[羽生世代]の勇躍続く。。第68回NHK杯/準々決勝「久保王将-丸山九段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月12日

[羽生世代]の勇躍続く。。第68回NHK杯/準々決勝「久保王将-丸山九段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第68回NHK杯将棋トーナメント

決勝トーナメント表

 

 

今回は日曜日に放送されました

第68回NHK杯将棋トーナメントの準々決勝

「久保利明王将-丸山忠久九段」の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△久保王将: なし

 

先手は丸山九段。その初手は飛車先を突く▲2六歩から。

いきなり居飛車を明示した先手に対し、久保王将は2手目に

△3四歩と角道を開き、含みを持たせて対局はスタート。。

 

 

 

4手目△4ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△久保王将: なし

 

続く3手目に、丸山九段が角道を開くと

久保王将は飛車に手をかけ、4筋へと振り

振り飛車の王道「四間飛車」を投入しました。。

 

 

 

12手目△7ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△久保王将: なし

 

丸山九段は居飛車、久保王将は振り飛車に

それぞれ飛車のポジションが決まったところで

両者は息を合わせて玉の囲いを目指します。

 

互いの角道が通ったまま、上図で久保王将は

振り飛車の相棒で「美濃囲い」を完成しました。。

 

 

 

14手目△3三角。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: なし

△久保王将: なし

 

一方、居角が邪魔で玉を7筋に留める

丸山九段が3筋の歩を突くと(13手目▲3六歩)

久保王将は自らの角を3三の地点に繰り上げ

先手からの角交換を注文しました。。

 

この手に対し、丸山九段は次に。。

 

 

 

15手目▲3三角成。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 角

△久保王将: なし

 

注文通りに角交換を敢行。。

負担になりそうな角を早目に捌きました。。

 

 

 

24手目△2五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 角

△久保王将: 角

 

しかし、角交換成立後も穏かな駒組みとはならず。

玉の囲いを決めるよりも先に、右の銀を足早に繰り上げ

丸山九段は6筋の戦場に構えました(21手目▲6六銀)。。

 

すると久保王将は上図の局面で

先手の飛車先に桂馬をポーンとタダ捨てして

軽快に、仕掛けを開始します。。

 

丸山九段は▲同飛(25手目)で桂馬を捕獲し、以下

△2四歩~▲8五飛~△2八角~▲3七角~△同角成~▲同桂に

△2八角~▲5五角~△5ニ金左~▲3五歩~△1九角成~▲3四歩~

△3一飛をみて、下図39手目▲2ニ角成と進行。。

 

 

 

39手目▲2ニ角成。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂、歩

△久保王将: 香、歩

 

久保王将は先手の飛車をどかした2筋から踏み込み

角交換をはさみつつ、馬を作って香車を捕獲しますが

その間に丸山九段も機微に3筋の歩を突き越してから

敵陣に馬を作り、久保飛車を狙います。。

 

 

 

45手目▲3五香。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂

△久保王将: 香、歩3

 

現在進行中の王将戦では

渡辺明棋王の猛威の前に開幕から元気なく3連敗中。。

調子が気になる久保王将ですが、王将戦の前に収録された

本局も手が伸びず、上図であっさりと飛車が追い込まれると。。

 

 

 

46手目△4四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂

△久保王将: 香、歩3

 

代えて△5四飛と逃げて一局かと思われましたが

久保王将は馬の当たりとなる4筋に敢えて飛車移動。。

 

この手をみて、丸山九段は

すかさず馬で飛車を捕獲します(47手目▲同馬)。。

 

すると。。

 

 

 

55手目▲4三桂。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 飛

△久保王将: 香、歩2

 

丸山九段は後手の飛車が消えた3筋から

香車に続けて飛車が悠々と敵陣を突破(53手目▲3三飛成)。

大きな拠点を作ると、さらに桂馬を投入し畳み掛けます。。

 

 

 

65手目▲5ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 飛

△久保王将: 銀、桂、香、歩2

 

久保王将は小駒を利かせて反撃に転じますが

丸山九段はここが勝負と構うことなく攻勢を強め

後手の「美濃囲い」へ襲い掛かります。。

 

 

 

83手目▲6一銀。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 飛、金、桂2

△久保王将: 銀、香、歩4

 

先手の玉形も安定しておらず

猛攻の代償として、久保王将は8筋から攻め込みますが

丸山九段は応戦しながらギリギリまで後手玉に迫ります。。

 

上図から次に、久保王将が

金底に香車を打ち込み我慢したのをみて。。

(84手目△7一香)

 

 

 

85手目▲7七金。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 飛、桂2

△久保王将: 銀、歩4

 

丸山九段はここで自陣に手を戻し

後手の成銀目がけてガツンと手持ちの金を投入。。

攻めに熱く、守りに厚い「激辛流」が冴え渡ります。。

 

 

 

90手目△9ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲丸山九段: 桂2

△久保王将: 歩4

 

自玉の安全を確保したところで

丸山九段はさらに厳しく後手玉攻略を目指します。。

久保王将は渾身の粘りで辛抱を重ねますが。。

 

「久保王将-丸山九段」の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・109手目▲8三龍左 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲丸山九段: 金、銀、桂2、香、歩

△久保王将: 金、銀、歩4

 

丸山九段は逃すことなく、きっちりと仕留め上げ

上図の局面をみて、久保王将は無念の投了を告げました。

 

持ち味発揮で見事勝利を飾った

丸山九段は先週放送の森内俊之九段に続きベスト4進出。

NHK杯を舞台に、「羽生世代」の勇躍が続きます。。

 

 

 

□□□

 

日曜日の激闘。。

 

頂上決戦、まずは一矢。。

 

 

 

□□□

 

舞台は富山

 

棋王戦/第2局開幕前夜

 

 

 

 

□□□

 

王将戦/第3局終局直後の感想

 

衝撃の大差。。

 

王将戦/第1局一日目の所感

 

久保王将の反撃成るか

 

 

勝負の第3局、舞台は栃木県

 

王将戦/第3局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

  

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス