(第25回目 Story4-4)

やりましたー!やり終えましたー!

今まで、どんな英会話のテキストも途中(ほぼ前半)で投げ出していたのですが、このテキストに関してはブログを書く使命があったとはいえ完遂することができました。。

最終の練習はとても簡単で、今までの労をねぎらうかのような内容でした。英文を見てから聞くとすぐに全部聞き取れるぐらいでした。

だからやり遂げた感満点

このテキストの感想としては私レベルの人には難し過ぎず、簡単過ぎずの丁度いい感じの難易度だと思います。

英語アレルギーになっている人にはネイティブの考え方を知る為の入門編みたいなものかなと思います。

無理矢理理解するというより、内容がけっこうフランクな会話なので感情移入しやすかったです。この感情移入がネイティブの感覚アレルギーの私でさえ理解してみようとさせたのかな?と思います。

それと話が飛ばないで1冊全部話がつながっているってのも続けれた要因だと思います。

わからない部分はCore ImageとNative Senseってのがあってネイティブはこんな感覚だよって教えてくれたのも助かりました。

でも1回の練習時間は結局30分程度で終わってしまいそれ以上にならずに25回を終えてしまいました。(以下にもなりませんでしたが、原因は集中力の限界?)

話の内容は面白かったから次が早くしたくなるのも原因かも?

リスニングの力はぐーんと伸びた訳ではないのでまだまだ練習が必要です。

取り合えず一通り終えたので、少し間を空けてから2回目に挑戦しようかなと思います。次はもう少し聞き取れるかな

これでリスニング編は終わりです。長い間お付き合いありがとうございました。

でも「トロントへの道」はマスター・ヴラディミアや英語の話せるシニアインストラクターと通訳無しで会話をすることを目標にしているのでまだだ続きます。

今月末にトロントに行きますが、今のままで行くと前回の入国審査再びになりそうなのでしばらくその対策をします。

そして帰って来たらブログにその時の状況をアップしますのでお楽しみに

Coming soon.