戦型は「相掛かり」。。第69期王将戦挑戦者決定リーグ/5回戦「藤井七段、羽生九段に完勝」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ

戦型は「相掛かり」。。第69期王将戦挑戦者決定リーグ/5回戦「藤井七段、羽生九段に完勝」

王将戦 – 毎日新聞

第69期王将戦挑戦者決定リーグ対戦表

 

 

 

本日行なわれてます

第69期王将戦挑戦者決定リーグ/5回戦

大注目の「羽生善治九段-藤井聡太七段」は

羽生九段の先手で、東京・将棋会館にて。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△藤井七段: なし

 

羽生九段の初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します藤井七段も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△藤井七段: なし

 

両者はそのまま飛車先を決め、注目の戦型は

現代相居飛車の主流である「相掛かり」となりました。

 

 

 

11手目▲3六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△藤井七段: なし

 

互いに角頭を金で受け、飛車の横腹に銀を立てる

おなじみの同形模様の進行から、さらに9筋の端歩を突き合い

迎えた上図の局面で、羽生九段が飛車のコビンを開くと。。

 

 

 

12手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: なし

△藤井七段: なし

 

藤井七段は8筋の歩を突き合わせ

先手に先がけ、飛車先での歩交換を狙います。。

 

 

 

16手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 歩

△藤井七段: 歩

 

以下、▲同歩~△同飛の進行で歩交換が成立すると

羽生九段は突進してきた後手の飛車先を受けることなく

玉を立て、「中住まい」に構えました(15手目▲5八玉)。。

 

この手に藤井七段も追随

同じく玉を立てて「相中住まい」とすると、次に羽生九段が

右の桂馬を跳ねたのをみて(17手目▲3七桂)。。

 

 

 

18手目△8七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 歩

△藤井七段: なし

 

飛車先へガツンと歩のクサビを入れて

無理なく自然に拠点を作りました。。

 

 

 

27手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 歩

△藤井七段: なし

 

8筋を押さえ込まれたことで

角の活用を急がなければならなくなった先手に対して

藤井七段が満を持して角道を開いた(26手目△3四歩)

次の瞬間、羽生九段も自らの飛車先から突っかけます。。

 

 

 

30手目△6六角。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 歩2

△藤井七段: 角、歩

 

同じく△同歩~▲同飛の進行で歩交換が成立すると

藤井七段は握った手番で、自ら角交換を敢行しました。。

以下、▲同歩~△2ニ歩~▲8八歩~△3三角~▲2五飛に

△6六角~下図37手目▲8七金と進行。。

 

 

 

37手目▲8七金。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、歩2

△藤井七段: 歩

 

角交換成立直後に

藤井七段はすかさず手持ちの角を再投入し攻守の基点とすると

羽生九段が8筋の重石となっていた歩を金で払ったのをみて。。

 

 

 

38手目△8七同飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、歩2

△藤井七段: 金、歩

 

藤井七段は金との交換で飛車切りを決断。。

神童が自信あり気に盤上へ、風雲急を告げました。。

 

 

 

56手目△6六桂。

 

上図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、歩2

△藤井七段: 香、歩3

 

後手の強手を合図に、いざ開戦となると

羽生九段は2枚の飛車を頼みに2筋からの突破を狙いますが

しなやかに手が伸びる藤井七段が、問答無用の寄せに出ました。。

 

「羽生九段-藤井七段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・82手目△5八成桂 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲羽生九段: 角、桂、歩3

△藤井七段: 香、歩2

 

形勢は後手へと大きく傾いた最終盤戦。

先手の執念の反撃も形作りに留まり、上図の局面をみて

羽生九段は万策尽き果て、無念の投了を告げました。。

 

鋭い踏み込みから見事な完勝を飾った

藤井七段は値千金の白星でリーグ戦成績を3勝1敗としました。

一方、痛恨の初黒星を喫した羽生九段は2勝1敗となりました。

 

 

羽生九段の今期成績一覧

藤井七段の今期成績一覧

 

 

慶春onLINE