第44期棋王戦5番勝負/第1局「先手は広瀬竜王、戦型は相掛かり」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年02月02日

第44期棋王戦5番勝負/第1局「先手は広瀬竜王、戦型は相掛かり」

テーマ:ブログ

第44期棋王戦中継サイト
中継ブログ

 

7連覇を目指す渡辺明棋王に

広瀬章人竜王が挑戦する、第44期棋王戦5番勝負。

 

将棋界の年度末の風物詩が、本日より

棋王戦の聖地、石川県金沢市「北國新聞会館」にて

いよいよ開幕の時を迎えます。。

 

 

 

棋王戦/第1局・柔らかいプレビュー

 

 

振り駒で決まる開幕戦の手番で

幸先良く先手を得たのは、広瀬竜王でした。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

広瀬竜王の初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、渡辺棋王も2手目△8四歩と飛車先を突き

対局はスタートとすると、両者はそのまま飛車先を決め

「相掛かり」の出だしとなりました。。

 

 

 

10手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△渡辺棋王: なし

 

そこから「角換わり」を目指す変化も最近は見られますが

本局は呼吸を合わせて、角道を閉じたまま角頭を金で受け

序盤は慎重に、同形模様の探り合いとなりました。。

 

棋王戦/第1局の棋譜中継はこちら

 

 

□□□

 

開幕戦は聖地にて

 

棋王戦/第1局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

 【速報版】「直接対決、豊島二冠が制す」

 

 

□□□

 

藤井七段は絶好調!

 

神童は止まらず、公式戦煌きの10連勝

 

 

 

□□□

 

王将戦/第2局終局直後の印象

 

決断の封じ手、思わぬ大差。。

 

 

王将戦/第2局・一日目の所感

 

振り飛車不満なし。。渡辺棋王の構想や

 

 

王将戦/第2局は大阪決戦

 

王将戦/第2局開幕前夜

 

 

 

□□□

 

名人相手に問答無用の圧勝。。

 

棋王戦挑戦者は広瀬八段に決定!

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス