第69期王将戦7番勝負/第7局・二日目「渡辺王将の封じ手▲3五歩から」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

第69期王将戦7番勝負/第7局・二日目「渡辺王将の封じ手▲3五歩から」

第69期王将戦 – 毎日新聞
中継ブログ

 

 

初防衛を目指す渡辺明王将に

広瀬章人八段が挑戦する、第69期王将戦7番勝負。

 

ここまで6局を消化し、ともに譲らず3勝3敗のイーブン。

勝者がタイトルを手にする運命の大一番、最終戦/第7局が

昨日、新潟県佐渡市「佐渡グリーンホテルきらく」にて開幕。。

 

 

 

王将戦/第7局・一日目の流れ

 

 

あらためて振り駒で決まる最終戦の手番で

幸先良く先手を得たのは、渡辺王将でした。。

 

 

 

3手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺王将: なし

△広瀬八段: なし

 

初手▲7六歩~△8四歩~の出だしから

迎えた3手目に、渡辺王将は▲6八銀とし

この大一番で「矢倉」を明示します。。

 

 

 

45手目▲4二飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺王将: 銀、歩

△広瀬八段: 歩2

 

現代調の「矢倉」の駒組みから

渡辺王将は上図の局面で、いきなり角切りを決断。。

直後に飛車も捌いて、一気呵成に開戦へと誘います。。

 

王将戦/第7局・一日目の棋譜はこちら

 

 

【 一日目終了図・52手目△3三角 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺王将: 銀、歩2

△広瀬八段: 飛、歩2

 

一日目は上図52手目まで進行。

駒を回転させながら激しく攻める渡辺王将に対して

広瀬八段が自陣に角を投入し、銀に援軍を送った局面で

渡辺王将が次の手を封じて、指し掛けとなりました。。

 

 

一夜が明けて

迎えた本日、完全決着の二日目は。。

 

 

 

53手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺王将: 銀、歩2

△広瀬八段: 飛、歩2

 

注目の渡辺王将の「封じ手」は▲3五歩。

まずは本線の一手から、二日目をスタートしました。。

 

□□□

 

王将戦/第7局・一日目の所感 

 

 決着の二日目。。攻めるのか、守るのか

 

 

 

□□□

 

今泉健司四段特別インタビュー

第2弾公開中!文字数は一気に3倍増量!

率直で熱き言葉の数々をご確認ください☆

 

夢のプロ棋士へ!棋士編入試験について