衝撃の一手ばったり。。第31期竜王戦7番勝負/第6局「広瀬八段、歴史的圧勝で決着は最終戦へ」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ

衝撃の一手ばったり。。第31期竜王戦7番勝負/第6局「広瀬八段、歴史的圧勝で決着は最終戦へ」

31期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

通算100期目のタイトル防衛を目指す羽生善治竜王に

優駿・広瀬章人八段が挑戦する、第31期竜王戦7番勝負。

 

ここまで5局を消化し、羽生竜王が3勝2敗とリード。

防衛に王手を掛けて迎えた大一番/第6局が、昨日より

鹿児島県指宿市「指宿白水館」にて開幕。。

 

 

竜王戦/第6局・柔らかいプレビュー

 

 

本局の先手は広瀬八段。

カド番でもう後のなくなった本局の初手は

飛車先を突く▲2六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: なし

△羽生竜王: なし

 

対します、羽生竜王も

2手目に同じく飛車先を突く△8四歩と返し

対局はスタートとなりました。。

 

 

 

5手目▲7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: なし

△羽生竜王: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決めると

広瀬八段が角道を開けた上図の局面をみて

羽生竜王は早くも手を止め、考慮に耽ります。。

 

ここは後手の作戦の分かれ道。

△3ニ金なら今シリーズ5度目の「角換わり」が

△3四歩と角道を開けば「横歩取り」への変化が

それぞれ有力となりますが。。

 

 

 

6手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: なし

△羽生竜王: なし

 

羽生竜王は12分の考慮の末に

先手に追随し角道を開き、タイトルの懸った大一番で

「横歩取り」での勝負を指向しました。。

 

 

 

14手目△8六同飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩2

△羽生竜王: 歩2

 

そのまま同形模様の進行は続き

互いに角頭を金で受け、飛車先で歩を交換して

迎えた上図の局面で、広瀬八段は次に。。

 

 

 

15手目▲3四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

2筋の浮き飛車でお隣り3筋の歩をかすめとり

戦型は今シリーズ初となる「横歩取り」に決定しました。

 

 

 

18手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩3

△羽生竜王: 歩2

 

「横歩取り」へと誘導した形の羽生竜王が

3筋に回った先手の飛車先を角で受けると(16手目△3三角)

広瀬八段は2分の少考で、飛車を引かずに玉を立て(17手目▲5八玉)

「横歩取り」の変化の中で最も激しい「青野流」を採用します。。

 

この手をみて、羽生竜王も14分の考慮の後

先手と同じく玉を立て、まずは「相中住まい」とすると。。

 

 

 

20手目△7六飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩3

△羽生竜王: 歩3

 

次に、広瀬八段が3筋の歩を突いたのをみて

羽生竜王も8筋の浮き飛車でお隣り7筋の歩を取り「相横歩取り」に。

広瀬八段が7筋に回った後手の飛車先を後手と同じく角で受けると。。

 

 

 

22手目△7四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩3

△羽生竜王: 歩3

 

羽生竜王はスッと飛車を引き下げ

3筋に浮いたまま突っ張る先手の飛車にぶつけて

飛車交換を注文しました。。

 

広瀬八段は34分、時間を費やし

慎重に読みを入れ直してから、この申し出を受け入れ

早々と、飛車交換が成立します(23手目7四同飛)。。

 

すると、さらに。。

 

 

 

26手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 飛、歩3

△羽生竜王: 飛、角、歩3

 

飛車交換成立直後

羽生竜王は間髪入れずに角交換も敢行。。

一日目の午前中で飛車・角の大駒が盤上から姿を消す

研究将棋の代名詞「横歩取り」らしい、激しい進行に。。

 

 

 

39手目▲4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩4

△羽生竜王: 歩

 

羽生竜王は手にした飛車を敵陣に投入してから

角を5筋の戦場にぶら下げ、ケレン味なく形を決めます。。

 

対する広瀬八段は飛車を9九の地点に閉じ込めると

後手の司令塔となった角に飛車をぶつけて、その左右に

跳躍した桂馬を張り付け、総攻撃の準備を整えました。。

 

盤上の緊張がピークに達した

上図から次に、羽生竜王が右の銀を玉の横腹に連結。

こちらは専守防衛の構えを築いた、次の瞬間。。

 

 

 

 

43手目▲5三同桂成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 銀、歩5

△羽生竜王: 桂、歩

 

広瀬八段は左右の桂馬を連続発射。。

緊張地帯に張られた駒を気持ちよく捌くと。。

 

 

 

45手目▲7八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩5

△羽生竜王: 桂2、歩

 

広瀬八段は爽やかに自陣に手を戻し

桂馬との交換で手にした銀を打ち込み飛車を詰ませました。

一直線の進行から、ようやく手番が回ってきた羽生竜王は

飛車を角と刺し違えると(46手目△8八飛成)。。

 

 

 

48手目△3七角。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 飛、歩5

△羽生竜王: 桂2、歩

 

羽生竜王は返す刀で

手にしたばかりの角を敵陣の好所に打ち込み

5筋に張られた飛車に当てて切り返します。。

 

この局面で、広瀬八段が次の手を封じて

激しかった一日目は終了となりました。。

 

 

「羽生竜王激しく、封じ手は広瀬八段」

 

 

局面はすでに終盤戦。。

一夜が明け迎えた本日、決着の二日目は。。

 

 

 

49手目▲8五飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 飛、歩5

△羽生竜王: 桂2、歩

 

注目の広瀬八段の「封じ手」は▲8五飛。

後手の角の当たりとなった飛車を逃がしつつ

がら空きの8筋に合わせる、まずは自然な一手から

二日目はスタートとなりました。。

 

 

 

52手目△6ニ桂。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 飛、歩5

△羽生竜王: 桂、歩

 

広瀬八段の「封じ手」をみて

羽生竜王が狙われた桂馬をヒラリと跳躍(50手目△7三桂)

するとすかさず、広瀬八段は飛車を走らせ、龍を作ります。。

(51手目▲8ニ飛成)

 

王手をかけられた羽生竜王は

手持ちの桂馬を投入し玉の片腹を引き締める

ここまでは一本道の進行となりました。。

 

 

 

53手目▲2七飛。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩5

△羽生竜王: 桂、歩

 

かさにかかる広瀬八段は、次に

同じくがら空きの2筋へ手持ちの飛車を投入。。

角・桂両取りの大技を決めます。。

 

流れがすでに先手へと傾き始める中

後手は切り札となる4五桂の筋を何とか盤上に反映させ

再びの切り返しを狙いたいところでしたが。。

 

しかし

 

 

 

54手目△1九角成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 歩5

△羽生竜王: 桂、香、歩

 

羽生竜王は、ほんの2分の少考で

何と先手の飛車を放置したまま、角を成り込み

香車と引き換えに貴重な手番を渡しました。。

 

この手をみて、もちろん

広瀬八段は悠々と飛車を走らせ(55手目▲2一飛成)

以下、△3一歩~▲2八歩~△7五香~▲2四桂~△4ニ金~

▲3一龍~△7七香成~▲同銀直に下図64手目△4一金打。。

 

 

 

64手目△4一金打。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 香、歩5

△羽生竜王: 桂

 

自陣を左右から、龍で挟み撃ちにされた羽生竜王は

圧倒的な圧力の前に、手にした香車で剥がした金を

受け駒に投入する非常手段で必死に抵抗しますが。。

 

 

 

75手目▲5五香打。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 桂、歩4

△羽生竜王: 金、歩

 

すでに形勢の針は先手へと大きく傾き

広瀬八段は後手の捨て身の猛攻を受け流しながら

5筋に香車の二段ロケットを設置、仕上げの準備を整えました。。

 

 

竜王戦/第6局の棋譜中継はこちら

 

 

【 投了図・81手目▲3ニ金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲広瀬八段: 銀、桂、歩4

△羽生竜王: 飛、金、銀、香、歩

 

広瀬八段は粘りを与えず

よどみなく、そして厳しく後手玉を仕留め上げ

上図の局面で羽生竜王は無念の投了を告げました。。

 

終局時刻は午後0時7分。

竜王戦史上初となる二日目の昼食休憩前に終局を迎える

歴史的圧勝でカド番を凌いだ広瀬八段が見事、カド番を凌ぎ

タイトルのゆくえは最終戦、第7局までもつれ込みました。。

 

 

□□□

 

デビュー戦はいきなり、宿命の対決

 

昨日、「中澤女流初段-脇田女流2級」

 

 

 

□□□

 

王将戦で宿命の対決が実現。。

 

第68期王将戦「挑戦者は渡辺棋王に決定」

 

 

 

 

□□□

 

今泉四段、待望の戦術書第三弾!

 

11月21日発売!「自由自在! 中飛車の新常識 」

 

 

 

□□□
 

谷川浩司九段は「光速流」

では、実兄・俊昭氏のキャッチフレーズは。。

 

悪魔の一着、ここに極まれり

 

 

 

 

慶春onLINE