本日は第4期叡王戦決勝三番勝負/第1局「永瀬七段、踏み込み鋭く」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月11日

本日は第4期叡王戦決勝三番勝負/第1局「永瀬七段、踏み込み鋭く」

テーマ:ブログ

第4期叡王戦公式HP
本戦トーナメント表

 

 

高見泰地叡王への挑戦権を懸けて

いよいよ本日、第4期叡王戦挑戦者決定三番勝負

「菅井竜也七段-永瀬拓矢七段」が開幕。。

 

振り駒で決まる開幕戦の手番で

幸先良く先手を得たのは、菅井七段でした。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

菅井七段の初手は▲5六歩。

いきなり代名詞である振り飛車投入を示唆すると

永瀬七段は2手目△8四歩と飛車先を突き、居飛車を明示。

互いのポリシーを盤上に反映して対局はスタート。。

 

 

 

7手目▲5八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

菅井七段は3手目に角道を開いてから

位を取った5筋へ飛車を振り、大事な開幕戦で

十八番の「ゴキゲン中飛車」を投入しました。。

 

 

 

16手目△2ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

互いに飛車のポジションが決まると

両者はすかさず居玉を解除し、玉の囲いを目指します。。

 

 

 

19手目▲9八香。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

すると上図の局面で

後手に続いて先手も1筋の香車を繰り上げ

堅くて遠い「穴熊」を明示すると。。

 

 

 

26手目△2ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

大一番らしく、まずは手堅く

両者は「穴熊」に玉をおさめ、銀のハッチを閉めました。

 

 

 

43手目▲3八金寄。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

菅井七段は5筋の位を飛車にまかせて

二枚の金を「穴熊」に連結し、堅い囲いが完成。

その間に、角を旋回しラインを変えた永瀬七段が

戦場に角をのぞかせると(44手目△6四角)。。

 

 

 

45手目▲5八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

菅井七段はスッと飛車を引き下げ

重心低く、後手の出方を待ち受けます。。

 

この手に対し、永瀬七段も

金を囲いにひきつけ、隙間を埋めると(46手目△3ニ金)

次に、菅井七段が角を引いたのをみて。。

(47手目▲5九角)

 

 

 

48手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: なし

△永瀬七段: なし

 

永瀬七段は飛車先8筋の歩をつき合わせ

このタイミングで、先に仕掛けを開始しました。。

 

菅井七段は▲同歩(49手目)と応じて、以下

△7五歩~▲同歩~△同角~▲3六歩~△7ニ飛に

▲7七角をみて、下図56手目△7八歩と進行。。

 

 

 

56手目△7八歩。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: 歩2

△永瀬七段: なし

 

永瀬七段は飛車・角の大駒を構えた7筋で

敵陣に嫌らしく歩を垂らし、追撃への味をつけます。。

 

ここで手番の菅井七段は

後手の角の頭上に歩を突き立て、反撃に転じますが。。

(57手目▲7六歩)

 

 

 

58手目△3九角成。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: 歩

△永瀬七段: 金

 

永瀬七段は角を逃がすことなく

金との交換で敵陣に飛び込み斬り捨てました。。

 

 

 

65手目▲4四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: 角

△永瀬七段: 金、歩2

 

よどみなく戦端を開いた後手に対して

菅井七段は5筋の突き捨てから、反撃を開始。。

続けて4筋でも歩を突き捨てると、その裏側へ

歩を投入し、金の頭上を叩きます。。

 

 

 

66手目△5三金。

 

上図での持ち駒

 

▲菅井七段: 角

△永瀬七段: 金、歩2

 

永瀬七段が狙われた金を5筋に避けた

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩突入となりました。。

 

 

決勝三番勝負/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

両者の気迫がほとばしる熱き攻防戦は

現局面では、後手の仕掛けが決まったようにもみえますが。。

果たして、菅井七段の切り返しやいかに。。

 

夕食休憩明けからの終盤戦から目が離せません。

 

 

 

□□□

 

舞台は富山

 

棋王戦/第2局開幕前夜

 

 

 

 

□□□

 

王将戦/第3局終局直後の感想

 

衝撃の大差。。

 

王将戦/第1局一日目の所感

 

久保王将の反撃成るか

 

 

勝負の第3局、舞台は栃木県

 

王将戦/第3局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

  

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス