生きがいについて(価値創造の観点から) | すにょっぷのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

すにょっぷのブログ

誰もが互いを輝かしあえる社会を!
メンタリング(人の成長支援)とキャリアについて
いろいろな角度から発信していきたいと思います。

明日を良くしたいあなたへ


共創・共進化キャリアコンサルタントの

李 順葉(い すにょっぷ)です。

 

 

国際メンターシップグラジュエートスクールで

学んだことで15年間ずっと忘れずにいる

重要な概念のひとつに、

 

「価値創造」があります。

 

講師のおひとり、

 

当時福島大学教授の飯田史彦先生の

 

『生きがいのマネジメント』で学びました。

 

 

生きがい――

 

人間がもっとも人間らしくありたいときに

 

私たちはこの言葉を思い出し、

 

感じたいのではないでしょうか。

 

「生きる価値」という意味だけにとどまらない、

 

人生への積極的な欲求を意味するもの…

 

 

仕事はその積極的な欲求を満たすうえで

 

とても重要な機会であり、目標であるように

思います。

 

 

 

人の上に立つ人、人を育てる立場にある人には

 

ぜひ目を通していただけたらありがたいです。

 

 

 

 

●   二つの生きがい感  

 

①    職務価値・・・・・・自分が「価値ある仕事に従事している」という生きがい感

 

②    対人価値・・・・・・自分が人々から「価値ある存在として感謝されている」という生きがい感

 

 

 

●   三つの価値創造力(人の上に立つ人物に要求される能力)  

 

①    価値認識力・・・・・・すべての仕事が持つ価値、すべての人物が持つ価値を、正しく見抜く能力

 

②    価値伝達力・・・・・・仕事や人物について、見抜いたり、付加したりした価値を、人々に正しく伝え、自覚させる能力  認め合ってこそ、価値は最大の効果を発揮する

 

③    価値実現力・・・・・・人々が自覚した価値が、仕事や人間関係の上で効果を充分に発揮できるように、価値の発揮を阻害する要因を取り除いてやったり、より良く発揮できるように援助してやる能力

 

 

世の中のリーダーの中で、上記の

 

価値認識力と価値伝達力については

 

十分に持っている方は多いでしょう。

 

でも私は価値実現力が意外と大切で、

 

リーダーの真価が問われることじゃないかな

 

と考えています。

 

メンバーのモチベーションの持続は、

 

放任せずプロセスにコミットし、見守り続ける

 

リーダーの覚悟にかかっているような気がします。

 

 

この3つがすべて備わってこそ、

 

人が持つ価値が最大限に発揮されていくのではないでしょうか。

 

 

とても意義のある仕事を

 

それをできるのはあなたしかいないと言われ、

 

振り返ったらいつも見守っていてくれ、

困ったときに必ず支援してくれたなら、

 

熱意を持って取り組み続けるでしょう。

 

 

 

新型コロナの影響で大きく社会の様子が変化していく中、

 

改めて癒しあい、活かしあう生き方がさらに求められているように思います。

 

 

「価値」は伝え合ったり、

 

認め合ったりすることによって

 

“見えるもの”となり、そのことで

 

またさらなる力となりますね。

 

誰もが価値ある存在として活かしあい

 

希望を持って生きていける社会をめざしたい

 

と心からそう思います。
 

 

それでは今日はこの辺で。

 

明日が今日より良くなりますように・・・