第60期王位戦7番勝負/第6局「終局直後」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ

第60期王位戦7番勝負/第6局「終局直後」

第60期王位戦中継サイト
中継ブログ

 

【 投了図・119手目▲6五金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲木村九段: 飛、角、桂2、香、歩4

△豊島王位: 金、歩2

 

昨日決着をみました

大一番、第60期王位戦7番勝負/第6局は

上図119手までで、先手・木村九段が勝利。

 

「木村九段完勝、決着は最終局へ」

 

戦型は「相掛かり」

二日目開始と同時に強襲を仕掛けた

豊島王位の猛攻を凌ぎながら目を覚ました

木村九段が見事な完勝でカド番を凌ぎました。。

 

この結果

今シリーズの対戦成績は3勝3敗となり

タイトルのゆくえはいよいよ最終戦/第7局まで

もつれ込みました。。

 

【 終局直後 】

 

木村九段

 

―― 一局を振り返っていかがでしたか。


「ちょっと序盤、棒銀の使い方で苦労したので

あまり芳しくないと思ってやってました」

 

―― △7六歩(36手目)から

△7七角と強襲されたあたりはいかがでしたか。

 

 

 

36手目△7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村九段: 角、歩3

△豊島王位: 角、歩

 

「常に自信が持てない、という展開でした。

苦労が多い、勝ちにくいな。とずっと思って

やっていました」

 

―― どのあたりで手応えを感じましたか。

 

「最後、▲8四角(115手目)が詰めろになったので

こちらが少し余裕があるのかなと」

 

 

 

115手目▲8四角。

 

上図での持ち駒

 

▲木村九段: 飛、角、桂2、歩4

△豊島王位: 桂、歩2

 

 

―― 中、終盤はどのように見ていましたか。

 

「駒得しているんですが

玉形が悪いので。ずいぶんプレッシャーの

かかる場面が続いているなと。あまりいいとは

思っていなかったです」

 

 

 

 

豊島王位

 

―― 一局を振り返っていかがでしたか。


「端を突き捨てた

(30手目△9五歩)のがやりすぎだったかなと。

 

 

 

30手目△9五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲木村九段: 歩2

△豊島王位: 歩

 

でも突き捨てないと他の変化の時に相手に手段を

与えてしまうかなと思ったのですが、角交換したあとの

▲7七金(35手目)がいい手で

 

 

35手目▲7七金。

 

上図での持ち駒

 

▲木村九段: 角、歩3

△豊島王位: 角、歩2

 

端(の突き捨て)をとがめられた形になって。

その後は自信のある局面がなかったような気がします。

 

2日目の△3七角成(58手目)と取って▲6八玉のところは

手が広いので、そこで何かもうちょっと頑張って、難しくする

順があったかもしれないかなと。

 

 

 

58手目△3七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲木村九段: 飛、角、歩6

△豊島王位: 桂2、歩

 

でも基本的にはちょっと

悪かったような気がしていました」

 

 

 

王位戦/第6局の棋譜中継はこちら

 

 

□□□

 

王位戦/第6局・一日目の所感

 

関所は難解にして手が広く。。

 

決戦の舞台は名宿・陣屋にて

 

王位戦/第6局開幕前夜

 

 

□□□

 

3期ぶりに王将リーグ復帰が決定!

 

羽生九段登場。。羽生世代対決再び

 

羽生九段今期成績一覧

 

 

将棋界秋の陣がたけなわ。。

 

【速報版】「永瀬叡王、らしく白星発進」

 

王座戦開幕前夜

 

 

慶春onLINE