夢があるからPDCAが回る | すにょっぷのブログ

すにょっぷのブログ

誰もが互いを輝かしあえる社会を!
メンタリング(人の成長支援)とキャリアについて
いろいろな角度から発信していきたいと思います。

明日を良くしたいあなたへ


共創・共進化キャリアコンサルタントの

李 順葉(い すにょっぷ)です。

 

 

 

「就職ゼミ」の授業の準備をしていて、

 

やはり今年の学生たちにも

 

この教材は使いたいなあ、と

 

思ったものをシェアします。

 

 

【問題】

 

右の□の中から言葉を選んで、

 

文章を完成させてください。

 

同じ番号には同じ言葉が入ります。

 

 

 

さて、いかがでしたか?

 

 

答えは・・・

 

夢のあるものには希望がある

 

希望のあるものには目標がある

 

目標のあるものには計画がある

 

計画があるものには行動がある

 

行動があるものには実績がある

 

実績があるものには反省がある

 

反省があるものには進歩がある

 

進歩のあるものには夢がある

 

 

でした。

 

いかがでしたか? この「夢の八訓」は

 

流通評論家の吉田貞雄さんの言葉とのこと。

 

実は私はこれは後から知りました。

 

ブログなどですでにたくさんの方が

 

話題にされているので、ご存じの方も多いかも。

 

実は私がこの言葉を知ったのは、

 

日本語を教えているときでした。

 

大阪難波の道具屋筋で食器を選んでいるとき

 

たまたま店先のワゴンの中にあった湯呑み。

 

 

あ、教材になるかも!と思い買い求めました。

 

そして、日本語の教材として、

 

次にはキャリアデザインの授業で、

 

そして企業のビジネス研修で・・・。

 

時を経て場と相手が変わり、

 

軽く1000人を超える人と共に考えてきました。

 

 

グループで話し合った発表を聞くと、

 

実にいろいろな答えが出てきます。

 

理由を聞くとすべて納得。

 

それぞれの経験から出てきた答えは

 

まさに正解でなく生解だ! と思いました。

 

でも、いろいろな答えがある中で、

 

必ずつながっている言葉がありました。

 

なんだと思いますか?

 

それは・・・

 

反省と進歩です。

 

他の順番がバラバラでも、

 

不思議なことに、なぜかこの二つは

 

くっついていることがほとんど。

 

振り返る力こそが進歩につながる

 

と、誰もが経験的にわかっているのかも。

 

 

そしてこの夢の八訓は、ビジネスの鉄則、

 

PDCAサイクルをさらにパワフルに。

 

夢は目的であり希望はモチベーションのもと。

 

希望なき目標は途中で頓挫しがち。

 

夢(真の目的)があるからこそ真の反省に。

 

振り返る力があるから進化できる。

 

 

※福島正伸先生の日めくりです。

 

 

自分で気づけたときに

 

ピンチはチャンスに変わるのかも。

 

難しいけど、素直で謙虚でありたいと思います。

 

 


 

それでは今日はこの辺で。

 

明日が今日より良くなりますように・・・