絶好調。。第31期竜王戦決勝トーナメント/3回戦「佐藤九段-増田六段を振り返ろう」 | 柔らかい手~個人的将棋ブログ
2018年07月12日

絶好調。。第31期竜王戦決勝トーナメント/3回戦「佐藤九段-増田六段を振り返ろう」

テーマ:ブログ

第31期竜王戦中継サイト

決勝トーナメント表

中継ブログ

 

 

 

 

今回は昨日行なわれました

注目の第31期竜王戦決勝トーナメント/3回戦

「佐藤康光九段-増田康宏六段」の模様を

振り返らせて頂きます。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: なし

△佐藤九段: なし

 

振り駒の結果、先手は増田六段。

その初手は角道を開く▲7六歩から。。

対します、佐藤九段は2手目に飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△3ニ金。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: なし

△佐藤九段: なし

 

続く3手目に、増田六段が飛車先を突くと

佐藤九段は角道を保留したまま、角に金を連結。。

戦型に含みを持たせ、手番を先手に渡しました。。

 

この手をみて、増田六段も追随。。

同じく角に金を連結して(5手目▲7八金)

再び手番を後手に渡すと。。

 

 

 

6手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: なし

△佐藤九段: なし

 

佐藤九段は1分の少考の後、角道を開き

「横歩取り」模様の出だしとなりました。。

 

増田六段も「横歩取り」に文句なし。

5分の考慮でしっかりと読みを入れ直してから

飛車先を決めた(7手目▲2五歩)。。

 

次の瞬間

 

 

 

8手目△8八角成。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: なし

△佐藤九段: なし

 

代えて△8五歩と飛車先を決めれば

そのまま「横歩取り」への進行が濃厚でしたが

佐藤九段はノータイムで角交換を敢行。。

 

戦型は意表の変化で

「一手損角換わり」となりました。。

 

 

 

16手目△7四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角

 

角交換成立後

両者は息を合わせて飛車のコビンを開くと。。

 

 

 

19手目▲4六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角

 

先手の上に一手得した

増田六段は攻撃の銀を4筋の戦場へと繰り上げ

「早く繰り銀」を投入しました。。

 

 

 

20手目△5三銀。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角

 

一方の佐藤九段は、ノータイムで

銀を戦場ではなく、自陣5筋に構えました。。

 

 

 

25手目▲3五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角

 

先に仕掛けたのは、増田六段。

居玉を解除し、囲いの目処を立ててから

3筋の歩を突き合わせます。。

 

 

 

26手目△4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角

 

先手の仕掛けに対し、佐藤九段は

同歩とは応じずにお隣り4筋の歩を突き出し、銀を追った

上図の局面で、午前の対局は終了となりお昼休憩に突入。。

 

【 お昼のオーダー 】

 

増田六段: から揚げ定食

佐藤九段: チャーハン(少なめ)

 

 

 

27手目▲4五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角、歩

△佐藤九段: 角

 

午後の対局開始の一手で

増田六段は銀を立て、堂々と歩を取り込むと

次に、佐藤九段の△3五歩(28手目)をみて。。

 

 

 

29手目▲3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角

△佐藤九段: 角、歩

 

すかさず歩が浮いた3四の地点に歩を投入。

銀の頭上を叩いて、いざ開戦を求めました。。

 

佐藤九段は△4ニ銀左(30手目)とかわして、以下

▲2四歩~△同歩~▲6六角~△5五角~▲同角~

△同歩に▲6六銀~△4三銀~▲5五銀~△7三角~

▲4六銀~△8五歩をみて下図43手目▲2四飛と進行。。

 

 

 

43手目▲2四飛。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角、歩2

△佐藤九段: 歩2

 

左の銀が機敏に攻撃参加。。

二枚の銀の圧力で、後手に角の形を決めさせた

増田六段は続けざまに飛車を走らせ、気持ちよく

盤上の主導権を握りました。。

 

 

 

49手目▲3七桂。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角、歩2

△佐藤九段: 歩

 

自分だけ角を手持ちにしたまま

増田六段が右の桂馬を跳躍させ、力を溜めた

上図の局面で、夜戦に備えて夕食休憩に突入。。

 

【 夕食のオーダー 】

 

増田六段: 肉豆腐定食

佐藤九段: チキンカツ定食

 

 

 

51手目▲2ニ歩。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角、歩

△佐藤九段: 歩

 

夕食休憩明けの一手で

佐藤九段が居玉を解除すると(50手目△4一玉)

増田六段は2筋を叩き、後手の陣形を乱しに出ます。。

 

 

 

57手目▲4五桂。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 角、歩2

△佐藤九段: 歩2

 

攻勢強める増田六段は

7三の地点で出番を待つ後手の角を銀で追ってから

上図で4筋に桂馬を跳躍させて、タダ捨てを敢行。。

 

先手の手に乗るしかない

佐藤九段の次の△同歩(58手目)をみて。。

 

 

 

59手目▲5五角。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 歩2

△佐藤九段: 桂、歩2

 

天王山・5筋の位に角を投入。。

飛車・金両取りの大技をズバリと決めて

増田六段は勝負を決めに行きます。。

 

 

 

73手目▲3四桂。

 

上図での持ち駒

 

▲増田六段: 飛、銀、香、歩3

△佐藤九段: 飛、歩2

 

佐藤九段は金側に角を合わせますが(60手目△3三角)

増田六段は構わず飛車を捕獲すると、一気の猛攻へ。。

 

 

「佐藤九段-増田六段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・85手目▲3一「と」金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲増田六段: 飛、銀、桂、香、歩2

△佐藤九段: 飛、桂2

 

最終盤戦は増田六段の独壇場。。

闘将・佐藤九段につけ入る隙を一切与えず

上図の局面までで、見事勝利を飾りました。。

 

2回戦の藤井聡太七段戦に続く快勝で

大いに気勢を上げた20歳の神童・増田六段は

トーナメントの台風の目となり、次戦は準々決勝で

久保利明王将と対戦。。こちらも楽しみです!

 

 

 

□□□

 

棋聖戦/第4局終局直後

 

底力と重圧。。予断を許さぬ最終戦へ

 

 

 

棋聖戦/第4局開幕前夜。。

 

勝負は繊細にして、詳細に。。

 

 

 

 

 慶春onLINE

 

 

 

 

慶春さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス