第44期棋王戦5番勝負/第2局「終局直後」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月11日

第44期棋王戦5番勝負/第2局「終局直後」

テーマ:ブログ

第44期棋王戦中継サイト
中継ブログ

 

【 投了図・119手目▲7一角 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 銀2、香、歩3

△広瀬竜王: 金、桂、歩3

 

昨日、富山県にて決着をみました

注目の第44期棋王戦5番勝負/第2局は

上図119手までで、先手・渡辺棋王が勝利。

 

「渡辺棋王は揺るぎなく、防衛に王手」

 

終局時刻は午後6時38分。

中盤の激しい攻防戦を見事に制した渡辺棋王が

終盤で突き放し、開幕戦に続く磐石の勝利を飾り

7連覇に王手をかけました。

 

【 終局直後 】

 

渡辺棋王

 

―― 非常に難しい

角換わりになりました。どうでしたか。

 

 

 

59手目▲2ニ馬。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 歩2

△広瀬竜王: 香、歩

 

お昼ぐらいまでは、予定でやっていました。

そのあと△6七桂(76手目)から攻め込まれたのは

予定ではなかったです。

 

そのあとの分かれは

苦しいんじゃないかと思っていました。

 

 

 

76手目△6七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、金、歩3

△広瀬竜王: 角、銀、香、歩

 

 

―― 全体を振り返ってポイントの局面は。

 

▲7五歩(87手目)と突いたところは

まずいんじゃないかと思って指していました。

何か後手にうまい手があれば、負けるんだろうな

と思っていました。

 

 

 

87手目▲7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀、桂、歩3

△広瀬竜王: 金、香2、歩

 

 

―― 終盤、難解でしたが、勝ちを意識されたのは。

 

▲2二竜(107手目)が

詰めろで入ったので。詰めろならいけるかなと。

 

 

 

107手目▲2ニ龍。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀2、桂2、歩3

△広瀬竜王: 金、香、歩

 

 

―― これで7連覇に

あと1勝になりました。第3局に向けて。

 

1カ月ぐらい空くので

その間にじっくり作戦を練って臨みたいと思います。

 

 

 

 

広瀬竜王

 

―― 残念な結果になりましたが、作戦はどうでしたか。

 

水面下では研究されている形かなと思っていました。

基本的に難しい変化が多いので、やってみないとわからない

と感じていました。

 

 

―― 中盤までは。

 

△6七桂(76手目)から攻めが続けば

まずまずかなと思っていました。▲7五歩と突かれたときに

いい対応策があるかどうかが、すべてだったように思います。

 

 

 

76手目△6七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、金、歩3

△広瀬竜王: 角、銀、香、歩

 

 

―― どのあたりで、形勢を損ねたと思いますか。

 

△8七歩から△5七金はひねった手順だったので。

▲同金で余されるのが読み抜けていました。あそこで

ダメにしてしまいました。

 

 

 

90手目△5七金。

 

上図での持ち駒

 

▲渡辺棋王: 角、銀、桂、歩4

△広瀬竜王: 香2

 

 

―― シリーズは追い詰められましたが

第3局以降の戦いは。

 

まずは自分自身の調子を

何とかしないといけないなと。あとは、もう少し競った

将棋を指せるように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

棋王戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

 

□□□

 

舞台は富山

 

棋王戦/第2局開幕前夜

 

 

 

 

□□□

 

王将戦/第3局終局直後の感想

 

衝撃の大差。。

 

王将戦/第1局一日目の所感

 

久保王将の反撃成るか

 

 

勝負の第3局、舞台は栃木県

 

王将戦/第3局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

  

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス