤免疫を担う器官ガン患者の多くは免疫を担う器官が弱くなっています 脾臓:免疫細胞の白血球を作り出す細胞 腎臓:体に不要な物を排出し血液を浄化、体内のPh値の調整 副腎:体を調節させるホルモンを分泌する 胸腺:免疫細胞の教育・選別 脳:視床下部や脳幹、間脳、松果体など自律神経に関連した、生命を維持させる脳の部分健康(正常)な細胞は、ガン体質の逆の環境で元気に生きて行きますガン細胞は、ガン体質の環境で元気に生きて行きますこの為、ガンと闘い勝利するには『がん体質』から抜け出す事が必要です上記の①から④までは、ガンと闘う基本で生活習慣を見直せば改善できるでしょうしかし、⑤の免疫を担う器官は、生活習慣を見直しただけでは強化できません生活習慣の改善だけで多くのがん患者が治れば年間40万人の人が、ガンで亡くなったり、二人に一人がガンになることはありませんガンと闘い、勝利するには今より免疫力をより強力すれば、大きな希望になるでしょう次回は、⑤の免疫を担う器官の強化についてを案内させていただきます💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛にほんブログ村末期がんランキング健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛

  • 15Apr
    • ガンを治す|偽の免疫療法、医師には出来ない免疫療法(2)|ガン治療の現実

       ガンを治す|偽の免疫療法、医師には出来ない免疫療法(2)|ガン治療の現実免疫療法とは免疫療法の定義としては「免疫力を高めて、免疫力により、ガン細胞を殺傷する治療法」ではないでしょうか現在、保険適用及び保険適用以外の代表的な免疫療法は以下の内容です①オプジーボに代表される『免疫チェックポイント阻害剤療法』  免疫細胞(T細胞)がガン細胞を攻撃するが、ガン細胞が抗体のPD-L1等を持っていると 免疫細胞はガン細胞攻撃できなくなってしまいます この抗体の効果をオプジーボにより無くす治療法が『免疫チェックポイント阻害剤療法』 です しかし、PD-L1等は全てのガン細胞が持っているのではなく、又正常な細胞でも、免疫細胞からの不要な攻撃を避けるために持っています 全てのガン細胞が抗体を持っているのでは無く、治療効果は高くても30%で、効果がない場合もあります正常細胞が免疫細胞から身を守るために持っている抗体も無くしてしまい、副作用として以下の代表的な自己免疫疾患があります・筋ジストロフィー・重症筋無力症・心筋炎・間質性肺炎・I型糖尿病 この療法は、人が本来持っている免疫力を高めるのではなく、「免疫力を高めて、免疫力により、ガン細胞を殺傷する治療法」ではありません*現在、臨床応用が進んでいる主な免疫チェックポイント阻害薬には、抗CTLA-4抗体、抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体などがあります②がん光免疫療法使用する分子標的薬をガン細胞に効率良く届ける方法を、近赤外線とIR700により工夫されています治療する効果は『免疫チェックポイント阻害剤療法』と同様ですただ近赤外線が患部に届かないと、治療が出来ない為、現時点では表皮でのガンには有効ですが、浸潤しているガンには問題は解決されていません現時点では、表皮ガンの第三相の治験が米国で進行中です③免疫細胞を培養し、体内に戻す  免疫細胞(T細胞、NK細胞等の)培養 保険適用外で、標準治療を実施している医師や学会等からは懐疑的な報道がされていますしかし、免疫細胞を増やして治療する、本来の免疫療法と言えるでしょう患者自身から、白血球の中のT細胞やNK細胞等を抽出・培養し免疫力を高めて体内に戻す治療方法です人の細胞には免疫細胞を含め、代謝が繰り返され寿命がありますせっかく、免疫力が高まっても外から入れられた免疫細胞では次はありません新たに、体外から注入しなければいけません問題なのは、人が持つ免疫システムはT細胞やNK細胞細胞だけではありません人の免疫システムは自分の体は自分自身(免疫システム)がよく知っている樹状細胞、マクロファージ、リンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞等)、顆粒球等ののコンビネーションプレーで非自己細胞である、ガン細胞や細菌、ウィルス等を攻撃・殺傷しますまだまだ、現在の医療技術では、人が持つ(健康な)免疫システムに復元するには程遠いのでしょうか************************************【補足説明】白血球の種類白血球は、からだの中に侵入してきたウイルスや細菌などから、常にからだを守り続ける免疫細胞です。からだの中では多種多彩な免疫細胞(白血球の仲間達)が、緻密なチームプレーで異物と戦っています。【樹状細胞(じゅじょうさいぼう)】外気に触れる鼻腔、肺、胃、腸管、皮膚などに主に存在している細胞です。名前のとおり枝のような突起(樹状突起)を周囲に伸ばしています。樹状細胞は、異物を自分の中に取り込み、その異物の特徴(抗原)を他の免疫細胞に伝える働きを持ちます。実際には、抗原を取り込んだ樹状細胞は、リンパ節などのリンパ器官へ移動し、T細胞やB細胞などに抗原情報を伝えることで、それら免疫細胞を活性化させます。活性化されたT細胞やB細胞が、異物を攻撃します。【マクロファージ】マクロファージはアメーバ状の細胞です。からだの中に侵入してきた異物を発見すると、自分の中にそれを取り込んで消化します。また一部のマクロファージは、異物の特徴 (抗原)を細胞表面に出すことで、外敵の存在を他の免疫細胞に伝えます。 そのほか、他の免疫細胞と共同で、TNF-α、インターロイキン、インターフェロンなど、主に免疫細胞を活性化させるサイトカインという物質産生にも関与します。【リンパ球(T・B・NK細胞)】★ T細胞ウイルスなどに感染した細胞を見つけて排除します。T細胞は、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、制御性T細胞の3種類があり、それぞれ司令塔、殺し屋、クローザーの役割があります。① キラーT細胞は樹状細胞から抗原情報を受け取り、ウィルスが感染した細胞やがん細胞にとりつき、排除する、といういわゆる「殺し屋」の働きを持っています。②  ヘルパーT細胞は、樹状細胞やマクロファージから異物の情報(抗原)を受け取り、サイトカインなどの免疫活性化物質などを産生します。③ 制御性T細胞は、キラーT細胞が正常細胞へ攻撃をしないよう、キラーT細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導く、野球でいう「クローザー」の役割を担っています。④ αβT細胞(アルファベータT細胞)は、αβT細胞療法に利用される、α鎖とβ鎖からなるT細胞受容体を有するT細胞の総称です。抗CD3抗体とIL-2を使用して選択的に増殖させることが可能です。αβT細胞療法は、一般に活性化自己リンパ球療法(LAK療法)とよばれている免疫細胞療法の一種です。⑤ γδT細胞(ガンマデルタT細胞)は、α鎖、β鎖と呼ばれる2つの糖タンパク質から構成されるT細胞受容体を持つT細胞の総称です。γδT細胞は、αβT細胞と比べると少数ですが、この末梢血中に存在するγδT細胞には、がん細胞を認識して攻撃する能力があることが明らかになっています。⑥ ナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)は、T細胞とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の両方の特徴を持つT細胞の亜種です。NKT細胞は末梢血中T細胞のわずか0.1%程度しか存在しません。活性化されたNKT細胞は、サイトカイン(IFN-γなど)を産生したり、Fasリガンドやパーフォリン・グランザイムによるがん細胞への障害活性を示します。★ B細胞B細胞は骨髄に存在して、抗体を産生する免疫細胞です。血液の元となる細胞(造血幹細胞)から作られ、樹状細胞の指令を受けると、外敵や異物を攻撃する「抗体」を作り、異物の排除を手助けします。また、B細胞は、細胞ごとに作る抗体の種類が決まっています。あるB細胞が作り出す抗体に適合した外敵が出現した場合にのみ、そのB細胞は活性化して、抗体を産生します。★ NK(ナチュラルキラー)細胞いつもからだの中をパトロールしています。ウイルスに感染した細胞などを発見すると単独で攻撃をしかけます。T細胞とは異なり、他からの指示を必要とせず、一人で外敵や異物を攻撃できるため、生まれつき(natural)の殺し屋(killer)という名前が付けられています。【顆粒球の役割】 ★  好中球(こうちゅうきゅう)強い貪食作用や殺菌能力を持ち、主に細菌やカビを攻撃します。★ 好酸球(こうさんきゅう)< 寄生虫の感染に対する免疫を担当しています。また、アレルギー反応などが起こった時に増加します。★ 好塩基球(こうえんききゅう)細胞内にヒスタミンなど種々の生理活性物質を含有していて、主に炎症反応に関与します。💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容現在のガン治療では、ステージ3以上の転移や再発のガンがなぜ根治(治せない)出来ないのでしょうか大きな理由としては、ガン治療を行うたびに治療の効果の有無に関わらず、副作用による免疫力の低下があるからでしょう抗がん剤特に抗がん剤等の化学療法では、細胞を殺傷させる場合には正常細胞(免疫細胞も含む)も同様に殺傷させてしまいます又、ガンが大きくなるのを押さえるために、細胞分裂(正常細胞も含む)を遅らせる治療の場合においては副作用としては特に分裂の速い毛髪や粘膜、免疫細胞等により、脱毛や口内炎の副作用があり併せて免疫細胞の分裂が遅くなることにより、免疫力が低下してしまいますこれらの副作用は、ガンの治療効果に関わらずは発症してしまいます外科手術外科手術では、手術後に傷口などを修復させるために、多くの免疫力が使われてしまいその結果体全体の免疫力が低下してしまいますガン細胞の耐性、凶暴化抗がん剤治療や放射線治療の後、全てのガン細胞が死滅出来れば良いのですが生き残ったガン細胞が存在しますその、生き残ったガン細胞は、より生き残るために自らを変化させますいわゆる、「耐性」と言うもので変化したガン細胞は分裂速度が速まったり、抗がん剤や放射線にも耐えうるようになってしまいます再発普通のガンでは、人の免疫力が増殖を抑えおとなしくその場所に留まっていますしかし、治療により免疫力が弱まり、体温の低下や血流が悪くなり酸素が少なくなると倍の大きさになるには、年単位ですが耐性を持ち狂暴化したガン細胞は、月単位で倍の大きさになる場合がありますこれが再発です転移その場に留まらず、より生き延びるためにガン細胞が住みやすく、免疫細胞や正常細胞が住みにくい冷たく酸素が少ない所へ移動しますこれが、転移です再発や転移を防ぐには1)体温をあげる(がん患者の多くの方の体温は35度代です)2)血流を改善し酸素を増やす3)免疫力を上げる4)酸性の身体を弱アルカリ性にする事が必要ですしかし、現在の医療では上記の4項目全てを改善することが出来ません現在の「免疫療法」現在言われている、免疫療法は免疫力を高めません免疫チェックポイント阻害療法オプジーボで代表される免疫療法これらは、免疫力を向上させたりするのではなく免疫抗体を使ってガン細胞が、免疫システムから逃れていますこの免疫抗体を無力化する療法です免疫抗体はいくつかの種類があり全てのガン細胞が持っているわけでもありません持っている割合を出現率と言われていますこの為、免疫抗体の有無とオプジーボが合えば、初めて治療効果が出ます現在は20~30%の治療効果です

  • 09Apr
    • ガンを治す|医師には出来ない免疫療法(1)|ガン治療の現実

       ガンを治す|医師には出来ない免疫療法(1)|ガン治療の現実現在のガン治療では、ステージ3以上の転移や再発のガンがなぜ根治(治せない)出来ないのでしょうか大きな理由としては、ガン治療を行うたびに治療の効果の有無に関わらず、副作用による免疫力の低下があるからでしょう抗がん剤特に抗がん剤等の化学療法では、細胞を殺傷させる場合には正常細胞(免疫細胞も含む)も同様に殺傷させてしまいます又、ガンが大きくなるのを押さえるために、細胞分裂(正常細胞も含む)を遅らせる治療の場合においては副作用としては特に分裂の速い毛髪や粘膜、免疫細胞等により、脱毛や口内炎の副作用があり併せて免疫細胞の分裂が遅くなることにより、免疫力が低下してしまいますこれらの副作用は、ガンの治療効果に関わらずは発症してしまいます外科手術外科手術では、手術後に傷口などを修復させるために、多くの免疫力が使われてしまいその結果体全体の免疫力が低下してしまいますガン細胞の耐性、凶暴化抗がん剤治療や放射線治療の後、全てのガン細胞が死滅出来れば良いのですが生き残ったガン細胞が存在しますその、生き残ったガン細胞は、より生き残るために自らを変化させますいわゆる、「耐性」と言うもので変化したガン細胞は分裂速度が速まったり、抗がん剤や放射線にも耐えうるようになってしまいます再発普通のガンでは、人の免疫力が増殖を抑えおとなしくその場所に留まっていますしかし、治療により免疫力が弱まり、体温の低下や血流が悪くなり酸素が少なくなると倍の大きさになるには、年単位ですが耐性を持ち狂暴化したガン細胞は、月単位で倍の大きさになる場合がありますこれが再発です転移その場に留まらず、より生き延びるためにガン細胞が住みやすく、免疫細胞や正常細胞が住みにくい冷たく酸素が少ない所へ移動しますこれが、転移です再発や転移を防ぐには1)体温をあげる(がん患者の多くの方の体温は35度代です)2)血流を改善し酸素を増やす3)免疫力を上げる4)酸性の身体を弱アルカリ性にする事が必要ですしかし、現在の医療では上記の4項目全てを改善することが出来ません現在の「免疫療法」現在言われている、免疫療法は免疫力を高めません免疫チェックポイント阻害療法オプジーボで代表される免疫療法これらは、免疫力を向上させたりするのではなく免疫抗体を使ってガン細胞が、免疫システムから逃れていますこの免疫抗体を無力化する療法です免疫抗体はいくつかの種類があり全てのガン細胞が持っているわけでもありません持っている割合を出現率と言われていますこの為、免疫抗体の有無とオプジーボが合えば、初めて治療効果が出ます現在は20~30%の治療効果です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛

  • 01Apr
    • ガンを治す|最新のがん治療、「がんウィルス療法」の紹介

       ガンを治す|最新のがん治療、「がんウィルス療法」の紹介今回は2019 年 2 月 13 日に国立大学法人東京大学医科学研究所附属病院国立研究開発法人日本医療研究開発機構東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科 教授 藤堂がプレスリリースとして発表されました『脳腫瘍に対するウイルス療法の医師主導治験で高い治療効果を確認~日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ~』を紹介します詳細は「国立大学法人東京大学医科学研究所附属病院国立研究開発法人日本医療研究開発機構」のHPをご参照下さい【所感・概要】がんのウィルス療法は以前から研究されていましたが今回、東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科 教授 藤堂 教授の主導で、悪性脳腫瘍の一種である『膠芽腫(こうがしゅ)』の治療の実用化に向けて新たに開発したウィルス療法での、医師主導の第Ⅱ相治験が行われ、その開始報告がプレスリリースされました藤堂教授の研究で、単純ヘルペスウィルス1型(ウィルス療法では最もよく使用されるウィルス)の遺伝子操作を行い、がん細胞に対してはウィルスが増殖し細胞破壊を起こさせガン細胞を破壊させますしかし、正常細胞に対しては増殖しない性格のウィルスです今回の対象は、藤堂教授のご専門が脳腫瘍外科のこともあり固形がんではなく、治験結果の確実さも踏まえて、対象が脳腫瘍となったと推測します第二相治験での対象の人数は13名で、現時点での中間結果は1 年生存割合が 92.3%(13 例中 12 例が治療開始後 1 年以上生存)と良好な成績です今後は治験後2年間経過観察する予定です【今後の展開予想】固形がんの実用化は2025年以降1)脳腫瘍治験結果(対象:脳腫瘍):2020年3月承認申請2020年9月実用化2021年中旬*第三相治験が必要であれば、1~2年遅れ2)固形がん第二相治験、2021年~2023年承認申請2023年~2024年実用化2025年*上記は第二相の治験を、第三相治験を第二/第三相とした場合で第三相が別途実施した場合には1~2年遅れ2027年以降の実用化-以下プレスリリースより抜粋-―序論・概要―東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科 藤堂具紀教授らの研究グループは、単純ヘルペスウイルス 1 型(口唇ヘルペスのウイルス)に人工的に 3 つのウイルス遺伝子を改変(三重変異)した第三世代のがん治療用ヘルペスウイルス G47Δ(ジーよんじゅうななデルタ)を用いた、膠芽腫(こうがしゅ、悪性脳腫瘍の一種)の患者を対象にした医師主導治験において、中間解析の結果、G47Δ の高い治療効果を確認しました。本治験は、治療効果の検討を目的とした第II相臨床試験(注1)で、再発もしくは残存した膠芽腫病変に対し、最大 6 回の腫瘍内投与を行ったところ、治療開始から 1 年経過した患者 13 名において、主要評価項目である一年生存割合(治療開始後 1 年間生存した患者の割合)が 92.3%であり、他の複数の臨床試験結果から算出された標準治療の一年生存割合(15%)と比較して高い有効性を示しました。一方、G47Δ 投与後に生じた副作用のうちもっとも頻度が高かったのは発熱で、入院期間の延長が必要となった副作用も投与例数 16 名のうち 2 名の発熱のみで、安全性の高い治療であることが示されました。ウイルス療法は、がん細胞に感染させたウイルスが増えることによって直接がん細胞を破壊する手法で、革新的ながん治療法として期待されます。G47Δ の開発は、発明から医師主導治験に至るまで、研究者だけで推し進めてきました。本治験で G47Δ の高い有効性が確認されたことを受けて、悪性神経膠腫(膠芽腫を含む悪性脳腫瘍の種類)を適応症とした G47Δ の製㐀販売承認申請(注2)を行います。G47Δ の開発は、世界に先駆けて日本で進められており、厚生労働省の先駆け審査指定制度(注3)および悪性神経膠腫を対象とした希少疾病用再生医療等製品(注4)の指定を受けています。承認されれば、日本で初めて実用化されるがん治療ウイルス薬となる見込みです。本治験における被験者登録はすでに終了しており、治験結果の詳細は、第 11 回日米癌合同会議(2019 年 2 月 12 日17 時:ハワイ時間/2019 年 2 月 13 日 12 時:日本時間)において発表されました。―中間解析結果―1 年経過した時点で中間解析を実施する治験実施計画となっており、2018 年 7 月に中間解析を実施しました。その結果、主要評価項目(G47Δ の治療効果を判定する基準)に設定していた 1 年生存割合が 92.3%(13 例中 12 例が治療開始後 1 年以上生存)を示し、標準治療の 1 年生存割合 15%(他の複数の臨床試験結果から算出)に比べ格段に高く、G47Δが高い治療効果を呈することが確認されました。【製造販売承認申請の見込み】本治験の結果を基に、現在、悪性神経膠腫を適応症とした G47Δ の製造販売承認申請の準備を行っており、申請時期は、3〜4 ヶ月後を見込んでいます。製造販売承認申請は、第一三共株式会社が行います。G47Δ の製品製㐀は、デンカ生研株式会社が行っています。G47Δ は、厚生労働省の先駆け審査指定品目に指定されていますので、先駆け総合評価相談による事前評価の充実かつ優先審査等により、製造販売承認申請から 6 ヶ月後の承認を目指した審査期間の短縮が見込まれています。【今後の展開】この治験結果を基に、今回は、悪性神経膠腫を適応症として G47Δ の製㐀販売承認申請を行いますが、G47Δ はあらゆる固形がんに有効であることが動物実験で示されており、今後さらに、可及的galやかに全ての固形がんに適応を広げることを目指します。2013 年からからは、前立腺癌と嗅神経芽細胞腫をそれぞれ対象とした臨床試験を実施しました。2018年からは、悪性胸膜中皮腫の患者の胸腔内に G47Δ を投与する臨床試験も開始しています。💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容免疫に関する器官の強化とした自律神経と椎骨(背骨)と器官の活性化自律神経の働き体の各器官への働きをコントロールするために自律神経(交感神経、副交感神経)があります自律神経は、脳の視床下部と呼ばれる器官をコントロールする所から各器官へ繋がる交感神経と副交感神経に指令を出します例えて言うと交感神経はアクセル副交感神経はブレーキです活動時心臓や肺の呼吸器系や循環器系を活発にさせるには交感神経優位の状態昼間に人が活動している場合、呼吸は深くなり心拍数も速くなります休息時胃や腸等の消化器系を活発にさせるには、副交感神経が優位になるように交感神経にブレーキがかかります休息している場合は副交感神経が優位な状態になり、胃腸等の消化器系が活発になり、お腹が空いて食事しやすくなります睡眠時睡眠時はこれらとは異なります睡眠時は体を修復させるための時間です副交感神経が優位の状態ですが、各器官の働きを弱くさせますこのため、呼吸は浅く心拍数も少なく空腹感もありません白血球を中心とした免疫機能で、傷んだ体を修復させます風邪をひいた場合等、睡眠が大事と言われるのはこの為です免疫の働き(顆粒球と白血球)昼間等で交感神経が優位の状態では免疫機能では顆粒球が細菌等と闘います顆粒球は強い免疫力を持っていますしかし、闘った後に細胞を傷つけてしまう「活性酸素」を出してしまいます休憩時や睡眠時では主に白血球により外部の防御と併せて、傷んだ体を修復させますこの交感神経と副交感神経のバランスがとれて、健康な体を維持していますストレスストレスは免疫力を低下させガンの発生させる要因になります強いストレスが続くと、睡眠時においても交感神経優位の状態が続き体の修復が上手くゆきませんそして、白血球の代わりに顆粒球が働きその結果、活性酸素を出している状態になりますその結果、体の修復が行われず、常に活性酸素が細胞を傷つけてしまう状態になり正常な細胞をガン化させてしまいます以上の説明で以下に睡眠が大切で強いストレスが続く事が免疫に対して悪くガンに対しても影響が有るのがお分かり頂いたと思いますこれらは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整えることにより改善されます人の椎骨(背骨)と自律神経について頸椎(背骨)頸椎(背骨)は頭蓋骨から下へ椎骨(背骨)が通っています椎骨はいくつかの骨が軟骨と繋がりチェーンのようになっています呼び名は上から頸椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)の24個から構成されておりその下に仙骨、尾骨が連なっています頸椎と自律神経自律神経は視床下部と言う脳から頸椎に繋がっていますさらに頸椎の自律神経は迷走神経を経由して各器官に繋がり各器官の働きをコントロールしています各器官に働きかける自律神経は、どの椎骨から出ているかは決まっています体のある器官が悪くなると、該当する椎骨の自律神経(迷走神経)の出ているところがコリ(硬結)となったり、張りが無くなる弛緩となったりしますこの為、具合の悪くなった器官に対応する頸椎の硬結や弛緩を正常にすれば器官の働きが改善されますそれでは、どのようにして椎骨の硬結や弛緩を取り除くのでしょうか患部を温めて流れを良くして、軽く押したり弾いたりすれば、改善されます例えて言えば、肩こりの改善と同様と考えていただければ良いと思いますしかし、肩こりのマッサージと違い、狭く、窪んだ所で温めたり流れを良くするのには工夫が必要です免疫力の向上と頸椎免疫力を向上させるには・脾臓・腎臓・胸腺・副腎・ストレスの改善が必要です上記に対応する椎骨の硬結、弛緩を治し正常な状態に戻せば免疫力が向上し、ガンと闘える体になります次回は、具体的な箇所、改善方法を紹介する予定です

  • 26Mar
    • ガンを治す|免疫に関する器官の強化|自律神経と頸椎と器官の活性化|(6)

       ガンを治す|免疫に関する器官の強化|自律神経と椎骨と器官の活性化|(6)免疫に関する器官の強化とした自律神経と椎骨(背骨)と器官の活性化自律神経の働き体の各器官への働きをコントロールするために自律神経(交感神経、副交感神経)があります自律神経は、脳の視床下部と呼ばれる器官をコントロールする所から各器官へ繋がる交感神経と副交感神経に指令を出します例えて言うと交感神経はアクセル副交感神経はブレーキです活動時心臓や肺の呼吸器系や循環器系を活発にさせるには交感神経優位の状態昼間に人が活動している場合、呼吸は深くなり心拍数も速くなります休息時胃や腸等の消化器系を活発にさせるには、副交感神経が優位になるように交感神経にブレーキがかかります休息している場合は副交感神経が優位な状態になり、胃腸等の消化器系が活発になり、お腹が空いて食事しやすくなります睡眠時睡眠時はこれらとは異なります睡眠時は体を修復させるための時間です副交感神経が優位の状態ですが、各器官の働きを弱くさせますこのため、呼吸は浅く心拍数も少なく空腹感もありません白血球を中心とした免疫機能で、傷んだ体を修復させます風邪をひいた場合等、睡眠が大事と言われるのはこの為です免疫の働き(顆粒球と白血球)昼間等で交感神経が優位の状態では免疫機能では顆粒球が細菌等と闘います顆粒球は強い免疫力を持っていますしかし、闘った後に細胞を傷つけてしまう「活性酸素」を出してしまいます休憩時や睡眠時では主に白血球により外部の防御と併せて、傷んだ体を修復させますこの交感神経と副交感神経のバランスがとれて、健康な体を維持していますストレスストレスは免疫力を低下させガンの発生させる要因になります強いストレスが続くと、睡眠時においても交感神経優位の状態が続き体の修復が上手くゆきませんそして、白血球の代わりに顆粒球が働きその結果、活性酸素を出している状態になりますその結果、体の修復が行われず、常に活性酸素が細胞を傷つけてしまう状態になり正常な細胞をガン化させてしまいます以上の説明で以下に睡眠が大切で強いストレスが続く事が免疫に対して悪くガンに対しても影響が有るのがお分かり頂いたと思いますこれらは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整えることにより改善されます人の椎骨(背骨)と自律神経について頸椎(背骨)頸椎(背骨)は頭蓋骨から下へ椎骨(背骨)が通っています椎骨はいくつかの骨が軟骨と繋がりチェーンのようになっています呼び名は上から頸椎(7個)胸椎(12個)腰椎(5個)の24個から構成されておりその下に仙骨、尾骨が連なっています頸椎と自律神経自律神経は視床下部と言う脳から頸椎に繋がっていますさらに頸椎の自律神経は迷走神経を経由して各器官に繋がり各器官の働きをコントロールしています各器官に働きかける自律神経は、どの椎骨から出ているかは決まっています体のある器官が悪くなると、該当する椎骨の自律神経(迷走神経)の出ているところがコリ(硬結)となったり、張りが無くなる弛緩となったりしますこの為、具合の悪くなった器官に対応する頸椎の硬結や弛緩を正常にすれば器官の働きが改善されますそれでは、どのようにして椎骨の硬結や弛緩を取り除くのでしょうか患部を温めて流れを良くして、軽く押したり弾いたりすれば、改善されます例えて言えば、肩こりの改善と同様と考えていただければ良いと思いますしかし、肩こりのマッサージと違い、狭く、窪んだ所で温めたり流れを良くするのには工夫が必要です免疫力の向上と頸椎免疫力を向上させるには・脾臓・腎臓・胸腺・副腎・ストレスの改善が必要です上記に対応する椎骨の硬結、弛緩を治し正常な状態に戻せば免疫力が向上し、ガンと闘える体になります次回は、具体的な箇所、改善方法を紹介する予定です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容免疫力の強化免疫の器官及び体の左右差についてガンを治すのに最も必要ですが現在の医療の対処療法では不得手とする分野それは、強い免疫力を獲得する体を造ることこれは、ガンと闘うのと治癒するのに絶対に必要です強い免疫力を得るには、生活習慣の改善以外に免疫に関する器官・脾臓・腎臓・胸腺・副腎の活性化及び・ストレス等による自律神経のバランスを整える以上の事が重要ですガンと人の体の左右差器官の活性化を紹介する前に人の体の左右差についてお話しますこれは、人の体を知るうえで、基本となることですガン体質の体ガンを患われている方は、是非次の事項をご確認して下さい・上半身が写る鏡の前に立ってみて下さい・次に、肩の力抜いてリラックスした状態で、真っ直ぐに立ってみて下さい・鏡に写るご自身の肩の位置を見てください・右肩が左肩に比べて下がっているでしょう次に、平らな所でリラックスした状態で上向きに真っ直ぐに寝てみて下さい・足を動かさずに上体を起こし、両足の開き具合を見てください・左足が右足に比べ開いているでしょうガンを患われている方のは右の肩が下がり、左足が開いています健康な人は、右肩上がり・左足閉じ、です人の身体は左右対称ではありませんナゼでしょう肝臓は右側胃や心臓は左側にあります肺は左右有りますが、右側の方が左側に比べ大きく又、血管は大動脈は左側で静脈は右側にあります足の働きも左右違います右足は蹴り足、左足は軸足の役割を持っています陸上のトラック競技や野球のベースランニングは反時計方向に回ります左足を軸で右足で蹴ることです逆回りでは、遅くなってしまいます人の体の左右差正確に言うと、骨盤の状態を言います腰の前側にある、前腸骨と言う骨の位置(ズレ)で確認します器官をコントロールする自律神経は椎骨(背骨)を通して、交感神経は左側副交感神経は右側にあり各器官へは、迷走神経で繫がっています次回は免疫に関する器官の強化とした自律神経と椎骨(背骨)と器官の活性化を紹介します

  • 25Mar
    • ガンを治す|強い免疫力をもつ|ガンが治る人、治らない人との違い(後編)|(5)

       ガンを治す|強い免疫力をもつ|  ガンが治る人、治らない人との違い(後編)|(5)免疫力の強化免疫の器官及び体の左右差についてガンを治すのに最も必要ですが現在の医療の対処療法では不得手とする分野それは、強い免疫力を獲得する体を造ることこれは、ガンと闘うのと治癒するのに絶対に必要です強い免疫力を得るには、生活習慣の改善以外に免疫に関する器官・脾臓・腎臓・胸腺・副腎の活性化及び・ストレス等による自律神経のバランスを整える以上の事が重要ですガンと人の体の左右差器官の活性化を紹介する前に人の体の左右差についてお話しますこれは、人の体を知るうえで、基本となることですガン体質の体ガンを患われている方は、是非次の事項をご確認して下さい・上半身が写る鏡の前に立ってみて下さい・次に、肩の力抜いてリラックスした状態で、真っ直ぐに立ってみて下さい・鏡に写るご自身の肩の位置を見てください・右肩が左肩に比べて下がっているでしょう次に、平らな所でリラックスした状態で上向きに真っ直ぐに寝てみて下さい・足を動かさずに上体を起こし、両足の開き具合を見てください・左足が右足に比べ開いているでしょうガンを患われている方のは右の肩が下がり、左足が開いています健康な人は、右肩上がり・左足閉じ、です人の身体は左右対称ではありませんナゼでしょう肝臓は右側胃や心臓は左側にあります肺は左右有りますが、右側の方が左側に比べ大きく又、血管は大動脈は左側で静脈は右側にあります足の働きも左右違います右足は蹴り足、左足は軸足の役割を持っています陸上のトラック競技や野球のベースランニングは反時計方向に回ります左足を軸で右足で蹴ることです逆回りでは、遅くなってしまいます人の体の左右差正確に言うと、骨盤の状態を言います腰の前側にある、前腸骨と言う骨の位置(ズレ)で確認します器官をコントロールする自律神経は椎骨(背骨)を通して、交感神経は左側副交感神経は右側にあり各器官へは、迷走神経で繫がっています次回は免疫に関する器官の強化とした自律神経と椎骨(背骨)と器官の活性化を紹介します💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容ガンを治す|免疫力・体温を上げる|ガンを治すには(中編)、(4)  ガンが治る人、治らない人との違い体温を上げる体温を上げる理由ガン細胞と正常な細胞とは、住める世界が違いますガン細胞は低い体温で活発になります逆に正常な細胞は高い体温で活発になります免疫力と体温免疫に働きかける血液、リンパ液・顆粒球・白血球・リンパ球、等は体温が下がると働きが弱くなり、免疫力が低下します腎臓と体温腎臓は体のなかで最も低い体温に対して弱い臓器です腎臓の働きのひとつにPhを調整させる機能がありますこの為に低体温では、腎臓の働きが弱くなりPh値が正常(Ph値7.4)に調整できずガンが好む酸性傾く場合がありますそうなると、ガン細胞は元気になり逆に正常な細胞は元気がなくなりますガン化した細胞を自殺(アポトーシス)させるミトコンドリアアポトーシスとミトコンドリアと体温との関係ミトコンドリアは酸素と体温と空腹で活発になるほとんどの細胞の中には何百という「ミトコンドリア」が入っていますミトコンドリアは・栄養素と酸素とで熱(体温)を発生させる・細胞がガン化した場合、自分自身の細胞を自殺させるアポトーシスを誘発させてガンを防ぐ働きがありますしかし、ミトコンドリアは怠け者です体温が下がったり、酸素が少なかったり、満腹の状態の場合ミトコンドリアはの働きがよわくなり、ガン化した自分自身の細胞を自己自殺できなくなってしまいます体温を上げる体温を上げる方法を紹介します体温を温めるということは、血液の温度をあげることと等しい内容です最も効率的な血液の温度を上げる方法として1.足湯/脚湯なぜ、足湯・脚湯か血液が流れる血管が体の表面に近い所に、足はあります胴体の部分では血管は体の中あり、中々血管(血液)を温めることができませんこのため、効率よく確実に体温を上げる方法が、足湯と脚湯です人の体温は、36度代が平熱ですこれは、体の表面の温度で、心臓が送り出す時の温度はそれよりも高い温度で体を循環させていますそれが、体中に巡る内に熱が奪われ当然下がります足湯の温度は45度前後で6分間が基本45度前後のお湯は、熱く感じられます最初は慣れるまでもっと低い温度からはじめても良いでしょう決して無理はしないで下さい皮膚の弱い方等は特に注意してください血液が人の体を一周する時間は、1分前後です6分間で、6周しますそうすると、ほとんどの血液の温度が上がることになりますしかし、6分間以上ですと温度が上がり過ぎて、のぼせた状態になってしまう場合もありますこれは、実践しながら、いつでも辞められるので無理をせず、徐々に温度と時間を上げて行けば良いでしょう足湯は、くるぶしまでお湯に付けますお湯が冷めると足し湯をして、温度を上げます脚湯膝の近くまで、湯に漬かります湯舟に膝付近まで湯を張るか膝を曲げた状態で膝までの所までお湯を張って行うかですちなみに、筆者は膝付近に46度のお湯を張り6分間漬かりますお湯の量が多く温度が下がりにくいので足し湯もせずに行えます4分くらいすると、足の部分だけ温めているのに、上半身から汗が出てきますお湯から出ると漬けた所は、赤みが帯びています2.食生活体温を上げる食材根菜類:大根、人参、ネギ、生姜、ニンニク等香辛料等温めて食べる方が効果的飲料も冷たいものは避けましょう大事なことは、腹七分食べすぎは体に良いことはありませんミトコンドリアの働きも弱くなります3.日常生活衣服については下半身を冷やさない服装下半身は特に血液の循環が悪いので、特に下半身は温めるように工夫してください就寝時でも体を締め付けないように大きめのタイツ靴下腹部も冷えやすいので、腹巻を着用して寝る4.運動散歩(ウォーキング)ガンの方は血流が悪いので、下半身の血液循環を良くする為に散歩(ウォーキング)をできれば朝に行うと、寝ている時の自律神経のバランスをとるために副交感神経から交感神経に切り替えるためにも良いでしょう5.体温を計る朝、寝床から出る前に体温を計りましょう体温は、一日中同じではありませんこのため、起床すぐの決まった時に計るのが自分の体温の変化が分かりやすくなります免疫力に関する器官を活性化させる免疫力を活性化させる主な器官として・脾臓・胸腺・腎臓・副腎・脳(交感神経・副交感神経)等があります次回はこの、器官の活性化について紹介する予定です

  • 20Mar
    • ガンを治す|免疫力・体温を上げる|ガンが治る人、治らない人との違い(中編)|(4)

       ガンを治す|免疫力・体温を上げる|ガンを治すには(中編)、(4)  ガンが治る人、治らない人との違い体温を上げる体温を上げる理由ガン細胞と正常な細胞とは、住める世界が違いますガン細胞は低い体温で活発になります逆に正常な細胞は高い体温で活発になります免疫力と体温免疫に働きかける血液、リンパ液・顆粒球・白血球・リンパ球、等は体温が下がると働きが弱くなり、免疫力が低下します腎臓と体温腎臓は体のなかで最も低い体温に対して弱い臓器です腎臓の働きのひとつにPhを調整させる機能がありますこの為に低体温では、腎臓の働きが弱くなりPh値が正常(Ph値7.4)に調整できずガンが好む酸性傾く場合がありますそうなると、ガン細胞は元気になり逆に正常な細胞は元気がなくなりますガン化した細胞を自殺(アポトーシス)させるミトコンドリアアポトーシスとミトコンドリアと体温との関係ミトコンドリアは酸素と体温と空腹で活発になるほとんどの細胞の中には何百という「ミトコンドリア」が入っていますミトコンドリアは・栄養素と酸素とで熱(体温)を発生させる・細胞がガン化した場合、自分自身の細胞を自殺させるアポトーシスを誘発させてガンを防ぐ働きがありますしかし、ミトコンドリアは怠け者です体温が下がったり、酸素が少なかったり、満腹の状態の場合ミトコンドリアはの働きがよわくなり、ガン化した自分自身の細胞を自己自殺できなくなってしまいます体温を上げる体温を上げる方法を紹介します体温を温めるということは、血液の温度をあげることと等しい内容です最も効率的な血液の温度を上げる方法として1.足湯/脚湯なぜ、足湯・脚湯か血液が流れる血管が体の表面に近い所に、足はあります胴体の部分では血管は体の中あり、中々血管(血液)を温めることができませんこのため、効率よく確実に体温を上げる方法が、足湯と脚湯です人の体温は、36度代が平熱ですこれは、体の表面の温度で、心臓が送り出す時の温度はそれよりも高い温度で体を循環させていますそれが、体中に巡る内に熱が奪われ当然下がります足湯の温度は45度前後で6分間が基本45度前後のお湯は、熱く感じられます最初は慣れるまでもっと低い温度からはじめても良いでしょう決して無理はしないで下さい皮膚の弱い方等は特に注意してください血液が人の体を一周する時間は、1分前後です6分間で、6周しますそうすると、ほとんどの血液の温度が上がることになりますしかし、6分間以上ですと温度が上がり過ぎて、のぼせた状態になってしまう場合もありますこれは、実践しながら、いつでも辞められるので無理をせず、徐々に温度と時間を上げて行けば良いでしょう足湯は、くるぶしまでお湯に付けますお湯が冷めると足し湯をして、温度を上げます脚湯膝の近くまで、湯に漬かります湯舟に膝付近まで湯を張るか膝を曲げた状態で膝までの所までお湯を張って行うかですちなみに、筆者は膝付近に46度のお湯を張り6分間漬かりますお湯の量が多く温度が下がりにくいので足し湯もせずに行えます4分くらいすると、足の部分だけ温めているのに、上半身から汗が出てきますお湯から出ると漬けた所は、赤みが帯びています2.食生活体温を上げる食材根菜類:大根、人参、ネギ、生姜、ニンニク等香辛料等温めて食べる方が効果的飲料も冷たいものは避けましょう大事なことは、腹七分食べすぎは体に良いことはありませんミトコンドリアの働きも弱くなります3.日常生活衣服については下半身を冷やさない服装下半身は特に血液の循環が悪いので、特に下半身は温めるように工夫してください就寝時でも体を締め付けないように大きめのタイツ靴下腹部も冷えやすいので、腹巻を着用して寝る4.運動散歩(ウォーキング)ガンの方は血流が悪いので、下半身の血液循環を良くする為に散歩(ウォーキング)をできれば朝に行うと、寝ている時の自律神経のバランスをとるために副交感神経から交感神経に切り替えるためにも良いでしょう5.体温を計る朝、寝床から出る前に体温を計りましょう体温は、一日中同じではありませんこのため、起床すぐの決まった時に計るのが自分の体温の変化が分かりやすくなります免疫力に関する器官を活性化させる免疫力を活性化させる主な器官として・脾臓・胸腺・腎臓・副腎・脳(交感神経・副交感神経)等があります次回はこの、器官の活性化について紹介する予定です💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛前回のブログ内容 ガンの方は、いわゆる「ガン体質」でガンを治すには、第一にガン体質から抜け出すことです【ガン体質】・低体温(36度以下):免疫力が低下・血流が悪い:低体温、免疫力が低下・体が酸性に傾いている:正常値のPh値7.4以下で、正常な細胞の活動が衰え、ガン細胞は活発になる・ストレスが強い:細胞を傷つける活性酸素が多く発生           自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れ特に体の修復させるために重要な副交感神経の活動が弱くなる・食べすぎ:血流が消化器に集まり免疫と低下、ガン細胞を自己破壊(アポトーシス)させるミトコンドリアの活動が低下等が挙げられます結論から言うとガン体質の全ての要因を取り除けば、ガンが治る条件になります大事な事は、「全ての要因に対して」と言うことです何々をすればガンが治る、何々をしたらガンが治ったと言われる場合があります確かに、治る場合もあるでしょうしかし、内容にもよりますが多くの方のガンが治るかは疑問ですガンと闘い勝利するには・健康な体(体質)に戻して、ガンと闘う・免疫力をより向上させてガンと闘い、勝利するが必要です免疫力を向上させるこれが、重要で且つ難しいところですどうすれば、免疫力が向上するのか①ガン体質から抜け出す②免疫力を向上させる重要な器官を、より一層活性化させる残念ながら、これらの内容は現在の医療方法ではできません逆に、対処療法により免疫が下がってしまう場合もあります多くの医師の方は、免疫力を向上させればガンを乗り越えさせることは、ご存じでしょうオプジーボで代表される、免疫療法が現在の医療で認識されているのが、その良い例でしょうでは、ナゼ現在の医療で免疫力を向上させるのが重要かを声高らかに言わないのでしょうかそれは、現在の医療では、対処療法が主流となっており、ガンの場合は・手術、・抗がん剤治療、・放射線治療がガン治療にたいする標準治療となっており学会等で示されている「ガイドライン」が設けられているからですこのガイドラインに沿った治療で万一患者が命を落とされても、医師は医療事故以外にはガイドラインに守られて不問とされますこの為、ガイドラインに沿った治療でしか行えませんこれは、問題でもありますが、現在の医療制度では、致し方ありません要するに、現在の医療では限られた免疫治療以外免疫力を向上させる治療はできません再度、言います何々をしている!しかし、ひとつだけでは、おいそれとはガンは治りません全体を見渡して実践しなければ、後の後悔につながりますサプリメント、食生活、睡眠、運動等、色々とガンに対して効果のある内容がテレビ、書籍、ネット等で紹介されています玉石の混ざった情報が溢れていますこれらの選択する場合に重要な事はただ単に、ガンに効果があるのではなくガンに対して、何に・どのように、効果が有るのか明確にすることです曖昧な宣伝に迷わされないようにその為には、自分自身でも調べたり勉強することが重要でそうすることで、納得する答えが出るかもしれません次回は、体温を上げる方法、等を具体的に紹介します

  • 19Mar
    • ガンを治す|ガンが治る人、治らない人との違い(前編)|(3)

       ガンを治す|ガンが治る人、治らない人との違い(前編)、(3) ガンの方は、いわゆる「ガン体質」でガンを治すには、第一にガン体質から抜け出すことです【ガン体質】・低体温(36度以下):免疫力が低下・血流が悪い:低体温、免疫力が低下・体が酸性に傾いている:正常値のPh値7.4以下で、正常な細胞の活動が衰え、ガン細胞は活発になる・ストレスが強い:細胞を傷つける活性酸素が多く発生           自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れ特に体の修復させるために重要な副交感神経の活動が弱くなる・食べすぎ:血流が消化器に集まり免疫と低下、ガン細胞を自己破壊(アポトーシス)させるミトコンドリアの活動が低下等が挙げられます結論から言うとガン体質の全ての要因を取り除けば、ガンが治る条件になります大事な事は、「全ての要因に対して」と言うことです何々をすればガンが治る、何々をしたらガンが治ったと言われる場合があります確かに、治る場合もあるでしょうしかし、内容にもよりますが多くの方のガンが治るかは疑問ですガンと闘い勝利するには・健康な体(体質)に戻して、ガンと闘う・免疫力をより向上させてガンと闘い、勝利するが必要です免疫力を向上させるこれが、重要で且つ難しいところですどうすれば、免疫力が向上するのか①ガン体質から抜け出す②免疫力を向上させる重要な器官を、より一層活性化させる残念ながら、これらの内容は現在の医療方法ではできません逆に、対処療法により免疫が下がってしまう場合もあります多くの医師の方は、免疫力を向上させればガンを乗り越えさせることは、ご存じでしょうオプジーボで代表される、免疫療法が現在の医療で認識されているのが、その良い例でしょうでは、ナゼ現在の医療で免疫力を向上させるのが重要かを声高らかに言わないのでしょうかそれは、現在の医療では、対処療法が主流となっており、ガンの場合は・手術、・抗がん剤治療、・放射線治療がガン治療にたいする標準治療となっており学会等で示されている「ガイドライン」が設けられているからですこのガイドラインに沿った治療で万一患者が命を落とされても、医師は医療事故以外にはガイドラインに守られて不問とされますこの為、ガイドラインに沿った治療でしか行えませんこれは、問題でもありますが、現在の医療制度では、致し方ありません要するに、現在の医療では限られた免疫治療以外免疫力を向上させる治療はできません再度、言います何々をしている!しかし、ひとつだけでは、おいそれとはガンは治りません全体を見渡して実践しなければ、後の後悔につながりますサプリメント、食生活、睡眠、運動等、色々とガンに対して効果のある内容がテレビ、書籍、ネット等で紹介されています玉石の混ざった情報が溢れていますこれらの選択する場合に重要な事はただ単に、ガンに効果があるのではなくガンに対して、何に・どのように、効果が有るのか明確にすることです曖昧な宣伝に迷わされないようにその為には、自分自身でも調べたり勉強することが重要でそうすることで、納得する答えが出るかもしれません次回は、体温を上げる方法、等を具体的に紹介します💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛以下、前回のブログ1)はじめに前回は、・ガンとは何か・ガンの発生と増殖について・標準治療の副作用 を紹介しました今回は、ガンになる人と、ならない人、との違いを紹介しますガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善結論から言うと、ガンにならない環境の逆の環境が、ガンになる環境と言えます以下に、ガンにならない為に必要な環境を説明します【ガンにならない為の体】1)体温体温の維持 体温は36.5度以上を維持する必要がありますガンを患われている多くの方の体温は35度台ですガンは低体温の環境で生きていますもう一つ、免疫力は低体温では著しく低下します2)食事アルカリ性食品、抗酸化食品、糖質制限①Ph値(アルカリ性)健康な人のPh値は7.4前後の弱アルカリ性(中性のPh値は7.0)ですがガンを患われている多くの方の体は、酸性に傾いていますこの為体を弱アルカリ性にする必要があります人の体を弱アルカリ性にするのにはアルカリ性食品を摂るようにします代表的なアルカリ性食品梅干し、酢海藻類キノコ類逆に代表的な酸性の食品は乳製品肉類で極力摂るのは控えましょう②糖質制限、抗酸化食品アルカリ性食品の他に、ガンにならないための食品を紹介します糖質制限ガンのエサは、ブドウ糖(炭水化物や糖類)で極力糖質を摂るのを控えます③抗酸化食品ストレスが強くかかると細胞を傷つける活性酸素が多く発生しますこの為、活性酸素を除去する食品を摂るようにします摂るべき食品と留意点野菜は消化器系からの吸収を効率的にするために、なるべく細かく切ってください又はジュースにしてとる場合は低速度のジューサーで調理は、高温(焼く)のを避け、生か煮るようにします焼いた場合、焦げの部分は炭化(酸化)してしまい、酸性の傾向になってしまいますビタミンC、オメガ3(油脂)等、高温で栄養分が損なわれる場合もあります野菜の多くは酸性体質からアルカリ性の体質に変える効果がありますその他、ビタミン・ミネラル等の栄養素があり、がん体質を変える効果があります〔根菜類〕特に、根菜類は他の野菜に比べ体温の上昇に効果がありますニンニク、大根、人参、ゴボウ、ネギ、ニラ、玉ネギ 等〔葉野菜〕白菜、キャベツ、ブロッコリー、ホウレン草、小松菜、しそ、セロリ、カリフラワー 等〔その他の野菜〕トマト、もやし、カボチャ、ピーマン、なす、キュウリ 等〔ねばねば野菜・芋類、他〕抗酸化作用、体温の上昇、アルカリ性食品おくら、ゴーヤ、山芋、長芋、自然薯、里芋しし唐辛子、梅干し、胡麻、酢〔魚・貝・海藻類〕動物性たんぱく質カルシウム、ミネラル青魚、白身魚、赤身魚貝類:かき、あさり、しじみ 等海藻類:ワカメ、ヒジキ、昆布 等〔植物性たんぱく質〕豆製品、納豆、豆腐 等〔茸類]抗酸化作用えのき、椎茸、マツタケ、マッシュルーム、シメジ 等〔ナッツ類〕抗酸化作用:アーモンド、カシューナッツ 等〔油脂〕オメガ3・9類の油脂:、アマニ油、絵胡麻油、ごま油3)ストレスと睡眠とガンとの関係なぜストレスとガンが関係するのでしょうかストレスは人が健康に生活する上で必要ですしかし、強いストレスが長く続くと自律神経の交感神経が常に働いている状態で細胞を傷つけ細胞をガン化させる作用のある活性酸素が多く出来ますこれが、ストレスがガンになりやすい理由です自律神経と活性酸素との関係昼間活動している場合交感神経が強くなります睡眠や休憩している時には、体をメンテナンスさせるために副交感神経が強くなります免疫と活性酸素活性酸素は、細胞を傷つけ細胞をガン化させる要因です交感神経が強い場合(活動時)、免疫系では主に「顆粒球」により外からの細菌等に備えています顆粒球が細菌等と闘った時に、活性酸素が発生します副交感神経が強い(休憩、睡眠時)、免疫系では白血球・リンパ球などで細菌等に備えていますこの時には、活性酸素は出ません4)ミトコンドリア 元気なアポトーシス(細胞死)させるミトコンドリアはガン細胞の天敵 腹八分でミトコンドリアを元気にさせますほとんどの細胞の中には「ミトコンドリア」がありますミトコンドリアは〇人が活動するのに必要なエネルギーを、酸素と栄養素を用いてエネルギーを発生させています●ミトコンドリアはガンの改善に必要な異常細胞のアポトーシス(細胞死)させますと言うことは、低体温を好み酸素を必要としないで細胞を増殖し続けるガン細胞にしてみれば、活発なミトコンドリアは、いわば天敵となります。人の細胞には細胞の種類にもよりますが何百個のミトコンドリアがいます。このミトコンドリアが活発に活動していればガンにはなりにくいと考えています。しかし、そのミトコンドリアには悪い癖があります。それは栄養が十分すぎる(食べ過ぎる)と怠けてしまうという悪い癖です。腹八分に医者いらずと言われますが、ミトコンドリアの活動からみてもそれが当てはまります。次回は、「ガンが治る人と、治らない人との違い」についてを綴ってみます

  • 12Mar
    • ガンを治す|ガンになる人、ならない人との違い|(2)

       ガンになる人、ならない人との違い(2)  1)はじめに前回は、・ガンとは何か・ガンの発生と増殖について・標準治療の副作用 を紹介しました今回は、ガンになる人と、ならない人、との違いを紹介しますガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善結論から言うと、ガンにならない環境の逆の環境が、ガンになる環境と言えます以下に、ガンにならない為に必要な環境を説明します【ガンにならない為の体】1)体温体温の維持 体温は36.5度以上を維持する必要がありますガンを患われている多くの方の体温は35度台ですガンは低体温の環境で生きていますもう一つ、免疫力は低体温では著しく低下します2)食事アルカリ性食品、抗酸化食品、糖質制限①Ph値(アルカリ性)健康な人のPh値は7.4前後の弱アルカリ性(中性のPh値は7.0)ですがガンを患われている多くの方の体は、酸性に傾いていますこの為体を弱アルカリ性にする必要があります人の体を弱アルカリ性にするのにはアルカリ性食品を摂るようにします代表的なアルカリ性食品梅干し、酢海藻類キノコ類逆に代表的な酸性の食品は乳製品肉類で極力摂るのは控えましょう②糖質制限、抗酸化食品アルカリ性食品の他に、ガンにならないための食品を紹介します糖質制限ガンのエサは、ブドウ糖(炭水化物や糖類)で極力糖質を摂るのを控えます③抗酸化食品ストレスが強くかかると細胞を傷つける活性酸素が多く発生しますこの為、活性酸素を除去する食品を摂るようにします摂るべき食品と留意点野菜は消化器系からの吸収を効率的にするために、なるべく細かく切ってください又はジュースにしてとる場合は低速度のジューサーで調理は、高温(焼く)のを避け、生か煮るようにします焼いた場合、焦げの部分は炭化(酸化)してしまい、酸性の傾向になってしまいますビタミンC、オメガ3(油脂)等、高温で栄養分が損なわれる場合もあります野菜の多くは酸性体質からアルカリ性の体質に変える効果がありますその他、ビタミン・ミネラル等の栄養素があり、がん体質を変える効果があります〔根菜類〕特に、根菜類は他の野菜に比べ体温の上昇に効果がありますニンニク、大根、人参、ゴボウ、ネギ、ニラ、玉ネギ 等〔葉野菜〕白菜、キャベツ、ブロッコリー、ホウレン草、小松菜、しそ、セロリ、カリフラワー 等〔その他の野菜〕トマト、もやし、カボチャ、ピーマン、なす、キュウリ 等〔ねばねば野菜・芋類、他〕抗酸化作用、体温の上昇、アルカリ性食品おくら、ゴーヤ、山芋、長芋、自然薯、里芋しし唐辛子、梅干し、胡麻、酢〔魚・貝・海藻類〕動物性たんぱく質カルシウム、ミネラル青魚、白身魚、赤身魚貝類:かき、あさり、しじみ 等海藻類:ワカメ、ヒジキ、昆布 等〔植物性たんぱく質〕豆製品、納豆、豆腐 等〔茸類]抗酸化作用えのき、椎茸、マツタケ、マッシュルーム、シメジ 等〔ナッツ類〕抗酸化作用:アーモンド、カシューナッツ 等〔油脂〕オメガ3・9類の油脂:、アマニ油、絵胡麻油、ごま油3)ストレスと睡眠とガンとの関係なぜストレスとガンが関係するのでしょうかストレスは人が健康に生活する上で必要ですしかし、強いストレスが長く続くと自律神経の交感神経が常に働いている状態で細胞を傷つけ細胞をガン化させる作用のある活性酸素が多く出来ますこれが、ストレスがガンになりやすい理由です自律神経と活性酸素との関係昼間活動している場合交感神経が強くなります睡眠や休憩している時には、体をメンテナンスさせるために副交感神経が強くなります免疫と活性酸素活性酸素は、細胞を傷つけ細胞をガン化させる要因です交感神経が強い場合(活動時)、免疫系では主に「顆粒球」により外からの細菌等に備えています顆粒球が細菌等と闘った時に、活性酸素が発生します副交感神経が強い(休憩、睡眠時)、免疫系では白血球・リンパ球などで細菌等に備えていますこの時には、活性酸素は出ません4)ミトコンドリア 元気なアポトーシス(細胞死)させるミトコンドリアはガン細胞の天敵 腹八分でミトコンドリアを元気にさせますほとんどの細胞の中には「ミトコンドリア」がありますミトコンドリアは〇人が活動するのに必要なエネルギーを、酸素と栄養素を用いてエネルギーを発生させています●ミトコンドリアはガンの改善に必要な異常細胞のアポトーシス(細胞死)させますと言うことは、低体温を好み酸素を必要としないで細胞を増殖し続けるガン細胞にしてみれば、活発なミトコンドリアは、いわば天敵となります。人の細胞には細胞の種類にもよりますが何百個のミトコンドリアがいます。このミトコンドリアが活発に活動していればガンにはなりにくいと考えています。しかし、そのミトコンドリアには悪い癖があります。それは栄養が十分すぎる(食べ過ぎる)と怠けてしまうという悪い癖です。腹八分に医者いらずと言われますが、ミトコンドリアの活動からみてもそれが当てはまります。次回は、「ガンが治る人と、治らない人との違い」についてを綴ってみます💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング

  • 11Mar
    • がん光免疫療法『食道がん』|今後の行方|(Part3)

      がん光免疫療法『食道がん』|今後の行方|(Part3)     実用化:「再発頭頸扁平上皮がん」は3年先、           食道がんは5年先先のブログにおいて本年1月、米国を主導した「再発頭頸扁平上皮がん」の治験(第Ⅲ相)の開始を報告しました今回は、国立がん研究センター東病院での『食道がん』の治験と、実用化の時期(筆者、予測)を報告します◎がん光免疫療法、食道がん治験実施場所 :国立がん研究センター東病院治験レベル:第Ⅰb/Ⅱ相試験の医師主導治験治療薬   :セツキシマブ(アービタックス)とIRDye700DXの複合体抗体    :EGFR上記内容での治験が計画されています使用する治療薬は、米国の「再発頭頸扁平上皮がん」同様の分子標的薬セツキシマブ(アービタックス)とIR700の複合体ですこの為、対象抗体もEGFRと同様です特に「再発頭頸扁平上皮がん」の治験と異なるのは対象の患部が上皮ではなく、食道のためにおそらく、光ファイバーを基本とした光源を使用するのではないでしょうか正確な情報ではありませんが、光源の担当は村田製作所ではないかと思われます(HP参考)おそらく、転移がなく、他のがんもなく、非浸潤がんであることが条件とすれば、ステージの低い方が対象となるでしょう治験者の条件に付いては調べきれませんでしたが以下に適合、除外項目(予測)適格基準・遠隔転移していない・ECOG(PS)が0~1:日常生活でほぼ支障がない・今までの治療内容の状況が基準に適格していること (詳細は不明:すみません)・成人除外基準・肝臓・腎臓に障害のある場合・食道がん以外がある・セツキシマブ(アービタックス)のアレルギーがある等、でしょうか特にステージのレベルで、浸潤か非浸潤が気になるところで光による治療のため、浸潤した所まで、光が届くかが個人的には、懸念されるところです今後の行方について(筆者の予測)「再発頭頸扁平上皮がん」:3年先Ⅲ治験終了:2019年末承認:2020年中治療薬、光源の製品化2021年末治療開始2022年「食道がん」:5年先Ⅰb/Ⅱ相治験終了:2019年末Ⅲ相治験終了:2021年中~末承認:2022年中治療薬、光源の製品化2023年末治療開始2024年引用記事毎日新聞2月21日より国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は2月21日近赤外光を使ったがん治療法「光免疫療法」による食道がんを対象にした臨床試験(治験)を始めることを明らかにした。患者の登録を3月にも開始する。これまでの光免疫療法の治験は頭頸(とうけい)部がんが対象で、他の部位では初めて。今回の治験は、医師が自ら計画して実施する。対象は既存の治療では効果がないと判断され、転移がなく比較的全身状態が良い食道がん患者数人程度。主に安全性を確認する。光免疫療法は、がん細胞に結びつく薬剤を投与し、がんの部位に光を当ててがん細胞を破壊する。薬は主にがん細胞にしかくっつかず、光が当たらなければ反応しないため副作用が少なく、ピンポイントでがん細胞を攻撃できる特徴がある。頭頸部がんについては、世界10カ国で承認に向けた最終段階の治験が始まっている。 同病院の土井俊彦副院長は「食道がんには、頭頸部がんの治験で使っている薬が結びつくタイプがあり、効果を期待できる可能性がある。効果が確認されれば、高齢者や他に病気を抱えていて手術が難しい患者への適用が検討できるかもしれない」と話す。【永山悦子】❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤Part2の内容前回のブログ、Part1で米国で第3相治験開始の情報をお知らせしました今回は、光免疫療法の今後の可能性についてを考えてみます今回の「再発頭頸扁平上皮がん」の治験が承認されれば、治療への道が広がります原発の腫瘍巣により、抗体(ガン細胞へ免疫細胞の攻撃を阻害する)の出現する種類には傾向があります今回は、「再発頭頸扁平上皮がん」に多く出現する抗体EGFRに対応する分子標的薬+IR700の薬剤による治験を実施したようです照射装置は直接照射でしょう【今後の課題】しかし・実際は、1種類の薬剤で、必要なガンの箇所に体外から近赤外線を照射して治療するイメージではありません・ガンの種類、照射装置により、多くの組み合わせの治験が必要になります このために、期間と治験費用が多くなり、莫大な費用と組み合わせの治験のため長期間になります・照射方法の確立が必要とされます◎ガンの種類 ガンの種類による治験の実施が必要です◎出現する抗体の種類により使用する薬剤が異なります PD-1、PD-L1、CTLA-4、B7、EGFR等の抗体◎照射装置の開発が必要です ・直接照射 ・ファイバー装置 ・カテーテル+ファイバー【問題点】*ガンのみに出現する物質は見つかっていませんこの為、抗体を持っているガン細胞のみを対象にしていますよって、抗体の出現していないガン細胞には治療できません◎抗体の出現しないガンには効果が? 抗体の出現率により、治療効果は大きく変わる (オプジーボが30%前後の効果しかないのは、これが理由か?)◎抗体の出現率正常細胞においても抗体は出現する?◎全ての抗体に対応する分子標的薬があるのか◎事前にガンの抗体の出現するのを調べる必要があります 精密プレシジョンが必要か次回、Part3として光免疫療法について、具体的に紹介させていただきます❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤Part1の内容2年前に楽天三木谷会長が、光免疫療法の推進を発表されましたこの光免疫療法の状況について調査しましたので、以下に投稿しますネットでの調査になりますが、投稿数は少なく医学界全体で、米国の企業が主体のためか、あまり関心を寄せられていないかのようです【現状進展状況】昨年12月17日に楽天アスピリアンが第3相治験LUZERA-301試験を開始第3相と言うことは、人(患者)を対象とした治験で、具体的な人への治療方法が確立されたようです【治験概要】◎対象病状:進行/再発頭頸扁平上皮がん上皮ガンのために、外から(胃カメラのような光ファイバーを使用せず)直接患部に近赤外線を照射するようです◎対象患者数:275名【試験方法】◎光免疫療法と医師が選択した治療方法との比較検討の「非盲検無作為化比較試験」米国、欧州、アジア(日本国内含む)の3地域下記に、二年前の投稿内容を載せていますが若干内容が代わっているのと具体的な内容になっているようですが、この内容については、もう少し調べてPart2で早急に報告したいと思っております【2年前の投稿記事】光免疫療法について|楽天三木谷会長、光免疫療法のライセンスを持つ米医療ベンチャー会長に就任2017年2月13日楽天グループの決算説明会で、三木谷会長が筆頭株主となっている米医療ベンチャー「AspyrianTherapeutic.Inc」の取締役会長に就任すると発表同社は米国立がん研究所(NCI)の小林久隆主任研究員が開発した、近赤外線照射による、副作用がほとんどないとされる、がん治療法「光免疫療法」のライセンスを持ち、国内企業との合併による事業化も視野に入れる光免疫療法は、米国では2016年4月に認可され、6月に第1相の安全性の臨床試験(治験)が開始され、現在は第2相の治験中順調に往くと、2~3年後には米国で認可日本での認可はさらに2年後の、5年先くらいになりそうです【光免疫療法とは】①がん細胞と正常細胞を識別する 正常細胞が、がん細胞に変化すると、免疫システムはを自己と非自己とを識別させるために、がんの抗原にがん特有の抗体を付けます ②識別されたがん細胞を攻撃するがん特有のがん細胞のみに付く抗体と近赤外線に反応する「IR700」という色素を注射で体内に注入させます抗体と「IR700」の付いたがん細胞に近赤外線を当てると、がん細胞の表面に傷が付き、水分が吸収され膨張しがん細胞が破壊されます破壊されたがん細胞は、キラーT細胞に捕食され、がん細胞が非自己であることを学習し、生きているがん細胞も攻撃します*近赤外線(波長0.7~2.5μm)は体内の15cmくらいまでは届く ため、皮膚の上からの照射が可能です③免疫細胞を阻害(ブレーキ)する制御性T細胞も併せて攻撃するがん細胞の中には、制御性T細胞により、免疫細胞の攻撃を阻害(ブレーキ)している場合があり、同様に制御性T細胞も併せて攻撃しブレーキを外します④その他  ・脊髄などのがんには、現在使えないようです ・費用はオプジーボ程では無いようです ・副作用は、現在の時点ではほとんどないようです❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング

  • 08Mar
    • ガンを治す|ガンになる人、ならない人|ガンが治る人、治らない人:(1)はじめに(改訂)

       ガンになる人、ならない人      ガンが治る人、治らない人(1)(改訂)    はじめに:ガンと、ガンの発生と増殖について1)はじめに ガンを治すには何回かに分けて、『ガンを治す|ガンになる人、ならない人|ガンが治る人、治らない人』をテーマにまとめてゆきます 医療・製薬技術の進んだ現在 多額の費用を投じて標準治療以外の免疫療法や新薬の開発、将来も見据えたがん光免疫療法、等多岐に及んでいます しかしナゼ、年間30万人以上の方が標準治療で亡くなられるのでしょうか?人の身体とガンについて ・ガンになる人と、ならない人との違いは ・ガンになりやすい、ガン体質とは何か ・ガンが治る人と、治らない人との違いは何か 西洋医療とは別の側面から見た、生活習慣を含めた ガンの克服方法を綴ってみます 最初に今回は☆ガンとは何か☆ガンの発生と増殖 を中心に、について綴ってみます 2)ガンとはガンは 永遠の命を与えられたゾンビ化した細胞です 性格は  ・臆病です   ・そして、したたかです    ・時には、凶暴にもなります ガン細胞は、健康な人も含めて、誰でも持っていますそして、毎日5000個の正常な細胞がガン細胞に変化(発生)しています人の体は皆、毎日休むことなこのガン細胞と闘って健康に生きています  しかしナゼ、その中で、ガンになる人と、ならない人が、おられるのでしょうか? その前に、ガンとは何かを考えてみましょうガンは正常細胞のガンに関係するDNAが変化し、永遠に分裂を繰り返すガン細胞に変化しますガン細胞は、体の器官や臓器の機能は持たずに、勝手気ままに生きていますいわゆる、永遠のいのちを与えられたゾンビ化した細胞と言えるでしょうガンの発生と増殖ガンが大きくなる過程においては3)ガンの発生と増殖ガンが大きくなる過程では・ガンの発生・ガンの増殖(ガン細胞が分裂して大きくなる)がありますこの発生と増殖とは別の過程で考えますこの発生と増殖を分けて考えるのが重要です①ガンの発生 多くの細胞(心臓の心筋や眼球等の細胞は除く)は分裂を繰り返し古くなった細胞から、新しい細胞へ代替わりをしています 細胞には遺伝子情報を持つDNAがあり、その中で細胞分裂・分裂抑制・DNA修復などの役割を持ついわゆるガン化に関するDNAがいくつかあります それらのガン化に関するDNAが ◎細胞分裂時でのコピーエラー ◎レントゲンやCTに使用される放射線や、発ガン性物質、ストレス等による活性酸素 などでDNAが傷つく場合があります それらの、ガンに関連するDNAが傷ついた場合に正常細胞がガン細胞に変化ます これが、ガンの発生です*細胞分裂・分裂抑制のDNAが傷ついた場合でも、DNA修復DNAが正常であれば 修復し、正常細胞に戻ります*健康な人の身体には、ガン細胞等の自分の体以外の細胞を自己破壊させる機能(アポトーシス)が十分に備わっており、容易に正常細胞がガン細胞には変化はしません②・ガンの増殖ガン細胞は、日常の生活では、誰でも発生しますしかし、健康な人はガンにはなりませんナゼでしょうか?健康な人は、ガンを異物として認識して人が持つ免疫システム(NK細胞等の白血球・リンパ球やミトコンドリアによるアポトーシス等)がガンと闘い全戦全勝でガンにはなりませんしかし、この免疫システムの力が弱まりガンとの闘いに敗れた場合に、人はガンになってしまいますこの考え方が、免疫療法には近く、標準治療とは大きく異なります4)ガンの標準治療の副作用本来、ガンで亡くなられる場合は、ガンが大きくなり周りの器官や臓器を圧迫し機能しなくなり死に至りますガン患者の方で、肺炎で亡くなる方が多くおられますこれは、ガンで亡くなるのではなく、多くはガン治療の副作用において免疫力が弱くなり亡くなります・ガン細胞の変化(耐性化)ガン治療における大きな問題として、ガンの耐性化がありますガンは環境により、生き延びるためにしたたかに変化しますガン治療後に生き残ったガンの中には、耐性を持ち抗がん剤が効きにくくなり、分裂速度が速くなったりして凶暴性を持つようになります分子標的薬の効果が1年程度もこの耐性化が原因です又、抗がん剤の中には、発ガン性の副作用がある物もあります次回は、「ガンになる人と、ならない人との違い」についてを綴ってみます💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング

  • 25Feb
    • 堀ちえみさんの、手術成功と今後の治療、舌がんの報道を受けて

      堀ちえみさん、手術成功と今後の治療、舌がん(ステージ4)の報道を受けてニュース、HPの報告から、無事に手術が成功された報道がありましたその中で「サンデー・ジャポン」の中で医師でありタレントとでもある西川史子先生の報道及び今後の治療を考察してみました「サンデー・ジャポン」に関する記事女医でタレントの西川史子(47)が24日のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に出演。22日にステージ4の舌がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)の、今後の経過について語った。 西川は堀の手術が11時間に及んだことについて「舌の6割を取ったということでしたので、再建に4~5時間かかってしまう」と説明した。 また、知人の専門医から話しを聞いたところ「1週間位するとリハビリを始められて、2週間位するとご飯を食べたり、話したりできるようになる。1か月くらいしたら退院まで出来るようになる人が多い」と言われたという。 その上で「舌がんは割と治りやすいがんだと言われている。しかもアゴを取るとかまで行っていないので、芸能界復帰も出来るのではないか」と聞かされたことも明かした。記事に対する意見と、今後の治療の考察西川先生のコメントですが、医師とは思えない発言に驚愕しています。第1に知り合いの医師からの意見とは、ご本人も医師なのにご自分の意見を言えないのは、如何なものか舌がんは決して特殊なものでもなく医学の知識があればご本人...もっと見るの意見を言えるのでは。。。第2に今回のコメントに関して、早期復帰についてですが、良性の腫瘍であれば今回のコメントの内容でも良いのですが今回の手術ではリンパ節を切除していますステージ4でこれらの状況から、舌がんを原発として悪性腫瘍が遠隔転移している可能性が極めて高く今後の治療が如何に大切かが今後の堀ちえみさんの復帰に関係すると思われます。おそらく、今後の治療法としてはDNA検査等によりがん細胞のEGFR等の抗原の種類を特定し、該当する分子標的薬を中心とし転移している箇所においては放射線治療を視野に入れた治療法になるでしょう。💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング

  • 21Feb
    • 堀ちえみさんの、舌がん(ステージ4)の報道を受けて

      堀ちえみさんの、舌がん(ステージ4)の報道を受けて先日、ニュースで堀ちえみさんの、堀ちえみさんの、舌がん(ステージ4)の報道がありました以前、PTA役員時に堀ちえみさんの講演会を拝聴しました学校教育の一環の講演で、タレント以外に色々な活動をされており感心していましたテレビでは「ちちんぷいぷい」にも出演されており、母親からの視点での発言など共感をして、時折ですが拝見させていただきました舌がん(ステージ4)と言うことですがステージ4:リンパ及び他臓器にも転移難病を含む治療をされていたようで治療にも影響があるかもしれません今回の治療は舌部と首部のリンパ節の(切除)外科手術ステージ4で他臓器に転移していることもあり、根治は厳しい状況ですおそらく、延命に重点をおいた療法になるでしょうこの状況では、手術後の抗がん剤治療や場合により放射線治療等が考えられますが治療方法の判断や投薬の処方を医師がどのように的確に実施できるかがおおきな要素となるでしょう先日の池江璃花子選手の白血病情報があり芸能・スポーツ関係者のがん報道が続いておりガン治療がマスコミにもクローズアップしています❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング

  • 18Feb
    • 池江璃花子選手の白血病情報をうけてPart2:急性白血病について

      池江璃花子選手の白血病情報をうけて Part2:急性白血病について水泳の池江璃花子選手の白血病情報をうけて前回は慢性白血病の概要をお知らせしましたが今回は急性白血病の概要をお知らせします白血病は以下の 急性白血病 急性骨髄性白血病(Acute Myeloid Leukemia:AML) 急性リンパ性白血病(Acute Lymphoblastic Leukemia:ALL) 慢性白血病 慢性骨髄性白血病(Chronic Myeloid Leukemia:CML) 慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphoblastic Leukemia:CLL) に大きく分類され、さらに症状(原因)により細分化され治療方法も異なります急性白血病の治療は慢性白血病と同様に抗がん剤等の化学療法が中心となり恒久的な対策としては骨髄移植も視野に入れることがあります❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤以下急性白血病の概要を「愛知県がんセンター中央病院HP」より引用します急性白血病 その名の通り早い経過をとり、放置すれば必ず命を落としてしまう悪性の病気です。急性白血病の由来する血球細胞は、造血幹細胞からある程度成熟した、若い段階で成熟が止まり、機能をほとんどもたない細胞としてどんどん増え続けます。そのため、多くの場合、赤血球、白血球、血小板の3系統のうち1~3系統の細胞数が減少します。その結果、貧血や感染症にかかりやすくなったり、出血が止まらなくなるという症状が起こります。また、肝臓、脾臓、リンパ節等いろいろな臓器に白血病細胞が侵入し、これらが次第に大きくなることで(肥大と呼ばれる)、いろいろな障害を引き起こすことになります。 抗がん剤を組み合わせた治療法やそれに造血幹細胞移植を加えた治療が必要です。【急性リンパ性白血病細胞の像】【急性骨髄性白血病細胞の像】【正常血液の像】末梢血には白血球として主に好中球とリンパ球が見られる。 右上に血小板、全体に多数の赤血球が見られる。 血液には、体に酸素を運ぶ赤血球、細菌等の敵から体を守る白血球、出血を止める血小板という血球が含まれ、骨の芯にある骨髄という工場で作られています。骨髄では、全ての血球のもとである造血幹細胞という樹の幹にあたる細胞があり、そこから、枝が生い茂る様に、赤血球・白血球・血小板としての働きを持った細胞へと分かれ成長(分化・成熟と呼ばれる)します。急性白血病は、骨髄で未熟な細胞が成長してゆく道筋で、分化・成熟する働きが失われ、異常な血液細胞が急速に歯止めなく増殖し、正常な血液を作る働きが損なわれてしまう病気です。がん化する血液の細胞により白血病の種類が異なります。大きく急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病に分かれますし、さらに詳しく分類されています。 血液細胞の中にしまい込まれた設計図(遺伝子)に何らかの理由で傷がついてしまい、分化・成熟の調節が失われると起こると考えられています。遺伝子の傷がどのようにして白血病の発生に関わるのか、詳細な研究が進められています。 正常な血液成分が減少することにより、病原体に対する抵抗力が低下し、熱やだるさなどの風邪のような症状が日増しにひどくなる場合や、また、生理が止まりにくい、青あざができやすいなど血が止まりにくい症状や、息切れや動悸などの貧血症状が出ることもあります。しかし、全く無症状で、たまたま、受けた血液検査の異常で見つかることもあります。どのように診断するのですか? 症状だけではこの病気かどうかわかりませんので、早めにお近くの病院を受診し、血液検査により、血球の数とバランスに乱れがないか調べます。もし、異常があれば、血液内科のある専門病院にて精密検査をお勧めします。特に大切な検査に、骨に細い針を刺して骨髄を少量吸い取り、骨髄中の細胞成分を詳しく調べる骨髄穿刺検査があります。同じ顔(細胞像)をした未熟で異常な造血細胞が増殖していれば、急性白血病と診断します。さらに、細胞の構造や細胞表面の印(細胞表面抗原)や遺伝子をしまい込む染色体の傷なども調べて、どのような種類の血球がどの成長段階で異常を生じたのか詳しく調べ、病気の型を診断し、治療方法を決める上で役立てます。 急性白血病は、日にちの単位で比較的急速に進行する病気です。もし、この病気が疑われ、精密検査が必要な場合は、その後の治療がより良い状態で開始できるように、できるだけ早めに専門病院を受診して下さい。急性白血病は、「不治の病」ではありません。 前に記したように、急性白血病とは、骨髄という血液の工場で、血球が成長してゆく機能が失われ、同じ顔をした未熟で異常な血液細胞が急速に歯止めなく増殖し正常な血液を作る働きが損なわれてしまう病気です。悪いおできは手術で取りきるというのが一般的な考え方ですが、白血病などの造血器腫瘍については、化学療法剤が良く効くため、良く切れるメスを使い分けるように、複数の化学療法剤を用いた治療(化学療法)を行います。化学療法の進歩と治療を安全に確実に進めるために支えとなる治療(支持療法)の発達により、今では白血病は不治の病ではありません。この病気を克服し社会復帰をされた方も大勢みえます。化学療法とはどのような治療ですか? 多くの化学療法剤は、仲間を増やす(複製する)勢いが強い細胞に、より積極的に取り込まれ、内側から工場を壊します。作用の異なる薬を組み合わせた多剤併用療法を数日間行い、白血病細胞を壊します。この際、正常な血液細胞も一時的に作られにくくなりますが、正常細胞の方が薬の影響からの回復が早いことを利用して、血液の働きが回復次第、順番に化学療法を繰り返し、白血病細胞を減らしてゆきます。骨髄中の白血病細胞が、一定量以下に減少し一見完治したように見える状態を「寛解」と呼び、最初に行う寛解を目指した強力な治療を寛解導入療法と呼びます。さらに、寛解をより深く確実なものにするために、地固め療法や維持・強化療法を続けます。白血病の種類により、薬が行き渡りにくい中枢神経などに対して、直接、薬を注射したり、放射線治療を追加することもあります。化学療法の副作用は? 白血病や化学療法に伴い、正常な血液成分が減少し、病原体に対する抵抗力の低下から感染症を生じたり、血が止まりにくくなったり、貧血症状が起こります。健常人では問題にならないような弱い病原体による感染(日和見感染症)でも命に関わることがあり、感染予防・抗生物質の進歩や、白血球を増やす薬(顆粒球刺激因子)の導入などの支持療法が欠かせません。輸血についても、皆様の善意により、成分献血が普及し、血小板の安全な輸血が可能となりました。点滴の進歩により、胃腸が弱り感染で消耗しても、十分な栄養管理ができ、体力的に病気に負けることが減りました。このように、急性白血病は、様々な分野の知恵を結集して治療を行う病気であり、寛解導入から社会復帰までの長い道のりを、体だけでなく心も支える医療チームが不可欠です。急性白血病を治すために、「造血幹細胞移植」が必要と耳にしますが、どのような治療ですか? 急性白血病は、白血病細胞を根絶するための化学療法と支持療法により、治る病気となりつつあります。しかし、一旦、寛解という落ち着いた状態となっても、残念ながら、再発してしまう患者様もみえます。そのため、急性白血病の種類、治りやすさを予測する指標や、実際の治療の効き具合により、さらに踏み込んだ治療が必要な場合があります。 「骨髄移植」は、「造血幹細胞移植」の一つです。「造血幹細胞移植」は、急性白血病が寛解となった後に、悪い細胞を含む造血細胞を、強力な治療(化学療法・放射線療法)で根こそぎ消去し、健康な血液をつくるもとの(樹木でいう幹にあたる)細胞を移し入れる治療法です。造血幹細胞として、自分のもの「自家移植」と、他人のもの「同種移植」を用いる方法があり、細胞の起源として「骨髄」「末梢血」「臍帯血」があります。がんの知識/いろいろながんの「造血幹細胞移植」も読んでください。 急性白血病の場合、同種移植が広く行われますが、提供者(ドナー)の協力が不可欠です。健康な兄弟姉妹の中でヒト白血球型抗原(HLA)が一致する方を探します。HLAが合う確率は1/4ですが、少子化の中で探すことは難しくなりつつあります。HLAを合わせることは、移植した細胞が安定して根付くことや、新しく造られたドナー型の白血球が宿主(患者の体)への攻撃(移植片対宿主病)を起こさずに守ってくれることに深く影響します。他人間でHLAが一致する確率は数百?数万分の一しかなく、より多くのバンクドナーの協力が必要とされる理由です。  全身麻酔下にて骨ではなく骨髄液を頂く方法(骨髄移植)と、白血球を増やす薬を投与し成分献血と同様な方法で体を巡る血液(末梢血)から若い血球を選んで頂く方法(末梢血幹細胞移植)があります。骨髄バンクでは前者のみ採用されています。臍帯血バンクは、予め臍帯(へそのお)から頂いた細胞を凍結保存し、必要な患者様に提供するシステムで、待ち時間が短い等の利点がありますが、体重の大きな成人には細胞数が足りない等の課題があります。 名古屋地区は骨髄バンク先駆けの地でもあり、愛知県がんセンター中央病院は、化学療法から各種造血幹細胞移植まで幅広い治療法を提供しています。愛知県がんセンター研究所では、白血病細胞を攻撃する細胞をつくり、移植後の治療に役立てる研究が進められています。❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤健康指導(指導・施術)◎生活習慣の指導:ガン体質(体温・PH・ストレス・睡眠・血流・ミトコンドリア)の改善により、がん体質を改善します ・食生活(食材・量・時間、等) ・運動/呼吸法(腹式呼吸法の指導) ・睡眠(時間・睡眠の質) ・その他(入浴・ストレスの改善、等)◎施術:免役力を向上させて がん を克服します ・自律神経の調整 ・血液の流れの改善 ・内臓・器官の正常化 ・ストレスの改善 気功(野口整体療法・臼井霊気療法)を基本とした施術 (強く押さえるのではなく、それぞれのツボに『気』を送る施術法です)*お問合せ先 📱 090-4498-1545  又はメール sreiki3166@gmail.com *メールアドレスが変わりました 大阪市西淀川区姫島  島田 修二 まで*施術時間 :約1時間*場所   :ご自宅・他、ご指定場所の出張健康指導 ご自宅・他、ご指定場所へ伺います*出張範囲 :大阪近郊(兵庫、奈良、京都)遠方の方は別途ご相談*施術料金:初回 5000円 , 2回目以降 10,000円*ホームページ、始めました(工事中です・・・すみません)https://sreiki3166.amebaownd.com/ 『がんを治す代替療法』をクリック!にほんブログ村末期がんランキング