注目の再戦。。第90期棋聖戦・一次予選/決勝「藤井七段-今泉四段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年10月31日

注目の再戦。。第90期棋聖戦・一次予選/決勝「藤井七段-今泉四段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第89期棋聖戦中継サイト

第90期一次予選トーナメント表

 

 

今回は本日午後2時より行なわれました

第90期棋聖戦の一次予選/決勝を舞台に実現した

「藤井聡太七段-今泉健司四段」の模様を振り返ります。

 

 

 

2手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

先手は藤井七段。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

いきなり居飛車を明示した先手に対し、今泉四段は

2手目△3四歩と角道を開き、対局はスタート。。

 

 

 

6手目△4ニ飛。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

続く3手目に、藤井七段が角道を開くと

今泉四段はすかさず自らの角道を止め、角交換を拒むと

次の▲4八銀(5手目)をみて、飛車に手をかけ4筋へと振り

振り飛車の王道「ノーマル四間飛車」を投入しました。

 

 

 

23手目▲9八香。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

互いに飛車のポジションが決まり

戦型は「対抗形」となると、両者は息を合わせて

居玉を解除し、玉の囲いを目指します。。

 

先に振り飛車の相棒「美濃囲い」を完成させた

今泉四段に対して、藤井七段は上図の局面で

9筋の香車を上げて、「穴熊」を明示しました。。

 

この手をみて、今泉四段は。。

 

 

 

24手目△5四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

代えて△8ニ玉も自然な一手でしたが

銀を5筋の戦場へと繰り出し、気合を入れます。。

 

 

 

44手目△7三桂。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

銀の拠点を作った今泉四段は仕掛けを急がず

じっくりとした持久戦模様で駒組みは進行。。

 

玉を「穴熊」におさめて、銀のハッチを閉めた

藤井七段は角のラインを変えながらけん制しますが

今泉四段は丁寧に対応しながら、上図の局面で

手堅く「銀冠」を完成させました。。

 

 

 

54手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

双方、駒が組み上がり

仕掛けどころを探す展開から、上図で今泉四段が

角のラインが重なる5筋の歩を突き合わせますが。。

 

 

 

55手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: なし

 

藤井七段はすぐに反発。。

飛車先2筋の歩を突き合わせました。。

 

今泉四段は△同歩(56手目)と応じて、以下

▲5五歩~△2ニ飛~▲5六金に△4四銀~▲3五歩~

△同歩をみて、下図63手目▲3四歩と進行。。

 

 

 

 

63手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: なし

△今泉四段: 歩2

 

巧みに手番を稼ぎながら、5筋の位を押さえた

藤井七段は後手に角頭を叩き移動を勧告します。。

 

 

 

83手目▲2五飛。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: 歩

△今泉四段: 歩3

 

今泉四段のお株を奪う指し回しで

藤井七段は後手の飛車・角を押さえ込み

振り飛車に捌きを許さず。。

 

 

 

90手目△5五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: 歩2

△今泉四段: なし

 

ジリジリとした展開が続く中

今泉四段は粘り強く、チャンスを待ちますが。。

 

上図から次に

 

 

 

91手目▲2四角。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: 角、歩2

△今泉四段: なし

 

藤井七段はこのタイミングで

狙いすました角交換を敢行すると。。

 

 

 

101手目▲5八飛。

 

上図での持ち駒

 

▲藤井七段: 歩

△今泉四段: 歩

 

直後にそつなく、敵陣に馬を作り

左右に歩を携えて圧力を強くかけてから

再び受けに回ります。。

 

「藤井七段-今泉四段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・107手目▲3六金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲藤井七段: 歩2

△今泉四段: なし

 

ほとんど攻め手のなくなった後手に対し

藤井七段が厳しく角を詰ませた、上図の局面で

今泉四段は無念の投了を告げました。。

 

午前中に行なわれた準決勝・村田顕弘六段に続き

一日で連勝を飾った藤井七段は、NHK杯の借りを

きっちりと返し、二次予選進出を決めました。

 

 

 

□□□

 

王座戦に決着。。

 

【速報版】「手厚く高貴に、斎藤新王座誕生」

 

 

 

 

決戦の舞台は山梨

 

王座戦/第5局開幕前夜。。

 

 

 

 

□□□

 

秋の陣がたけなわ。。

 

JT杯「決勝戦は渡辺棋王-菅井七段」

 

 

 

 

□□□

 

竜王戦/第2局終局直後の感想。。

 

圧倒的な終局。。

 

 

竜王戦/第2局・一日目の所感。。

 

踏み込み強くとも。。

 

舞台は九州、福岡県

 

竜王戦/第2局開幕前夜。。

 

 

 

 

□□□

 

神童の同期も勇躍。。

 

加古川青流戦「大橋四段、カラフルに戴冠」

 

 

 

 

□□□

 

女流王将戦で第一人者の輝き

 

「里見女流王将、無敵の4連覇達成」

 

 

 

 

□□□

 

平成最後の新人王

 

「藤井七段連勝、貫禄の新人王獲得」

 

 

 

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス