第68期王将戦挑戦者決定リーグ/4回戦「佐藤名人-中村王座を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年10月20日

第68期王将戦挑戦者決定リーグ/4回戦「佐藤名人-中村王座を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第67期王将戦 – 毎日新聞

第68期挑戦者決定リーグ対戦表

 

 

将棋界の新年の訪れを告げる伝統のタイトル

第68期王将戦の出場権を懸けた挑戦者決定リーグは

現在、中盤戦がたけなわ。。

 

今回は昨日行なわれました注目カード

「佐藤天彦名人-中村太地王座」の4回戦の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: なし

 

本局の先手は中村王座。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。

対します、佐藤名人も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

5手目▲7八金。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: なし

 

続く3手目に、中村王座が角道を開くと

佐藤名人は追随せずに△3ニ金(4手目)と返します。。

この手をみて、中村王座も同じく角に金を連結させて

再び手番を後手に渡すと。。

 

 

 

6手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: なし

 

代えて△3四歩なら「横歩取り」もありましたが

佐藤名人は飛車先を決めて、「角換わり」での

勝負を指向しました。。

 

 

 

9手目▲6八銀。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: なし

 

そのまま定跡手順の進行となり

迎えた上図の局面で、中村王座は銀を6筋に上げ

後手からの角交換、あるいは角交換拒否に備えると。。

 

 

 

10手目△7七角成。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: 角

 

佐藤名人は角交換を敢行。。

手損のない「ノーマル角換わり」となりました。。

 

 

 

22手目△7三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 角

△佐藤名人: 角

 

角交換成立後

中村王座が銀を中央へと繰り出す動きをみせ

「腰掛銀」を指向すると、佐藤名人は7筋に銀を上げ

「早繰り銀」、あるいは「棒銀」を含みとします。。

 

 

 

24手目△8四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 角

△佐藤名人: 角

 

佐藤名人は上図で銀を飛車先に乗せ

シンプルながらも破壊力抜群の「棒銀」を投入。。

 

すると。。

 

 

 

30手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 角

△佐藤名人: 角

 

「棒銀」対策の必須である端歩を突くことなく

敢えて駒組みを進める中村王座の誘いに乗る形で

佐藤名人は「棒銀」を9筋に繰り出し、仕掛けを開始します。。

 

中村王座は▲同歩(31手目)と応じて、以下

△同銀~▲8七歩~△9五銀~▲6八玉~△8四銀~

▲3五歩~△同歩~▲2四歩~△同歩~▲4五桂に

△4四銀をみて、下図43手目▲2四飛と進行。。

 

 

 

43手目▲2四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 角、歩

△佐藤名人: 角、歩3

 

8筋で歩の交換を成立させると

佐藤名人は「棒銀」を捌かず、再び飛車先に後退。。

すると、手番を握った中村王座が歩の突き捨てから

強く反撃に転じました。。

 

 

 

55手目▲3七角。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 桂

△佐藤名人: 角、桂、歩3

 

桂交換成立後、中村王座は手持ちの角を投入し

コビンの開いた後手の飛車に狙いをつけます。。

 

 

 

61手目▲4三歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 桂、歩

△佐藤名人: 桂、歩4

 

佐藤名人はすぐに

「角には角」を合わせますが(56手目△6四角)

中村王座は二度目の角交換には応じることなく

角を1筋に移動し、上図で4筋の歩を成り込むと。。

 

 

 

63手目▲5一角成。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 桂、歩

△佐藤名人: 桂、歩5

 

佐藤名人の△同金右(62手目)をみて

ズバリと角を成り込み、持ち味の強気の攻めで

後手陣攻略を目指しますが。。

 

次の瞬間

 

 

 

64手目△7六桂。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: 桂、歩

△佐藤名人: 歩5

 

先手の手に乗りながら攻守のバランスを整えた

佐藤名人が握った手番で手持ちの桂馬を好所に投入。

王手・銀取りから、鋭く反撃に転じました。。

 

すると。。

 

 

 

82手目△2八馬。

 

上図での持ち駒

 

▲中村王座: なし

△佐藤名人: 歩5

 

それまでの勢いが影をひそめ

攻め手が単調になった先手に対し、佐藤名人は

手厚い指し回しで盤上を支配し、形勢を握ります。。

 

 

【 投了図・100手目△5七馬 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲中村王座: 銀

△佐藤名人: 飛、銀、桂、歩5

 

執念の反撃も功を奏さず、上図の局面をみて

中村王座は無念の投了を告げました。。

 

タイトルホルダー同士の一戦を完勝で飾った

佐藤名人はリーグ戦成績を2勝1敗とし白星先行。。

一方、敗れた中村王座は1勝2敗となりました。。

 

 

 

□□□

 

女流王将戦で第一人者の輝き

 

「里見女流王将、無敵の4連覇達成」

 

 

 

 

□□□

 

平成最後の新人王

 

「藤井七段連勝、貫禄の新人王獲得」

 

 

 

 

 

□□□

 

竜王戦/第1局終局直後の感想。。

 

安堵と手応え。。第2局は23日開幕

 

竜王戦/第1局・一日目の所感

 

試される方針、そして決断。。

 

開幕戦の舞台は、東京。

 

第31期竜王戦/第1局開幕

 

 

 

 

羽生竜王今期成績一覧

 

 

□□□

 

将棋界は新時代へ。。

 

堂々、豊島二冠誕生

 

王位戦/第7局・一日目の所感。。

 

大一番の関所。。いよいよ決着へ

 

決戦の舞台は首都・東京。

 

王位戦/第7局開幕前夜

 

 

慶春onLINE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慶春さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス