準々決勝で渡辺三冠と対戦。。第5期叡王戦・本戦/2回戦「広瀬八段、圧巻の圧勝」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ

準々決勝で渡辺三冠と対戦。。第5期叡王戦・本戦/2回戦「広瀬八段、圧巻の圧勝」

第5期叡王戦中継サイト
本戦トーナメント表

 

【 投了図・87手目▲5三銀打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 角、歩

△塚田九段: 角、金2、銀、歩4

 

昨日行なわれました

第5期叡王戦・本戦トーナメント/2回戦

注目の「塚田泰明九段-広瀬章人八段」は

上図87手までで、先手・広瀬八段が勝利。

 

「塚田九段-広瀬八段」の棋譜はこちら

 

 

 

29手目▲4八金。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 角

△塚田九段: 角

 

塚田九段は「ノーマル角換わり」を敢行。。

オーソドックスは駒組みから銀を中央へと繰り出し

「腰掛銀」に形を決めた後手に対して、広瀬八段はまず

自陣を「▲4八玉+6八金+2九飛」型に組み上げます。

 

 

 

43手目▲7三角。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩

△塚田九段: 角、歩

 

両サイドの端歩を丁寧に突き合ってから

広瀬八段も銀を中央5筋の戦場へと繰り上げ

戦型はおなじみの「角換わり相腰掛銀」に決定。。

 

広瀬八段が3筋の歩を突き合せると(37手目▲3五歩)

塚田九段はお隣り4筋からすぐに反発(38手目△4四歩)。。

気合も満点に桂馬を6筋の戦場へと跳躍させますが、しかし

広瀬八段は空いたスペースへ、機微に角を投入すると。。

 

上図から、以下

△8一飛~▲6四角成~△7七桂成~▲同桂に△6三歩~

▲5四馬~△同歩をみて▲4三銀~△同金右~▲同歩成~

△同金~下図55手目▲4五桂としなやかに進行。。

 

 

 

55手目▲4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 金、桂、歩2

△塚田九段: 角2、銀2、歩

 

広瀬八段は華麗な駒捌きで手を繋ぎ

一方的に後手陣を崩し、終盤戦の幕を開きます。。

 

 

【 投了図・87手目▲5三銀打 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 角、歩

△塚田九段: 角、金2、銀、歩4

 

塚田九段は必死に食らいつきますが

広瀬八段の圧倒的な指し回しの前に為す術なく

上図の局面をみて、無念の投了を告げました。。

 

年内最後の公式戦で見事な完勝を飾り

その実力を遺憾なくみせつけた広瀬八段が

堂々のベスト8進出を決めました。。

 

年明け1月9日に行なわれます

準々決勝では王将戦の番勝負でも顔を合わせる

「渡辺明三冠-広瀬八段」が実現。。

 

王将戦開幕は1月12日。その前哨戦ともなる

新年早々のビッグカードから、目が離せません。。

 

□□□

 

神童は王位戦リーグ入りで年内フィニッシュ。。 

 

藤井七段今期成績一覧

 

 

慶春onLINE