第77期B級2組順位戦/9回戦「次世代のオンリーワン・永瀬七段、来期は鬼の棲みかへ」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月08日

第77期B級2組順位戦/9回戦「次世代のオンリーワン・永瀬七段、来期は鬼の棲みかへ」

テーマ:ブログ

名人戦棋譜速報(有料。要登録。)
第77期B級2組順位戦対戦表

 

 

 

 

思わぬ大差となった王将戦/第3局の余韻もまだ残りますが

今回は、一昨日に行なわれた第77期B級2組順位戦/9回戦から

「先崎学九段-永瀬拓矢七段」の模様を振り返らせていただきます。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: なし

△永瀬七段: なし

 

本局の先手は先崎九段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。

対します、永瀬七段も2手目に同じく角道を開く

△3四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: なし

△永瀬七段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

いざ「横歩取り」を目指す序盤の出だしとなりました。。

 

 

 

14手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩2

△永瀬七段: 歩2

 

そのまま定跡手順の進行となり

互いに角頭を金で受け、飛車先で歩を交換して

迎えた上図の局面で、先崎九段は次に。。

 

 

 

15手目▲2八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩2

△永瀬七段: 歩2

 

代えて▲3四飛と3筋の歩を取れば

戦型は「横歩取り」でしたが、先崎九段は10分の考慮で

横歩を取ることなく、浮き飛車を自陣に引き下げました。。

 

この手をみて、では私がと

永瀬七段が8筋に浮いた飛車で、お隣り7筋の歩を取り

戦型は「横歩取らずの横歩取り」に(16手目△7六歩)。。

 

 

 

20手目△2三歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩2

△永瀬七段: 歩2

 

先崎九段は7筋に回った後手の飛車先を角で受けると

永瀬七段が飛車を7四の地点へ素直に引き下げたのをみて

6筋の歩を突き、直接向い合う角道を止めました。。

 

この手に対し、永瀬七段も角頭に歩を打ち

先手の飛車先が素通しだった2筋を穏便におさめます。。

 

 

 

28手目△4ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 桂、歩4

 

先崎九段は居玉ままで

飛車を8筋へと振り、「向かい飛車」とすると(25手目▲8八飛)

自陣6筋に金と銀を立てに並べて構える意欲的な駒組みを披露。。

 

その間に、おなじく飛車を8筋に戻した

永瀬七段が居玉を解除した、上図の局面で

午前の対局は終了、お昼休憩突入となりました。。

 

 

【 お昼のオーダー 】

 

先崎九段: とろろせいろそば

永瀬七段: ミックス雑炊・納豆追加

 

 

 

29手目▲4八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩2

 

午後の対局開始の一手で

先崎九段も居玉を解除し、4筋に構えると

次に、永瀬七段の7二銀(30手目)をみて。。

 

 

 

31手目▲6五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩2

 

先崎九段は32分の考慮の後

6筋の歩を伸ばし、再び角を相対峙させました。。

 

 

 

39手目▲5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩2

 

しかし、どちらも角交換を敢行せず。。

すると先崎九段は上図で再び角道を止めます。。

攻守ともに駒の連係が薄く、ここからどうまとめるのか

構想が見え難い先手に対し、永瀬七段は。。

 

 

 

40手目△2六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩2

 

2筋の歩を、いまだがら空きの先手陣目がけて伸ばし

来るべき開戦へ向け、そつなくジワジワと圧力を高めます。。

 

 

 

50手目△4ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩2

 

後手の巧みな指し回しの前に、陣形が間延びし

いよいよ収拾がつきそうになくなった先手に対して

「中住まい」に決めた玉の左右に金銀を交互に配置し

永瀬七段は囲いを完成し、自陣を引き締めると。。

 

 

 

52手目△2一飛。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩2

△永瀬七段: 歩2

 

先崎九段が堪らず

2筋に垂らされた歩を銀で捕獲した(51手目▲2六銀)

次の瞬間、永瀬七段は飛車をその2筋へ気持ちよく旋回。。

1筋の端から先手陣を厳しく睨む角とともに形を決めました。

 

開戦を前に苦しくなった先崎九段は

浮いた銀の真下に歩を打ち込み、守勢を強めますが。。

(53手目▲2七歩)

 

 

 

54手目△2八歩。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩

△永瀬七段: 歩

 

永瀬七段は見逃すことなく、爽やかに

拠点とした2筋に一本叩きを入れて、仕掛けに入りました。。

 

先崎九段はすぐに▲同玉(55手目)と応じて、以下

△2五歩~▲3七銀~△4五桂~▲4六歩~△2六歩~

▲同歩~△3五歩~▲同歩に△3七桂成~▲同金をみて

△3五角~▲5七銀~下図68手目△2六角と進行。。

 

 

 

68手目△2六角。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 桂、歩4

△永瀬七段: 銀、歩2

 

永瀬七段は淡々と先手陣を切り崩し

最初の仕掛けからそのまま一気に終盤戦へと導きます。。

 

 

 

75手目▲5六角。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 桂、歩3

△永瀬七段: 金、銀、歩

 

後手の猛攻がようやうく一段落すると

先崎九段は飛車を玉の傍らに引き寄せてから

手にした角を投入して攻守に利かせた、上図の局面で

夜戦に備えて夕食休憩に突入します。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

先崎九段: 注文なし

永瀬七段: ミックス雑炊、納豆追加

 

 

 

79手目▲3九桂。

 

上図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩3

△永瀬七段: 歩

 

夕食休憩が明けると

先崎九段が突き合わせた5筋の歩を無視して(77手目▲5四歩)

永瀬七段は手持ちの金・銀を3筋に連続投入し、再び攻勢に転じます。

 

先崎九段は飛車の真下に桂馬を投入して、徹底抗戦。。

若い精鋭相手に渾身の粘りで、勝利への執念を燃やしますが。。

 

 

【 投了図・104手目△4九龍 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲先崎九段: 歩3

△永瀬七段: 桂、歩4

 

永瀬七段は切れ味鋭く、スマートに

先手玉を完璧に斬って取り、上図の局面をみて

先崎九段は万策尽き果て無念の投了を告げました。。

 

終局時刻は午後8時15分。

見事な完勝を飾った永瀬七段は順位戦負けなしの9連勝で

最終戦を待たずに来期の「鬼の棲みか」B級1組昇級を決めました。。

 

一方、先崎九段は順位戦6連敗で1勝8敗に。。

休場のブランクは大きく、不本意なシーズンとなりましたが

来期はC級1組から捲土重来、出直しをはかります。。

 

 

 

□□□

 

王将戦/第3局終局直後の感想

 

衝撃の大差。。

 

王将戦/第1局一日目の所感

 

久保王将の反撃成るか

 

 

勝負の第3局、舞台は栃木県

 

本日より、王将戦/第3局開幕

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

 

 

□□□

 

王将戦/第2局終局直後の印象

 

決断の封じ手、思わぬ大差。。

 

 

王将戦/第2局・一日目の所感

 

振り飛車不満なし。。渡辺棋王の構想や

 

 

王将戦/第2局は大阪決戦

 

王将戦/第2局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス