新年幕開けから豪腕全開。。第90期棋聖戦・二次予選/1回戦「広瀬竜王-佐藤九段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2019年01月09日

新年幕開けから豪腕全開。。第90期棋聖戦・二次予選/1回戦「広瀬竜王-佐藤九段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第89期棋聖戦中継サイト

第90期二次予選トーナメント表

 

 

 

今回は一昨日に行なわれました

第90期棋聖戦・一次予選/1回戦の注目カード

「広瀬章人竜王-佐藤康光九段」の模様を

振り返らせたいただきます。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

本局の先手は広瀬竜王。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、佐藤九段も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

次に両者はそのまま飛車先を決めて

まずは「相掛かり」の出だしとなりました。。

 

 

 

9手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

続く5手目に角道を開いた

広瀬竜王は佐藤九段の△3ニ金(6手目)をみて

角を7七の地点に繰り上げ、後手の飛車先を受けつつ

「角換わり」での勝負を指向します。。

 

この手に対して、佐藤九段が角道を開くと

広瀬竜王は銀を6筋に上げて、後手からの角交換

あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

10手目△5ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

佐藤九段は角交換を敢行するでも、拒むでもなく

玉の頭上に金を乗せ、「角を換えたければどうぞ」

と、先手に手番を渡しました。。

 

 

 

22手目△5三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

「手損をしてまで角交換には拘らない」と

広瀬八段も角は換えずに▲7八金(11手目)と返すと

佐藤九段はすかさず角道を止め、力戦模様の進行へ。。

 

その後、しばらく

両者は角を取り込んだまま自陣の駒組みを進行させ

上図で佐藤九段は二枚銀が並ぶ「雁木」に構えました。

 

この手をみて、広瀬竜王は次に。。

 

 

 

23手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

攻撃の銀を

中央5筋に繰り出し「腰掛銀」に形を決めました。

 

 

 

29手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△佐藤九段: なし

 

先に仕掛けたのは、広瀬竜王。

後手が右玉に構えたのをみて(28手目△6ニ玉)

自らの飛車先2筋の歩を突き合わせます。。

 

 

 

46手目△3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△佐藤九段: なし

 

広瀬竜王が飛車先の歩を切り、一歩を手にすると

局面は再び落ち着き、双方自陣の駒組みが続きますが

角を1筋の端から覗かさせた佐藤九段が、上図の局面で

3筋の歩を突き合わせ、逆に仕掛けを開始しました。。

 

広瀬竜王は堂々と▲同歩(47手目)と応じて、以下

△同角~▲6八角~△3六歩~▲同銀~△4六角に

▲4七金~△1三角~▲1五歩~△3五歩~▲2五銀~

△3三桂をみて、下図59手目▲1四歩と進行。。

 

 

 

59手目▲1四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩4

△佐藤九段: なし

 

広瀬竜王は後手の仕掛けを真っ向から受けて立ち

力強く攻め駒を前に出して、後手の起点である角を

厳しく追い払いながら、攻防の主導権を握ります。。

 

 

 

76手目△3八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 桂、香、歩

△佐藤九段: なし

 

タダでさえ守りの薄い「右玉」の自陣に

小駒でアサリと突破を許し、さらには角も詰まされた

佐藤九段は強引な飛車取りを懸けて抵抗しますが。。

 

 

 

85手目▲3ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、桂、香、歩

△佐藤九段: 歩

 

直後に、銀と角を手放し飛車を手にした佐藤九段は

敵陣へ早速打ち込み龍を作りますが、敵将はあまりに遠く。。

一方の広瀬竜王は握った手番で、豊富な持ち駒を活用し

自然にして力強く、後手陣侵攻に取り掛かります。。

 

 

 

107手目▲5ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、金、銀、桂、歩

△佐藤九段: 歩2

 

佐藤九段も必死の追い込みをみせますが

現代将棋界屈指の終盤力と正確無比な速度計算力を誇る

広瀬竜王は動じることなく確実に、佐藤玉へと迫ると。。

 

 

【 投了図・129手目▲2五桂 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 飛、銀、歩

△佐藤九段: 角、金、銀3、桂、歩3

 

最後は鮮やかに後手玉を仕留め上げ

上図の局面で佐藤九段は無念の投了を告げました。

 

昨年末に竜王を奪取し、本年に天下統一の期待もかかる

広瀬竜王は新年初戦を強さ溢れる見事な勝利で飾りました。。

 

 

□□□

 

関西にて、CoCo壱の出前がスタート!

 

C級1組/9回戦「藤井七段完勝で開幕8連勝」

 

 

 

 

□□□

 

名人相手に問答無用の圧勝。。

 

棋王戦挑戦者は広瀬八段に決定!

 

 

 

 

□□□

 

王将戦で宿命の対決が実現。。

 

第68期王将戦「挑戦者は渡辺棋王に決定」

 

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

慶春onLINE

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス